AI TAGUCHI
Art Director
田口 あい(たぐち あい) 1974/02/09 Type A
2008年㈱ジルダール設立 JILL D’ ART GALLERY を名古屋市千種区にOPEN現代ARTを中心とした企画展を開催する傍ら、企業・病院・商業スペース、住宅等のARTコーディネート業も行う。

www.jilldart.com

2013年5月アーカイブ

昨日はTwo Faces 二人展(向井正一・内田有)の展示会初日。

夕方から始まったレセプションは深夜まで続きました。毎回恒例となってますが、ジルダールギャラリーでのレセプションは何故か長い(笑 遅くに駆けつけて来てくれる方が毎回います。

ホント、アリガタイ事。

東京、大阪からアーティストも在廊して、沢山の御客様とお話できたようです。

来て頂いたお客様にも、主役でもあるアーティストにも、この日この時間を共有出来たことを良かったと思っていただけるようにしたいといつも願っています。

作品が素晴らしい事。

今回の展示に合わせて両作家共に新作を発表。

組み合わせた展示も良いが、それぞれコンセプトがはっきりしていて、作品がユーモアなのです。

そしてこの展示会6月16日(日)まで開催中。

スタッフKとテーマを決めてお料理を作りました。

『子供がテンション上がるお料理』 ↓

DSC_0559.JPG

弾丸ツアーのように見えますが、かなり満喫してきました、鹿児島・宮崎の旅。

今回の目的は霧島アートの森。

なかなか行くチャンスが無かったのですが、思い切って行って良かった。

何がって、半端無い広大な敷地に設置されている、豪華artの素晴らしい事。

大好きな作家・ダニ・カラヴァンの作品がダントツです。

もちろん草間の巨大アートもステキだが、このカラヴァン、前評判もかなりよく、たまたま私のお客様が彼の大ファンで、世界中のカラヴァンの作品を追っかけていて私にも色んな話をしてくれて・・・今回も旅の前に写真やらmailやら・・・。なにやら凄そうと思っていたけど。

この作品ずるい!

と言ってしまうほどのロケーションが待っています。

ますますカラヴァンのファンになりました。

豊かと感じる時間は大切にしようと思います。

miya3.JPGmiya1.JPGmiya4.JPG

ジルダールギャラリー次回展示のご案内です。

DMの反響もなかなか良いです、作品が何より可愛くて面白い。

融合が楽しみで企画しました。大阪と東京のアーティストです。

是非ご覧頂ければと思います。

2人展_WEB用.jpg

 

TWO FACES
向井正一
内田有

2013年5月24日(金)〜6月16日(日)
12:00〜19:00(会期中無休)
オープニングレセプション:5月24(金)18:00〜


ARTISTS PROFILE

向井 正一
1972年大阪出身。近畿大学文芸学部芸術学科造形美術専攻卒業。レインボー造形企画入社
。テレビ、映画、劇場等の怪人、怪獣コスチュームや小道具制作に携わる。
同社退社後、息子の誕生を期に作家活動を始める。
FRP樹脂やレジンキャスト等を用い立体作品を制作。主に新生児をモチーフとした「ベビテクター」シリーズを制作中。

内田 有
ガラスを主な素材とし鋳造技法でアイスキャンディーをモチーフに制作。白くまをキャラクター化した「cool it」シリーズでは、
溶けたアイスキャンディーの形にすることにより、消えゆく環境保護の代名詞と日本のポップカルチャーに通じる'かわいい'を融合した
大量消費社会がコンセプト。現代社会に潜む矛盾とアイロニックな要素を隠し味とした作品を試みています。

雨が激しく降る中、伊勢へ車を走らせました。

一度も行った事が無かった伊勢現代美術館へ。

土曜日だというのにココは静かで、ゆったり作品を眺めることができます。

若手の作家の展示も頻繁に開催されていたりと、ユニークな企画が多い美術館デス。

お庭も、館内も、こじんまりとしていながらも落ち着ける雰囲気でした。

ise.JPG

今年もお声をかけていただいたので参加させていただいております。

R MATERIAL PROJECT

今年のテーマは『ファッション』

愛用の品を幾つか出品しました。

まだ始まったばかりですので、お時間あれば覗いてみては?

素敵な出会いがあるかもしれません。

rrr2013-omote.jpg

「 アールクリエーション」では 、廃材やデッドストックなどのユニークな素材を 、
アールな発想でデザインしたTシャツや服飾雑貨などをご紹介します。

前回も好評だった「アールアイテム 」では新たな出品メンバ ーも参加 。モノ+想いを欲しい人につなぎます。
モノの記憶に思いを馳せる 。あなたも「 R 」なコンセプトのファッションを楽しんで下さい。

「RRRmaterial project NAGOYA 2013」

会期:2013 年 5 月1日 ( 水 )-6 月4日 ( 火 )

会場; Fuligoshed 名古屋市中区栄 3-19-5 ビルゼロ2F

会場へのアクセスMAP:http://rrr-material.jp/access/

公式 HP: http://rrr-material.jp/

3日〜始まった私のゴールデンウィークは登山からstartでした。

まずは御在所岳へ。

快晴のこの日は風もほどよく吹いていて登山日和。

裏登山道のルートを進んだので、人の気配が殆どなくサクサクと登れました。ハイキングな気持ちで行ったら、ロッククライミング並みに激しい箇所がほとんどでビックリでしたが、アトラクションがたくさんあるので楽し過ぎました。

もちろん今日もなお筋肉痛ですが。。

また登りに行く予定デス。

身体を動かすって気持ちがスッキリしますね。

gozaisyo.JPG

TITLE  花桃の里

昨日は長野へ。

家族が毎年行っているオススメスポットに。

ちょうどゴールデンウィークに見頃というなんとも嬉しいタイミング。

『花桃の里』

調べてみると全国にあるようだが、長野のこのエリアばかりがhitするということはかなり有名な場所のようですね。

絵具で色を付けているかのような鮮明なピンクや白の花桃はとても見ごたえありました。

一週間程は綺麗に見れるようです。

下記。花桃について。

国内には"花桃の里"と呼ばれる場所がいくつかあります。そのうちの一つが、長野県の南部にある清内路村(せいないじむら)...。人口約700人の小さな村です。実は、この清内路村は日本での花桃発祥の地ともいえるんですよ。

ドイツから運ばれてきた花桃を清内路村の人たちが徐々に増やしていき、"花桃の里"だけでなく、全国へと広めていきました。この"花桃の里"での花桃の歴史は大正時代に始まったと言われていて、本格的に植樹され始めたのは、昭和に入ってからのことです。

清内路村の花桃は、ピンクと白のまだら模様が特徴として挙げられます。清内路村の国道沿いには何千本もの花桃の木が植えられ、『花桃街道』とも呼ばれています。一本の枝で赤、ピンク、白と咲き分けるものもあって、車で通る人の目を引いています。

"花桃の里"清内路村では、毎年5月3日頃から1週間くらいまでのあいだが見頃なので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

hanamomo.JPG

1