EMI AOKI
Flower designer
青木 エミ(あおき えみ) 12/10 Type B
merci amour (メルシーアムール)代表。
フラワーブティック クリスチャン トルチュ東京、名古屋店マネージャーを経て2010年独立。
お花による自然の美と癒し、植物の力、華やかさ、謙虚さや優しさを感じるお花の世界観をご提案。
名古屋を拠点に、SHOP活け込み、イベントディスプレィ、ブライダル装花、フラワーレッスン、フラワーギフト制作等々、幅広く活動中。
http://merci-amour.jimdo.com/

2012年7月アーカイブ

こんにちは。

今日は、私の中では休日で、時間軸をゆっくりと過ごしております。

食事は、お腹がすいたら食べるという休日。

 

夏野菜や果物を方々から頂き、美味しく頂くには、やはり人の手を加えて

調理したり、誰かと一緒に食事をし、話をし、相手の顔を見て、ゆっくりと食事を

することだと思うのです。

 

きっと、一番の贅沢は、美味しさを分かち合う大切な人だったり、家族だったり

仲間であったり、その時を楽しむということだと。

 

贅沢はしなくても、質素であったも、食を楽しむということは

自分と向き合い、人と向き合うことでしょう。

DSC_3911.JPG

TITLE  走る。

ぐでぐでと、作業机の上で寝る猫をよそ見に、ブログ。

暑い暑い夏が来てしまいました。

 

この暑さのせいなのか、はたまた日頃の出来事のせいなのか

気分は絶好調に浮き沈み、ぬかるみにハマった私は、

なかなか脱出できず、ぐでぐでと、この猫のように目をつぶっていました。

 

でも、ふと突如、明るい光みたいなものに

引き上げられる時があって、

奇跡的に這い上がれました。

 

人間なら誰しもあることではないでしょうか?

いつも笑って、いつもポジティブに、いつも平和に、

そんなのってないです。

 

だけど、這いあがれる時があるんだよね~。

今日は、久しぶりに走りました。

流れる汗と、星空が気持ちよかったな。

 

DSC_3568.JPG

TITLE  言葉の力。

今日は、仕入れでしたが、ある相対で仕入れた花を市場内に置き忘れてしまいました。

午前の納品を終え、再度市場へ行きました。

 

事前に、仲卸のMちゃんに置き忘れたお花を拾っておいて下さるように

お願いをしておきました。

なので、安心して後はお花を引き取りに行くだけ!!!

 

到着して、既に誰もいないお店のシャッターを開け、お花を引き取りました。

お花には、短いコメントが書かれていました。

普段、"頑張って!!"となかなか言えない言葉だけど、

Mちゃんの字と、短く書かれたその言葉に、エネルギーが湧きました。

"頑張ってね!!" なんだか嬉しかった~!!

 

うん!!頑張る~!!とうなずき車に乗り込みました。

市場で働く方々の気持ち、分かります。

ただ、花を仕入れて売るだけだったら、こんな風な思いを抱かなかったかも。

生産者の方々がいて、農協組合の方々がいて、市場で働く人がいて、仲卸で働く方々がいる。

花屋の私達が花を手にするまでには沢山の人達の手と心が動く。

 

 

そこを見落としたらいけないと思っています。

仕入れは、肝心要。

お金を払えば良しというものではありません。

お金を支払う時も、受け取る時も、何かその人自身が現れるような気がします。

沢山の人が動いて、一つのものが出来上がるから。

DSC_3283.JPG

 

TITLE  私の東京。

一泊二日の旅、東京。

思い出深い東京へ友人を訪ね歩くミニトリップに出かけました。

 

今から約10年前、私29歳になる歳に上京。

花屋でアルバイト生活。

いつか独立するんだ!!と貧乏生活。

あの頃、私は貧乏だったけど、(今もそんなに変わらない生活レベルです(笑))、

本人全く貧乏と思っておらず、

初めて見る東京の人々と生活と、仕事と花と、街は、刺激的でした。

家と職場のみの往復生活でも、満足していたし、

美しい花の世界と、現実のギャップは相当なもので、

ストレスを抱えていたものの、かけがえのない時間でした。

 

だけど、友人が、"それはワーキングプア"っていうんだよ"と言われても、

私が、プア?どうしてプア?と思っていました。

屋根のある部屋。明るい部屋。美味しい食事。温かいお布団に、お風呂に入れて、

仕事が与えられている!!!!!

なのにワーキングプア?!!!!っと、笑っていた記憶があります。

 

出逢う人、出逢う人、味わいのある方々ばかりで、そのバックグラウンドは、

短編小説が書けそうなほどの奥行きがありました。

猛烈に愛し過ぎて、心壊れてゆく魅力的な友人も。

遠く離れた場所で夫婦関係が成り立ち、それぞれに好きなことをして、

夢と孤独と、温もりの振り子のような時間を漂い、東京の街に夢を追いかける

美しい友人。。。。。。

ここでは、書き記すことはできないほど多くのドラマがある東京は、

人の匂いが強く、都会へ行けばいくほど、人の匂いが際立ちます。

美しさの裏は、まるで刺繍のように裏は複雑に絡まる鮮やかな糸のようです。

 

そんな東京で過ごした数年間は、思い出が多く、

緑も多く、景観も美しく、ネオン街は人間臭くて、

古いものと新しいものが混ざり合った商店街も好きだったし、

感情が入り乱れた、満員電車の人々の顔も、思い出。

 

あぁ、全てが思い出で、だからこそ、その時間に出逢った友人は、

かけがえのない宝物。

そしてまた新しい明日が皆に与えられてゆきます。

色をつけるのは自分達。。。。。

DSC_3026.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

Now Loading...

  • aroundme [2]
  • art
  • beauty
  • book
  • casa
  • fashion
  • gourmet
  • it
  • joblog
  • life
  • movie
  • music
  • product
  • recommend
  • sports
  • travel
  • tweet