AI TAGUCHI
Art Director
田口 あい(たぐち あい) 1974/02/09 Type A
2008年㈱ジルダール設立 JILL D’ ART GALLERY を名古屋市千種区にOPEN現代ARTを中心とした企画展を開催する傍ら、企業・病院・商業スペース、住宅等のARTコーディネート業も行う。

www.jilldart.com

2012年1月アーカイブ

TITLE  兼六園

金沢レポート2.

今回は3日間フルで時間を取っていきました。名古屋から15名ほど金沢へ集結。知った顔があちこちにあってそれは楽しいものでした。私は前日から金沢へ行ったので、友人とベタに兼六園へ。

金沢には毎年訪れていますが、美術館やグルメ、市場が定番なので、兼六園は10年ぶりくらいだろうか。。

この日の前日に大雪に見舞われた北陸。さぞかし綺麗な景色が広がっているだろうとワクワク心踊らされながらバスに乗り向かいました。

日本三大名園の一つというだけあって、手入れの行き届いた庭園は素晴らしいものでした。ちょうど晴れ間も見えお散歩するにはちょうど良い気候。何より雪吊りにうっすら雪がかかり、冬の兼六園の美しい世界がそこにはありました。

真っ白な兼六園に小さなつぼみの梅?らしき花が咲いていたり、澄んだ気持ちにさせてくれました。

雪だるまを作っていたら異国の方々にパシャパシャと写真を撮られてしまいました(゚∀゚)

DSCN1830.JPGDSCN1837.JPGDSCN1838.JPG

 

TITLE  金沢3days

先週末は3日間みっちり金沢へ。

今回の目的はeAT KANAZAWAですが、まずは金沢駅で開催されている菱川勢一さんの展示会へ。こちらは京都でも見てきましたが、駅内ということもあり、また違った表情を見せていました。

とにかく広い空間の中にその作品10枚が展示されているのですが、遠くから作品が整然と並んでいるのを見るのも良し、近くからその質感を楽しむのも良し、メッセージを読みながらその世界を想像しながら見るのも良し、とものすごい世界観をそこには感じることができます。

その為、この場所にかなりの時間を費やしました。

こんな贅沢な展示はなかなかありません。

作品も素晴らしいのですが、この見せ方もステキです。

DSCN1821.JPG

 

 

TITLE  golf

今年最初のラウンドでした。

ゴルフ好きなのは皆さんご存知かと思いますが、ここ数年ハイスコアは毎年更新しているものの、上達している感がまるでない。。楽しくプレーできればいいのが基本だけれども、もう少し、ちょっぴり上手くなりたいものだ。

そう、今年はそれも目標の一つに。

練習(ちゃんと今年はレッスンにも行こう)もして、磨くぞと。

寒さに負けて、昨日も練習無しでラウンドだったが。。

予想通り散々な結果で、ラウンド後に練習へ。

ジル杯も開催したいと思っているので腕をあげなきゃ。と思う今日この頃。

それより何より最近はウエアも可愛いのが満載で誘惑が多いですね。アクセサリーをまた見つけてしまった・・・。

98e06c1f.jpg

TITLE  N邸へ

今朝は友人宅へ取り付けへ。

以前INTERLUDEさんで展示をしたときに東条さんの版画をみて『いつか欲しい』と思っていた友人。

引越しをしたので・・お話を頂きました。

ホームパーティーをよくしているという友人なので、次回は夜の部参加させて頂きます。

作品もお部屋に合っていて、とても気に入ってくださいました。

この瞬間がたまらなく好きなんです。ありがとうございました。

DSCN1799.JPG

TITLE  SELECT

2012年最初の展示が来月より始まります。

作品リストを見ながらニヤニヤと。。今回も豪華です。新作も発表しますのでジルダールギャラリーへ是非お越しくださいませ。

SELECTDM-01.jpg

SELECT

添野郁・室麻衣子・KEITARO SUGIHARA・ノモトヒロヒト・待場崇生

会期:201223日(金)→226日(日)

時間:12001900

休日:会期中無休

場所:ジルダールギャラリー 

 http://www.jilldart.com/

   〒464-0074

   名古屋市千種区仲田2-2-6

Tel: 052-731-1311

Mail: info@jilldart.com

昨日に引き続き午前中はARTを学ぶ。

FAN DE NAGOYA ART EXHIBITION 2012(ファン・デ・ナゴヤ美術展 2012)

と題したこの展覧会は、名古屋市市民文化振興事業積立基金を活用して1998年から続けられている企画コンペティションによる展覧会で、若手の企画者の育成を目的に行われている。

今年は複数の企画者が各お部屋をデコレーションするので、様々な雰囲気のARTと対面することができる。それに加えて制作する風景、作品を見れるお部屋もあるので、作家との交流もまた楽しみの一つである。

久しぶりに文谷さんにも会え、少々談義を。

作品それぞれ面白さがあり、見入ってしまいました。

こちらは本日から22日まで開催中@市民ギャラリー矢田(ナゴヤドーム横です)

ファン・デ・ナゴヤ美術展2012

会期/2012112日~22日 
   9:3019:00 日曜日~17:00、月曜日休み
会場/名古屋市民ギャラリー矢田 第17展示室

DSCN1791.JPGDSCN1798.JPGDSCN1796.JPG

 

この時期になると各地で大学や専門学校などの卒業制作展が始まります。ギャラリーを始めてから毎年私もできる限り行くようにしています。

若いアーティストやデザイナー達のアイデアや色んな想いがいっぱい詰まった作品に出会うことができます。今朝は名古屋学芸大学の卒業制作展へ@愛知県美術館ギャラリー

学生最後の発表、集大成なので、各々アイデア溢れる作品がずらりと並んでいます。ポロック展をやっている同じ会場で展示が出来るなんてなかなか無い経験ですね。

私は再度行く予定です。

Flayer.jpg

今年最初の『artを学ぶ』はイケムラレイコ展。

昨年東京国立近代美術館で始まったので気になっていましたが、なんと三重県立美術館で開催というので今朝一番で行ってきました。イケムラレイコさんは津出身だったのですね。現在はスペイン→スイス→を経てドイツを拠点に活動しています。日本では知らない方も多いかもしれませんが、世界的にもかなり有名な作家なのです。

DSCN1775.JPG

画像だと暗く感じますが、実物の色がたまらなく美しい。特に青、赤にゾッコンです。愛おしくなるような少女の姿。

彼女の手がける作品は絵画、彫刻、ドローイングなど多岐にわたり、それらからは西洋的感覚と東洋的感覚を行き来する作家の意思を垣間みる事ができる。幽霊とも思えるような存在をつくるのは、「うつりゆくもの」への関心をもっているからだといえるだろう。

同展では、ドイツのアトリエで制作された日本初公開となる作品を中心に、新作を含む約145点を展示。

1月22日(日)まで開催中

exhb_224.jpg

TITLE  2012年 新春

皆様、あけましておめでとうございます。

氏神様に新年のご挨拶を済ませ、今年もstart です。

蝮ケ池八幡宮の今朝は清々しく、そして厳かな雰囲気でした。おみくじも大吉と今年も何か面白いことがありそうです。

今年も一年宜しくお願いいたします。

DSCN1765.JPG

1