EMI AOKI
Flower designer
青木 エミ(あおき えみ) 12/10 Type B
merci amour (メルシーアムール)代表。
フラワーブティック クリスチャン トルチュ東京、名古屋店マネージャーを経て2010年独立。
お花による自然の美と癒し、植物の力、華やかさ、謙虚さや優しさを感じるお花の世界観をご提案。
名古屋を拠点に、SHOP活け込み、イベントディスプレィ、ブライダル装花、フラワーレッスン、フラワーギフト制作等々、幅広く活動中。
http://merci-amour.jimdo.com/

2012年10月アーカイブ

昨日は、フラワーレッスンでした。

お花と同じぐらい素敵な女性に囲まれて、終始皆さんからエネルギーを

頂けた私はその夜、何故か興奮してなかなか寝付けませんでした。

 

時々"私って男?"って思うぐらい女性の美しさやしなやかさや、

強さ、弱さ、穏やかさ、寛容、誠実さ、自制や、柔和、

その時々に垣間見る姿に直面すると

ドキッとして、ある心の扉がオープンになります。

なんていうか刺激されるのでしょうね。。。。

 

こう通じるなにか、おひとりおひとりの女性の道がお花を通じて伝わってくると

いいますか。。。。大げさですが、お花には何かそういった内面をひきだしてしまう

力みたいなものがあるように思われます。

 

一年ごとに歳を重ねて一秒一秒命が短くなってゆくお花の一生みたいに

私たちもお花と同じです。

だからこそ、重ねれば重ねるほど心豊かに、しなやかに静かに現在を

受け入れるたおやかさをもっていたいものです。

どんな逆境が訪れたとしても。。。。

 

素敵な笑顔の皆さん、レッスンご参加ありがとうございました。

そして、ピースニクのオーナーはじめくん、しなちゃん、いつもありがとうございます。

 

 

 

アレンジメント "秋の森"。

DSC_7666.JPGDSC_7643.JPGDSC_7598.JPG

 

TITLE  景色。

仕事を終え、お腹をすかせていつも行く喫茶店へゆきました。

そのお店から見える景色は、公園。

子供たちが走り回り、お母さん達が談笑。

犬の散歩道でもあるそこは、一年の四季を感じられるスクリーンのようです。

 

晩秋になれば、紅葉した葉が落ち、むき出しになった桜の木は、

寒さを物語ます。

でも、その喫茶店の店内は開店から閉店まで温かなお湯を沸かし続け

湯気を立てたポットが2個忙しそうにお客さんを温めてくれます。

 

年季の入った全てのものたちには、命が宿り、静かに、いつも働いていて

時を刻む。

お客さんと共に時間を共有するお店は生きてます。

ドラマがあるし、私は好きだな。

 

お花の配達もまたドラマがあります。

人からひとへ。。。。。

 

DSC_7541.JPG

 

 

 

 

 

 

さて、月日はどんどん年末に向かい、季節の移り変わりが大きく変化し

流れてゆきます。

 

今朝は、ベランダから見えるドングリの木が紅葉し始めていることに

気がつきました。

朝食のトーストにたっぷりの蜂蜜をかけ、トーストをほうばりながら、

色あせ、風になびくその葉を、ぼんやりと眺めていました。

木の枝の生え方までも、じっくりと眺めると、木を描くときに何気なく描いている

生え方と同じであることに気がつきました。

 

当たり前なことなのかもしれないですが、じっくり眺めるという作業は意外と日常の中では

しないことです。こういう意味もない発見は私にとっては大切なこと。

私は、こういう観察が好きです。

 

と、とめどなく続いてしまいそうな文章はここまでにして、

 

今日は、フラワーレッスンのご案内が本題です。

12/12(水曜日)am10:30~12:30

at INTERLUDE にてフラワーレッスンのご案内です。

貴方も花器を使用した投げ入れアレンジを体験してみませんか?

 

12月はクリスマスがテーマ。

*クリスマスデコレーション~花と緑とオーナメント。

*レッスン料 ¥10、000(税込)

*初参加の方は花器とはさみをご購入下さいませ。

 ご購入の場合はレッスン料合わせ¥16,300(税込)

 花器とはさみをご持参の方は、お知らせ下さいませ。 

 参考花器サイズH=450~500. 直径150。

 

定員8名様。お申込み締め切り12月5日まで。

お申し込みはメルシーアムール青木まで。

tel 090-4210-1250

インタールードフラワーレッスン告知用.jpg

 

 

 

 

 

 

TITLE  その場所。

私は、毎週月曜日に花の市場でバイトをしています。

仲卸のお店なのですが、早朝の朝、自宅を出る頃は、まだ暗く、

駐車場までゆく道のり、空を見上げると沢山の星と、

月明かりに照らされます。

 

どんなに眠くても、この夜空を見ると不思議な気持ちになり、

静寂の中、あの夜空に吸い込まれるような感じになります。

少し高台のその駐車場から眺めるこの景色を見ながら、瞬間的に

色々想い馳せます。

 

例えば。。。。

 

あと生きられるとしたら、あと30年ぐらいかな?とか。

ということは、もうあまり時間がないな。とか。

現世から消えたら、あの空の向こうから、この世界が見渡せるのかな?とか。

色々と瞬間的に。。。。

他にも色々、こんな具合に。

 

勿論、もっとくだらないことも多々。

DSC_7279.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車に乗り込み、エンジンをかけてハンドルを握ると、瞬間的に現実となり

星空も月も、私の心からは消えて、市場へ向かいます。

 

私は、花を売り、花で形を作る者ではありますが、

花を、お花屋さんへ売るということもするわけです。

そうすると、お花だけではなくて、お花を生産している方々の日常も見えてきます。

お花屋さんも色々だし、市場内で働く人達の日常も見えてきます。

 

その場所は、私にとって自分を奢ることなく、

どこか戒めのような気持にさせられるそんな場所です。

美しく装飾される華々しさとはうって代わって、

華々しさとは無縁の市場ではありますが、

私はとても市場が好きです。

 

多分、そこで働く人たちを知ることが出来たからだろうと思うのです。

地味だけど、日の目に当たる前の工程が、とても大切だと感じているから。。。。

DSC_7209.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TITLE  

名称未設定 1.jpg

心は子供のままのようです。

でも、身体は。。。。。。

 

無理をしちゃ~いけませんねぇ。

さてと連休が終わり、明日からまた通常モード。

皆さま、そんなに急がずゆっくりゆっくり。

笑顔でね。

 

万作の紅葉が美しい季節になってきましたよ。

万作を見ると思い出す人がいます。

心に秘めた思い出っていいものです。

 

DSC_6500.JPG

TITLE  souji

アトリエの掃除。。。。。。

これ抜きでは、次が進まない私です。

お店を持たれている方の大変さはきっとこの10倍以上大変である。

日々の埃というのは、日々掃除しないといつの間にか

綿ぼこりのようになってしまうし、お花は日々命絶え絶えになってゆく。

 

生きているお花の面倒をみさせていただきながら、私自身もリセット。

掃除はリセット。

表情を変えながらドライになってゆく葉や枝は、

時間を経過した空間によく似合うので、大人な雰囲気が

お好きな方に差し上げるとしよう。

 

とまあ、こんなことをしながら、お腹がすいたらご飯を作って

夕日をPAU(猫)と眺めて、音楽聞いて、本を読んで、

いいかげん、久しぶりのブログに辿りつきました。

 

今週も、お花のお仕事が出来て感謝なのでした。

DSC_7159.JPGDSC_7136.JPGDSC_7045のコピー.jpg

 

 

 

 

1

Now Loading...

  • aroundme [2]
  • art
  • beauty
  • book
  • casa
  • fashion
  • gourmet
  • it
  • joblog
  • life
  • movie
  • music
  • product
  • recommend
  • sports
  • travel
  • tweet