Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


グチケンこと坂口憲二の初主演映画「機関車先生」。このタイトルを何を勘違いしたのかトーマス先生とずっと思っていて、グチケンがアニメの声優をするのかととんでもない勘違いをしていた作品です(苦笑)確か、機関車先生ってアニメであったでしょ?だからこんがらがっちゃったみたい(^。^)しかし、最近、長崎やら四国やら日本の南が舞台の映画が多いですね〜愛媛が舞台の 船をおりたら彼女の島、同じ磯村監督の「がんばっていきましょい」とか青春デンデケデケデケ。昨年の釣りバカは高松で、ロード88なんてのもあったな。子供の頃、知多半島の野間に海水浴にいったときあたしの書いた海の水の色は緑でした。映画の舞台になっている瀬戸内海の海の色は綺麗な青!blue!deep blueなのです。子供達はその自然の中でのびのびと暮らしています。ちゃりんこちえ#1みたいな女の子もいた。グチケンの役は口のきけない代用教師。母の故郷瀬戸内海に浮かぶ小島の7人しかいない小学校の教師を務めることになるのです。代用教師→離島→よそ者あつかい嫌われる→子供達に信用を得る→子供たちから嫌われる→子供達に勇気をみせる→自分の辛い過去も克服する→新たな出発。という、代用教師と子供のよくあるお話。テイストは勿論違うけどスクール・オブ・ロックもそだね。でね、不覚にもすごい泣いちゃったの、あたし。口のきけない先生役のグチケンの熱演ぶりと取り巻きの人々の温かさ、子供達の笑顔にやられました。これがあのヴァイブレーターの廣木監督とはおもえません。7人の子供達は歳もバラバラ、勉強も遊びもいつも一緒。大きくて強そうな先生を機関車先生と名付け、「口がきけん」ということでダジャレもはいった素敵なネーミング。時代も月光仮面がみんなのヒーローだったから60年代かな?離島で汽車もとおってなく、このころの子供のあこがれは機関車だったんだね。あたしの子供の頃のあこがれは「社長の奥さん」。なんて現実的な子だったんでしょう。でも毎年あこがれが変わってたみたいですけどね。
#1→ライターの尾鍋ちゃん通称お猿からチェック!!
「ちゃりんこちえ」→「じゃりんこちえ」デシタ(^^ゞ

浴衣のお仕事が二日も続きました。ついつい、帯をかってしもうた。(ついついって!)浴衣をキモノのように着るのが今年の主流。なんと、足袋もあるのだ、シースルーのとか柄物とか。ちょっときもい・・。帯締めをして半襟もつけるのです。見た目は夏の一重のキモノですね。ん〜〜これでイタリアンとか食べにいったら素敵だわ(^。^)
先日、ビーズの先生みたいなことしてからまた、ビーズアクセに凝りだし、ついに帯留めを作りました!これです。
P1000168.JPG
てきとーにつくったのでレシピなどはまったくありません。先日錦の高級クラブのおねーさまにも頼まれた。もしかしたら、この夏はビーズ職人に転身か?!
一緒にお仕事をしたモデルのSHIHOちゃんの帯は兵児帯と普通の帯を組み合わせた結び方。クラシカルな帯留めも素敵!浴衣の枠を越えた上級者用かな。105_0583.jpg

107_0702.jpg
先週、スパイダーマンのニューアトラクションに乗りたくて、USJにいってきました。6時に同居人にたたき起こされあっという間の2時間で到着。9時開場と同時に入場門で待っていた200人くらいほぼ全員スパイダーマンに向かって走っていきました。すごい人気なのよ。うわさどおりメチャメチャ面白かった!スパイダーマンと一緒にニューヨークの上空を飛び回りましたわ。ほかのアトラクションが乗れなくなるので一番先に乗るのはやめたほうがいいかもよ。その後、難波パークスにいってからお昼ごはんは「自由軒」の名物カレー。p504is00012.jpg
ピリ辛だけど生卵がその辛味をまろやかにしてくれるの。ほかにも色々洋食メニューがありますがまず初心者はこれを食べてね。そして心斎橋近くまで歩いて発見したのがこれ!p1000155.jpg
トーク喫茶ってなに?ねぇ気になるんだけど・・・。純喫茶は戸谷さんに説明してもらったけど、トーク喫茶は?!昼からしか営業していないからモーニングはないわね。お話するとこ?じゃ、普通の名前でいいじゃん。教えて誰か!プリーズ。

今日は、「トスカーナの休日」と「マッハ!」の二作品をみました。イタリアとタイ。全く違うテイストの映画だとつかれなくていいわぁ。トスカーナ〜は内容はおいといて、とにかく風景が美しいの。スクリーンがお花畑になっちゃう、ひまわりや赤い花が埋め尽くされるシーン大好き!主人公のフランシスの住む築300年のお屋敷も絵になるわぁ。以前イタリアに行ったことありますが、フツーの民家の前で写真撮りまくりでしたもの。日本じゃ考えられないよね。それと、フランシスの美味しそうな手料理。豆の料理に、パンッァネッラ(パン入りサラダ)、Tボーンステーキとか・・・ごっくん。トスカーナだとワインはキアンティか?!タイトルを「トスカーナの食」にしてもちょっと料理をたのしみたかったわ。イタリア男子もかっこいい〜〜(^。^)ん〜確かに人生観かわるかもしれませんね。ダイアンレインもよかったですよ。
「マッハ!!」は今から映画のフリーペーパーc2のコラムを書かなきゃ。いつもいい男をピックアップしているのですが、残念ながらいい男は登場しません(コラ!)。今回は外見じゃなくて純粋で男らしい主人公ティンの中身にスポット当ててみよかなっと。「マッハ!」は、CGなし、ワイヤーアクションなし、スタントなし、最強の格闘技ムエタイの秘技が次々登場する純粋なアクション映画なのです。物語はちょ〜〜単純。一人のムエタイ戦士が村を守るために悪と戦うのです!しっかしすごいよ〜ムエタイって。目が回るくらいのスピードで技を決めて相手を打ちのめすの。素手で戦争したら世界中で一番強いのはムエタイを使うタイ人といわれているんだそうです(プライド関係者談)。一度倒された人が、もう一度立ち上がって追いかける役になってたり、カツラがずれてる人がいたり、同じシーンを角度をかえて何度も見せたりとか、色々へんてこなところはあるけど、真の格闘技の心と技を見せて頂きましたわ。トゥクトゥク(タイのタクシー)の激しい(?)カーチェイスシーンは実際トゥクトゥクに乗ったことある人は笑えるよ。ククッ(爆笑)それとバンコクの屋台ストリートを主人公が逃げるシーンが見応えあり&これも笑えた。まるで障害物競走!その障害物が商店街で売っているものなのよ。お肉や包丁、なべや、香辛料。タイの食材もわかるえいがなのだ。映画をみたあとはトム・ヤム・クンで熱くなろう!

106_06686月12日(土曜)名演小劇場にて「チルソクの夏」の準主役、淳評君の初日舞台挨拶がありました。彼は劇中で主人公郁子の初恋の相手韓国人の高校生役を演じています。なぜ、彼が来名することになったのはちょっとしたガセネタから始まったのです。この映画の大スポンサーの下関にある老舗の和菓子屋「厳流本舗」の次男坊は私のお友達。2月にその次男君が結婚した際の披露宴には、佐々部監督も出席してました。そんなこんなで私も「チルソク菌」に侵され(?)今に至るのです。今月上旬にその次男君から「12日に監督が名古屋に来る」と聞いたのですが、わたしゃ聞いてないぞぉ〜〜と早速、宣伝会社に電話したらそれはガセでした。でもすごいのよ、宣伝会社のTさんはものの30秒で「愛知県出身・淳評来名」を思いつき24時間内にイベント企画しちゃったのです。宣伝マンの鏡ですわ(^。^)おかげで舞台挨拶は大盛況!
劇中は韓国の高校生で陸上部という設定なので、真っ黒に日焼けしてで短髪だったけど実際はひょろっとして色が白くファッションはイマドキの23歳。舞台挨拶ではお客さんに話しかけ、自分の言葉できちんと話していました。今まで色んな若手人気俳優と舞台挨拶したけど意外にみなさん、ライブだと緊張しちゃうのになぁ。大物の予感かも?!「松岡さんて、笑顔が優香にそっくりですね」っていうのぉよぉお!♥かわいい〜〜のです。(笑)今後は東海テレビ制作の昼ドラでまたもや高校生役だそうです。応援してね〜〜。また、彼の母校の大同高校の学祭に出演するという企画も持ち上がってました。オマケ:淳評のママがキョーレツなキャラクター。ベッタベタの名古屋弁で誰もしゃべる隙を与えないマシンガントークで周りを楽しませてくれました。

田口 あい
BLOG
高橋つばさ- overflow-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
creatures -3人展-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
大エルミタージュ美術館...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
金属の生命体 はじまり...
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
フラワーレッスン"初夏...
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
小さきものたち。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
金属の生命体
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
21_21
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
爽やかな6月
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

2004年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930