HIDEKI HOSODA
Textile designer
細田 英樹(ほそだ ひでき) 1973/11/20 Type A
Textile design office EN 設立
デザイナーズブランド・コレクションブランドをはじめ数多くのアパレルブランドにOriginal textileを提供し続けている。

www.office-en.jp

tweetの最近のブログ記事

TITLE  恋仲

61336f95.jpg

月曜9時「恋仲」僕的には良いですね。本田翼演じるあかりがまさにツボ。男子(僕)の憧れ!理想!ドラマにも出て来ましたがあだち充のマンガに出てきそうなキャラ。溢れそうな想いをあの夕日に隠そう〜♪

私41歳であります。自分的には若いとは思っていますが世間的には立派なオジサンなんですよ。自覚あります。良く出来た嫁に言わせるとどうも枕が臭いらしいんです。加齢臭ってやつなんですな、きっと。加齢臭がするとハッキリ言われただけでも傷つきますよ。普通。更に良く出来た嫁はこの臭いを分かりやすく表現してくれます。どれ位臭うかと言いますと「ゲロ800!」です。そもそも「ゲロ800」なんて単位ありました?ゲロが単位?この数値が低いと臭いのか高いと臭いのかも分かりませんが良い臭いがしないのは感じ取れました。破壊的な表現力。憧れが止まりません。

IMG_0210.jpg
僕はバスケットを真剣にやっていました。当時一緒に同じ夢を見ていた41歳になる同級生達、もしくは後輩等は指導者としてバスケットに関わっています。僕は彼らのように指導者になれないけれども自分の持っている力でバスケットに恩返ししたいと思っています。SWOOPSに関わり数年途絶えていたバスケット会場に足を運ぶ回数も増えました。選手として訪れていた会場とは印象が違います。熱血論を唱えるつもりはありませんが少しでも「おっ!!」と思わせるお手伝いが出来れば良いなと思っています。

TITLE  日本一の男

IMG_6998.jpg
僕がこの仕事をしてるのはルーツをたどればこの人の存在が大きい。COMME des GARCONSに限らず洋服の素晴らしさを教えてもらった。「惜しむなよ」と何気なく言ったセリフは僕の心に大きく刻まれたままだ。うん!日本一の先輩だ。日本一洋服を売り、日本一他人の世話を焼き、日本一自分が大好きで、日本一自分勝手だし、日本一僕の事をバカにする。20年以上お付き合いをしてもらっているいるが唯一褒められるのは眠いゴルフの帰り道を運転する時だけ。僕が今、色んな事を頑張れてるのも先輩に褒められたいだけなのかも知れない。いつもありがとうございます。惜しまず頑張ります。

TITLE  桜。

IMG_4522.jpg
普段は通らない道を走ってたらあまりに素敵なだったのでパチり。全然人も居ない。何か得した気分。たまには回り道も良い事あります。

良く出来た嫁がテレビを見て「なんでー??」と大声出してたので僕もテレビを覗き込むとFC岐阜の特集をやってました。
良く出来た嫁「なんでラモス試合に出てないのー!!怪我かな?」

僕「ラモスは監督だから試合には出ないよ・・」

良く出来た嫁「え!?知らんかった・・」

良く出来た嫁「もしかして川口も監督?」

僕「ラモスが監督って言ったよね?川口も監督なら監督二人になるよね・・監督二人のスポーツってないよね・・」

しばらくの沈黙の後、良く出来た嫁は「シタカメカーン!!」と僕に言って寝室へ消えました
意味不明な「シタカメカーン!!」を後から意味を聞いたら「舌噛めカーン!」だったらしく僕が嫌味っぽく嫁に喋ったから舌をカーンと噛めば良いのに・・と言う意味でした
もう天才には付いて行くのがやっとです
いや付いて行けてないかも知れません

おしまい

negative_1367@2x.jpg
プロフィール写真、実に難しい問題です。ブログ、FBやラインでの顔出しは今や常識的で少しも恥じる事はない。あの小さな窓でいかに自分らしさを出せるのか。俺、写真とか意識してないぜっていう写真が実は1番意識してますやんか!と捻くれてる僕は思えるし。年末の同窓会で同級生達にモノクロは写真使うのは格好付けや!!とバッシングされたし。もう何が正解でどんな写真を使えば良いのか迷宮入り。実際一度使ってしまうとなかなか変えづらいのがあの小窓。さぁ僕の小窓をご覧下さい。変えましたよ!男の仕事してる姿ってなんだか素敵♪写真になっています。ちなみにサジさんに撮ってもらいましたので実物より5割増しになっております

ダイエットしたかったのは僕の方。体重が増えて続けてヤバい。勿論、運動する努力もしようと思っているが食生活も変えなくてはならないので良く出来た嫁に思い切って相談してみた

僕「お米を食べるのは止める!申し訳無いけど鳥のササミとサラダを続けて欲しい」

良く出来た嫁「無理!私、鳥嫌い!気持ち悪い!」

僕「・・・」(こいつ鳥の悪口言いやがって)
 「そのメニューは僕だけで良いんだよ。何かこう言う事するのってプロ野球選手の嫁みたいじゃん。僕が痩せる事で嫁の評価も上がるよね」

良く出来た嫁「無理!無理!評価はすでにMAX!どこ?プロ野球選手?いないねー!!」
良く出来た嫁「よって太っても問題無し!!」

僕のダイエットは終わりました
ダイエットの案件は家族会議で却下です
おそらく今の僕では到底、理解出来ない深い優しさ満点のお言葉なんだと思います
ありがとうございました

IMG_2569.jpg

僕、自転車買いました!!
自転車を持っていない今迄の細田とは全く違います!!
見てる景色とかが全然違いますから!!
新しい細田は自転車を持っている細田ですのでお間違いなく!!

どうぞよろしく!!

先日の事です。朝晩涼しくなったとはいえ日中は日差しがきつく熱い日でした。夫婦二人で外出してまして自宅に戻って来たんですよ。良く出来た嫁が先に部屋に入った瞬間
「うぉー!この部屋ドカベンじゃね?」「あー!こりゃドカベンだな!!」
「ドカベン。。」
どうも、とても暑い時に使う言葉のようです
何となくニュアンスの感じ取れる僕もどうかと思ったんですが。。
良く出来た嫁、やるんですよ
こういう人が本当の天才クリエイターなんですよ
こういう発想は鍛えてもなかなか降りてこないんですよ
羨ましいですよ

また尊敬しました


おわり

1  2  3  4  5  6