EMI AOKI
Flower designer
青木 エミ(あおき えみ) 12/10 Type B
merci amour (メルシーアムール)代表。
フラワーブティック クリスチャン トルチュ東京、名古屋店マネージャーを経て2010年独立。
お花による自然の美と癒し、植物の力、華やかさ、謙虚さや優しさを感じるお花の世界観をご提案。
名古屋を拠点に、SHOP活け込み、イベントディスプレィ、ブライダル装花、フラワーレッスン、フラワーギフト制作等々、幅広く活動中。
http://merci-amour.jimdo.com/

TITLE  小さきものたち。

じわじわと夏が近づいてきている6月中旬。

先週末、友人と主人と平和公園に行きました。

5月爽やかなシーズンにシロツメクサが一面に咲いて綺麗な公園ですが、

6月はもうシロツメクサも終わりかけで、友人の子供と一緒になって

籠いっぱいに未だ綺麗なシロツメクサを摘み花冠を作りました。

幼少期に作った以来でしたが、なかなか上手にでき

皆で被りあいっこをして楽しみました。

ミツバチが蜜を吸いにきている姿を見ると、まだこうしてミツバチがいることに

安心します。

ここ最近土に触れることが多くなったせいか、植物を育てていると

自然の摂理が人間の都合によって環境がどんどん変化していっていることを

感じ取れますし、空気や景色や聞こえてくるものにも敏感になってきます。DSC_7142.JPG

 

化学肥料や化学薬品の普及で、便利で綺麗で形の整った花々や野菜や穀物が

獲れるのですが、その分失う小さきものたちがいることをご存知でしょうか。

ミツバチも昔ほど見かけなくなりました。

田植え前には一面に咲いていた蓮華畑も見なくなりました。

虫たちも。。。。

つい先日生産者さんと話していたのですが、除草剤の薬が強かったのか

"数メートル離れたところに植えたあった桜の木が枯れてしまったほどだよ"

と話してくれました。もうその除草剤は使ってないそうです。

便利で合理的で楽なものは怖いなって。

大切なものが失いつつあるんです。

だから少しでも、自分の手で植物の命を育てたいです!

DSC_7351.JPG

 

 


Comments