Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


目線が変わると世界が変わる。僕セザール10歳半1m39cmは、主人公セザールの身長1メートル39センチの高さにカメラを設置して撮影され、子供の価値観に立った物語なのです。「ポネット」って映画知ってます?これは3歳のポネットがママを事故でなくしてしまうけど、ママ死んだことがわからなくて、ママに会える日をづっと待ち続けるのです。その姿が愛おしくて何度見ても泣いてしまう大好きな映画があります。それも3歳のポネットに合わせたカメラポジションですが、ポネットの心の内は言葉ではなく表情で説明されていました。セザールの場合は、「大人は判ってくれない」と同じく彼の独自形式で目と心を通して観たものや、自らの存在理由までも、すべてナレーションで説明していくの。見ている内に自分がセザールに入り込んじゃって、なやんだり、笑ったりして楽しんじゃった。そして自分も1m39センチのころあったなぁってホンワカした気分にもなれた。(私の身長は1m53センチだからそんなに背はかわってないけどね(^。^))太めを気にしているけど、甘い物がやめられなく愛読書はデザート本、自意識過剰で空想家。そんなセザールが、スポーツ万能でかっこいい親友のモルガンと学校一美人のサラの三人で、生まれてから一度もあったことのないモルガンのお父さん探しに出かけます。モンマルトルからロンドンの旅は子供達にとっては大冒険。前半はセザール本人と家族、取り巻く大人達や、モルガンとサラの家庭環境がしっかり説明し、後半は親に内緒の冒険旅行に出かけワクワク、ニヤニヤさせてくれます。ちょっと甘い終わり方だけど、それは10歳半のセザールに免じてゆるしてあげちゃう。だって甘い物すきだしね♥セザール役はあの「パティニョールおじさん」のジュール・シトリック。大きくなって太めになってさらにかわいい男の子になってたわ(^。^)おっ、アンナ・カリーナが子供達に手助けするロンドンのカフェの女主人を演じていますよ。そいえば、15歳になった主人公達の続編を計画中らしい。どうか三人が無事に15歳をむかえますよーに(^^ゞ

いや〜(..)栗山千明ちゃんは目力が強くて吸い込まれそうだった。美月役はもう少し薄い顔の女優がよかったかな、なんて思ったりして。原作の矢沢あいさんの漫画は読みました。面白ろかったから2,3巻買うつもり。19年前、恋人と生き別れ、悲しみのあまり自殺し成仏できなかったミュージシャン・アダムがこの世を彷徨い、いろんな人を巻き込むのです。19年前恋人にプレゼントしたネックレスを主人公の美月が手にしたため、アダムは美月を恋人の生まれ変わりと信じて、あの世に連れて行こうとするのですぅ。後半には「生まれ変わっても一緒だよ」っ言葉が何度もでてくる!それって、郷ひろみと松田聖子の婚約事件以来聞いたことなかったので、笑えてきた。でも、前世とか呪いとか私は信じますよ。特に前世には興味があって、退行催眠経験したことある。旦那や友達や元彼とか前世では私とどんな関係だったのかなって。恋人や兄弟、親子というのはある過去世では親子、ある過去世では、兄弟、ある過去世では、敵味方などと言うこともあるんだって。いがみ合ってる兄弟とか喧嘩ばかりしてるカップルはもしかして前世は敵同士だったりするのかしら。 催眠によって、その世の記憶を呼び起こし、再体験し、その意味を理解することにより、過去世のエネルギーを解放し、今世のあなたの人生の本当の目的に向かい進む事ができる・・・・というふれこみだったけど、いや〜、自分に都合のいい夢だったような気がする(^^ゞだって、平安時代のお姫様だったり、欧州映画にでてきそうなお城に家族と幸せに暮らす自分の姿や、西部劇にでてくるような金髪のナイス!ボディで銃の名手の私もみた。これがホントだったら凄いけど、たぶん、映画の見過ぎだよね。
105_0556.jpg
明後日は栗山千明ちゃんと再会!今年の冬、夕張国際映画祭の飲み会であった以来です。GO!GO!夕張

土日は、毎年恒例ゼクシィブライダルフェスタ、ブライダルショーのナレーションにいってまいりました。毎回思うことだけど、5千人?だっけ、よくもまぁこんなにカップルがあつまるもんだ。ブライダル産業は景気いいなぁ。ブライダルフェスタにくるくらいだから、結婚が決まっているか婚約中のカップルばかりなので、イチャイチャしまくり。人前でチューチューする人もいた!ふん、今が一番ラブなのよ、夢のような結婚生活は長くは続かないぞ〜と、毒を吐きながらも幸せそうなカップルがちょい羨ましくなったのでした(笑)107_0744.jpgしかし、今回の本当の目的は、なんと、休み時間の「ゆっこの編み物教室」だったのだ。仕事の合間にじゃなくて、編み物の合間に仕事したような・・。すんまそん。えっと、今回のショーの演出家で先生のゆっこさんはプリマベラという手作りバック、リメイクバックショップを経営してまして、レストランでいうなら、オーナーシェフ、デザイナー兼オーナーで職人でもあるのじゃ。新作は大ブレイクのANTEPRIMAと同じ糸で編んだこのバックの教室。飾りがついてて、ANTEPRIMAのフィオーリみたいな感じでしょ。
P1000192.jpgビニールでソフトなワイヤーが入っていて平たくてきしめんみたいな糸なの。だから毛糸のようにスイスイ編めなくて一目づつひっかけて編むから力がいるため、指先、肩がすごく疲れる!やっとここまでできたけどこんなのまだ5分の1。でもすでに同じ繰り返しで飽きてきちゃった〜〜〜!編み物は苦手じゃ。

田口 あい
BLOG
高橋つばさ- overflow-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
creatures -3人展-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
大エルミタージュ美術館...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
金属の生命体 はじまり...
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
フラワーレッスン"初夏...
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
小さきものたち。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
金属の生命体
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
21_21
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
爽やかな6月
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

2004年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031