Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


今日は呪怨THEJUON見てきました。前作4作ともみているからかやこと俊雄に免疫があったのに、怖かったです。
製作のサム・ライミは続編の為にオリジナル版のお気に入りのシーンを、次回にとっておくらしい。
JUONを観た後に、ほのぼのしたタッチ・オブ・スパイスを見たのですが、ここにJUONと同じように屋根裏部屋が登場するの。その度に俊雄がいるような気がしちゃって(-.-)一度見たらちょっとの間は忘れない、かやこと俊雄の顔がスクリーンに浮かんでくるような気がして、まったく集中できなかったの・もう一回みせていただいちゃおっと。
さて、25日23時頃ノミネート発表されましたね。
作品賞
アビエーター、ネバーランド、ミリオン・ダラーズ・ベイビー、Ray 、SIDEWAYS!
思った通りだわ。私がオスカーあげるなら、ミリオン〜かRay。
監督賞は
アビエーター、ミリオン・ダラーベイビー、Ray、SIDEWAY、VERA DRAKE。
これはマーティン・スコセッシに上げて下さいな。
主演はドン・チュードル、レオ、ジョニデ、クリント・イーストウッド、ジェイミー・フォックス
そっかぁ〜side wayのポール・ジアマッティはだめだったか!ではジェイミーに清き一票を・・。
女優は、アネット・ベニング、イメルダ・スタウントン、ヒラリー・スワンク、ケイト・ウィンスレット、カタリーナ・サンディノ・モレーノ(映画初出演だから大穴だった!)この際、わかんないからカタリーナとやらにとって貰うのが面白いかも。
早く結果がしりたいわ。この日のためだけに、WOWOW加入してるんだもん。

先日のGG賞でレオが「アビエーター」ドラマ部門の主演男優賞を受賞しましたね。25日にはアカデミー賞のノミネートが発表されるけど、まぁ間違いなくノミネートはされるでしょう。ただ、これまでに受賞した20以上の映画賞から予想をすると、主演に関しては「Ray」のジェイミー・フォックスとside wayのポール・ジアマッティが本命なんだよね〜。side wayはまだ見ていないのと情報が少ないのでわからないけどジェイミーはホントに素晴らしかったと思います。レオ君はどうかなぁ(@_@)なんて勝手に思ったりして。他には「ネバーランド」のジョニデもノミネートの最有力!がんばれジョニデ!side wayのポール・ジアマッティは「アメリカン・スプレンダー」で絶賛されたにもかかわらずノミネートもなしだったからノミネートされるといいね。
作品賞は、side wayが各賞受賞の数は一番多い。その次に「アビエーター」でイーストウッドのミリオン・ダラー・ベイビーとネバーランド。Rayは作品賞は少ないけど映画雑誌プレミアは大本命と予想しているぞ。あと、もう一つ、気になるのがジム・キャリー主演の
「エターナル・サンシャイン」。「マルコビッチの穴」などの脚本家チャーリー・カフマンの最新作なんだけど、ワシントンDC映画批評家協会賞は本作が制覇したんだよね〜。もちろんGG賞や英国アカデミーにもノミネートされてました。音楽もよさそう!
監督賞は「アビエーター」「side way」「ミリオン・ダラー・ベイビー」は並んでますな。監督賞はなんとかマーティン・スコセッシにとって欲しいと思う。「レイジング・ブル」から5度もノミネートされていて一昨年は「ギャング・オブ・ニューヨーク」で勝負したのに、ポランスキーの「戦場のピアニスト」にさらっともってかれちゃった。両方とも好きな監督だったので妙に興奮した年だった。監督賞はやはりside wayがアビエーターのライバル。アレクサンダー・ペイン監督は「アバウトシュミット」などで高い評価を受けている30代のなかなかいい男よ〜♥(左写真)
w547824-viewノミネートの可能性は十分アリでしょ。監督賞はクリント・イーストウッドはミスティック・リーバーの雪辱を果たせるのか!?
主演女優賞で各賞を取りまくっているのが「VERA DARAKE 」のイメルダ・スタウントン。「恋に落ちたシェイクスピア」とか「いつか晴れた日に」などの助演で知られる英国の名女優よ。「Being Julia」のアネット・ベニングの評価も高いね。それにしてもご主人のウォーレン・ビューティーさんは最近何しているのかしらね?!
「ミリオン・ダラーベイビー」のヒラリー・スワンクは「ボーイズ・ドント・クライ」以来のハマリ役と言われているし、「クライシス・オブ・アメリカ」のメリル・ストリープは14回目のノミネートとなるのか?!15回ノミネートされた自動的にオスカー像がもらえるってシステムにすればいいのに。
レオがノミネートされるか受賞するか。そんなことより「アビエーター」は見応えのある映画だったのは確かよ。珍しくスコセッシ監督にしては暴力ゼロだけど、スピード感ある展開で一気に見せるので、あっという間だった。長い映画だと、「まだ終わらないかしら?」って時計をみるのに、「アビエーター」は2時間過ぎたころに「まだ終わらないで!」と哀願するように時計をみた、数少ない映画。助演のWケイトが往年の大女優を演じ、アレックス・ボールドウィンがパンナムの大社長を余裕綽々と演じていた。各シーンの見せ方がすべて腹八分目だけどそれがいいのです。きっともう一度見るとお腹イッパイになるはずだ。

木曜日は吹雪いている中ゴルフをしました。天候が良くても悪くても結果は同じ。102で今年も100切るのに時間がかかりそうだわ。この時期になると、10年ほど前ラジオの公開生放送で養老郡養老町養老公園で、司会を担当したことを思い出すなぁ。公園ですからもちろん屋外、ステージには暖房器具はあるわけない。手はかじかんで台本はもてない、寒さで上手くはなせなくてかみかみマン、お客さんはフリーズしてる。AMラジオのお昼の情報番組なのでおじいちゃんばあちゃんばかり、反応がないから死んでいるのでは?!と思ったくらい寒かった。公開生放送だとスポンサーの関係もあって、通常とは違ってCM入る前にかならずキメコメをいわなくちゃいけないのだ。タイトルはうろ覚えだけど、たぶん・・只今は養老郡養老町養老公園から「○○ラジオ・元気イッパイ!新春養老スペシャル、冬の祭典・養老へよろう!」をお送りしています、というのよ。パソコンならコピー&ペーストでいいけど、言葉だからね、何度も何度も「養老」といったのを思い出すな。2時間の番組だったからね〜、よろよろになって(笑)しゃべってたな。
今日は屋内・三越星ヶ丘店だから寒さとは関係ない(^。^)しかも暇なのでパソコンを持ち込んでブログで遊んでます!

昨日は脚本家の君塚良一初監督、泣けるホラー「MAKOTO」をみた・・・。
そのあとの、ビハインド・ザ・サンがお口直しになってホッとしました〜〜。MAKOTOは後半がとっちらかってたし、腑に落ちない終わりかたなのよ。交通事故で亡くなった奥さんが○○してて、しかもその愛人さんを○したという事実がわかったのによくご主人は平気でいられるなぁ〜と・・。それでも愛してるってわけわかんないや。ネタばれするからもうこれ以上はいわないっぞ!
東山君の法医学の監察医ぶりはなかなかはまってました。ベッキーが研修医の役なんだけどイマドキのおねーちゃんで、事件現場で死体を携帯でバシバシ撮っているシーンがある。いくらvoda phonのCMに出ているからってそれゃないだろ〜!
さて、「ビハインド・ザ・サン」はブラジルの荒涼とした砂地に住む二つの家族が土地の権利をメグって長年血を洗う闘いを続けているのです。ブレヴィス家は砂糖作り生計を立てていてかなりの貧困生活。対立するフェレイラ家はお屋敷に住んでいて裕福そう。なのにまだ争いを続けているのです。お互いの家長が代々の家の習わしを守る頑固ジジィ。相手を仕留める時期などいろんなルールに従っているところが映画的には実におもしろいです。
その終わりなき復讐に歯止めを止めるのが兄弟の勇気と愛。ブレヴィス家の長男をフェレイラ家にコロされその後、次男のトーニョが復讐するが、当然今度は彼が殺される番だ。兄の安否を心配しながらも陽気な弟とサーカスを見に行き、彼は火吹き女クララに恋をするのです〜。
まさかの展開がまちうけているのですが、それはオープニングが伏線だったわけで・・。素晴らしい!
cast_tonie
トーニョ役のロドリゴ・サントロがかっこよすぎ!ラブ・アクチュアリーで見つけた時、「誰?誰?あの人!!」って一人で騒いでいたっけ。今回は終わった瞬間に映画もよかったけど、ラジオ局の女子とすご〜〜い素敵(@_@)かっこいい〜っ!とガールズトーク炸裂でした。
横顔の美しさは尋常ではありませぬ!!どんなにボロをきていても品があって美しい。
ガエル・ガルシア・ベルナルとはまた違った魅力ですね。やっぱラテン男は最高です。ヴァンデラスやデルトロもおっさんになってきたのでそろそろ切り替えようかな。
ウォーターサレス監督セントラル・ステーション、モーター・サイクル〜好きです。
あと、中田秀夫監督の「仄暗い水の中で」のハリウッドリメイク「ダーク・ウォーター」の監督でもあるのだ。いろんなジャンルが撮れる人だ。

P1000254年末から24 -TWENTY FOUR-のシーズンⅢが手元にすべて揃っているというのにまだ観ていません。今や、レンタルも行列が出来、「待ち」状態というのに・・・・。1でプロモーションのオシゴトを手伝った時に、友人達にも紹介したらあっという間に広がって、みんな「24」依存症&睡眠不足になってしまった。一話ごとの終わり方に問題がアリ。次が観たくなるラストの演出にまんまとはまっちゃうのだ。そして物語と同じように長いなが〜い一日になるわけです。先日新幹線で移動中にパソコンで-TWENTY FOUR-の6話を観ていたら、隣のオッサンにのぞき見された。最初から見ていたに違いない。
小声だったけど、クライマックスで「ウッ!」って言った気がする。-TWENTY FOUR-フリークなんだろか。携帯の着信音はCTUの内線音にしているのだろうか?
残り、12話。鑑賞日はしっかり計画的に・・。しかし、こんなに気合いいれて見るドラマはなかなかないね。
只今、24時をまわりました。今夜(今朝?)こそ制覇するぞ!
(ダイエットは2日目終了。1キロ減・・・)

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

2005年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031