Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


踊るのスピンオフムービー「交渉人 真下正義」の舞台挨拶とオフ会がありました。TOHOシネマズ名古屋ベイシティの一番大きな6番スクリーンは圧巻!満員のお客様を見上げると、いつもになく緊張します。
odoru
ユースケ・サンタマリアさんは前作までは6番手のキャラクター、それが今回いきなりスピンオフ第一弾としてタイトルになっちゃった!レインボーブリッジの時に、次は真下正義が主演です!と勝手にいったのが始まりだったそうですよ。
亀山プロデューサーは、それもアリ?考え初めて、交渉人なら4,5人いれば映画として成り立つなぁとおもい企画を考えていくうちに、本広さんの演出、真下のキャラの薄さをどうカバーするか、と考えていったら、踊る3よりも製作費がかかっちゃったそうです。相当なプレッシャーをユースケさんに与え、それをうけて見事に主役をこなしたユースケさん。
スーツに着られているというたよりないキャラは、損なわず今回はシリアスでした。
舞台挨拶は中途半端なバク転?で登場。さすがに元バンドのリーダー(ビンゴボンゴ?)だけあって、ライブには強いですな。サービス精神旺盛でみなさんを笑わせてくれました・・・といいたいのですが、不思議なボケかたをするので、ちょっとつっこみにくかったです。前作の舞台挨拶の登場は「織田裕二です」でしらけたということを覚えていたみたいで、さすがに今回は主役だし、それはなかったな。
第二弾は「容疑者 室井慎次」で次はまた真下2とかアリですか?ときいたら、またしてもPを無視して「あります!!」と断言。
今度は夫婦で分娩室にいて・・・・そこから交渉するのですと勝手に構想をはじめてましたが、亀山プロデューサーに
「全然ダメ!」と却下。もちろん第一弾がヒットしたらあり得るお話ですね。
前作からつながっているのでよろしければまだ踊るシリーズを観ていない人はどうぞご覧下さい。そして、第二弾へもつながってますからね。
容疑者 室井慎次は、なんと、哀川翔が刑事役で出演。
ギバちゃんと翔さん!なんと懐かしいお二人なんでしょね。20代の人はわからないだろうな・・お二人は同じグループで「そいや〜」って歌って踊っていたのよ(笑)。

記憶喪失を題材にした映画って、暗いストーリーが多いのですがドリューとアダム・サンドラーの最新作「50回目のファースト・キス」http://www.sonypictures.jp/movies/50firstdates/は楽しい映画だったなぁ。前日のことをすべて忘れてしまう「短期記憶喪失傷害」を抱えるルーシーに獣医のヘンリーが一目惚れ。ヘンリーは毎日、彼女との初対面からはじめて、愛を告白するのです。毎日彼女が朝食をとるカフェで声をかけるのですが、まったく無視される日もあれば、その日に恋に落ちる日もある。毎日がやり直しの恋なのだ。毎日、同じ人に愛を告白するのはとてもじゃないけどたいへん!
しかも、記憶が無くなってからの出来事を話、二人の出会いなどはなしをしたら、日ごとに話す容量がふえていくわけだよね・・・・。徐々に短縮バージョンになるのかな?いや、あまり深く考えるのはやめよっと。
ルーシーは一年前の父の誕生日10月13日に車の大事故をしてその時から記憶がとまってしまったの。父はそんな娘を不憫におもい、息子(弟)と一緒に、毎日事故のあった 10 月 13 日を繰り返すの。ルーシーは朝起きてカフェにいって、車で家に帰って父の仕事場の壁のペンキをぬり、バースディパーティーをやり、同じニュースとビデオを毎日みる。
彼女が寝たあと、次の日のために二人は涙ぐましい努力をします。
押入れには同じ日の新聞が山ほど用意、ルーシーがガレージの壁を塗ると、二人はまた前のように戻しておく。事故がおきる前の状況を作り、毎日演技をする。よってルーシーは毎日同じ行動(多少ちがうけど)になり自分が記憶を失ったことは知らない状態になるの。
父と弟の立場に立ったら毎日観る映画が「シックス・センス」というのが、特につらいだろうな・・オチをしったら、二度と同じ感動はないからね(苦笑)。
さて、ヘンリーは、彼女に事実を知らせるべきだと思い、一本のビデオを製作するの。それには生々しい事故現場、現況、自分との出会いが映像に収められているのです。毎日ルーシーは朝起きたらそのビデオをみて、驚き&落ち込みながらも自分の状況を把握し、ヘンリーに会うのです。
記憶は絶対もどるはずないけど、自ら日記をつけたりしてヘンリーとの思い出を忘れないように努力していくのです・・。
ありえない設定ばかりだけど、テンポよく展開していくのでまっ、細かいことはいいかと思えるようになっていく。
ヘンリーの友人のマリワナ常習者のハワイ人ウーラや勤務先の水族館のホモの同僚のあんまり笑えないキャラも徐々に好きになるよ〜。ペンギンクンやセイウチの演技はまるで人間みたい!凄く可愛かったわ。
劇中に、10秒間しか記憶できない男がでてきて結構笑わせてくれるんだけど、これって超ブラックですよね〜。
私は忘れ物を家に取りに帰った瞬間に何をしにきたのか忘れたことが多々ある。
これって、短期記憶障害の一種かな・・
二人の恋の行方は観てのお楽しみ♪

花粉症の方には辛いこの時期だけどゴルファーにはとってはウキウキする。
お天気がよかろうがわるかろうがスコアは一緒ですけど・・トホホ。
セラヴィゴルフはサクラが綺麗でしたよ。岐阜県のサクラカントリーは最高だろうな・・。P1000117
花粉症の彼らは、杉の木に近づくとクチャミ&鼻水&涙目とみているだけで、可哀想になる。
この日は久し振りに100を切りました。47・52で99点。ギリギリです(汗)P1000114

昨日は、炎のメモリアルとデンジャラスビューティー2をみた。そして本日はボステージ。ブルース・ウィリスの新作です。
前の仕事がおしてしまって完成披露試写会に遅れちゃった。最初の10分はみてないけど、あまり関係なかったようです(笑)。ある筋からの話によると、ウィリスはデミに、子供達が観れるようなファミリー映画に出たら離婚しないわ、といわれディズニー(ブエナビスタ)と契約して、マーキューリー・ライジング、アルマゲドン、シックスセンス、アンブレイカブル、キッド、に出たのよ。
結局、別れちゃったけど。別れてすぐに隣のヒットマンに出演して殺し屋をえんじてました。俺にはこれしかねぇ〜って思ったのかしら?
ウィリスの映画はゴールデン・ホーンとメリルの永遠に美しくとか、薔薇のなんとか・・(タイトル忘れた)は結構好き。
今回のボステージは、ダイハードの相棒いない版?なんだか似ているのよ。
忌まわしい過去の傷をおって、家族に見放された警察官・・違うところは、人生やけっぱちの刑事ではなく、誰にでも好かれている警察官でしかも出世して署長になっていたことと、家族とは別居しているけど、まだ愛してる・・ってとこですかね。あとはもう少し物語が複雑になってました。
田舎町の富豪の家で人質籠城事件が勃発。署長のジェフは(ウィリス)その昔、交渉人として名を馳せた人物だったがある事件で人質を死なせてしまいその仕事を辞しいたの。今回の事件現場に駆けつけるけど、交渉は一切やらないと決めていたので群警察にすべてを委ねたつもりだったのに、BATなことに事件の起きた家は巨大な犯罪組織にとって特別な場所だったのです。犯罪組織はジェフの妻子を人質にして彼に最初の人質事件に関するある選択を迫るのです。絡み合う二つの人質事件!さて、ジェフはどのようにこの事件を解決していくのか!?という映画です。
あまり深く考えたり、つっこんだりしてはいけません。その時、そのシーンで起きたことに「オオッ!」と驚いてドキドキしてみていくのが良いと思います。それで私は楽しみました。
そうそう、デミとウィリスの愛娘が出演しているの。デミにそっくりだった・・。あまりかわいくないけど、将来お直ししたらよくなるのかも(コラ!)
いまから、アシュトン・カッチャーの新作、バタフライ・エフェクトをみま〜す。
カッチャーの恋人はデミ・ムーア。元旦那の映画と現恋人の映画を観るなんて、なんだか妙な気分♪

takita
まもなく公開となる「阿修羅城の瞳」のキャンペーンで滝田洋二郎監督とお会いしました。監督の「病院に行こう」「僕らはみんな生きている」が大好き。真田広之ファンだったので何度も観た作品です。
「壬生義士伝」の時も記者会見から最後の鰻釜飯までおつきあいさせて頂きました。あのときは佐藤浩市様も一緒で心臓バクバクして監督とは何も話せなかったような・・(苦笑)。今回は、記者会見〜舞台挨拶の司会、ぴあの雑誌インタビューと長時間にわたり一緒だったので、監督の記憶に私を完全にインプットして頂けたみたい。
雑誌インタビューは、30分にわたり爆笑トークとなりました。女性は恋をすると鬼になると思いますか?と聞くと、
あなたは?と、逆取材をうけて私はタジタジになってしまった〜。鬼になるくらい恋をしてみたいデスよね(^。^)
この映画はとにかく、豪華絢爛な舞台におとらず染五郎さんとりえちゃんの美しさに圧倒される。香川県にある日本最古の芝居小屋「金丸座」で染五郎さんが歌舞伎役者の本領発揮といえる千両役者を演じるシーンは必見です。
市川雷蔵さんを彷彿させる染様のつやっぽさがこの映画の最大の魅力ですね。
さて、お次は「隣人13号」の主演、小栗旬君。も〜〜おねーさまは優しくてカワイイ旬君にメロメロ〜です。
テレビのインタビューが終わりの楽屋トークは、映画のお話で盛り上がりましたよ。映画って今更ですが、人と人の距離を近くさせてくれるね。最近のお気に入りは「エターナル・サンシャイン」。これは同意見でした!趣味が合いました(ウフ)
oguri
隣人〜は、井上三太原作のサイコ・コミックの映画化で旬君は、中村獅童さんと二人一役を演じる。主人公の村崎十三はいじめられっ子(小栗旬&獅童)で、いじめた相手(新井浩文)に復讐を果たすべく自分の中に悪魔のような別人格“13号”を成長させていくのです。
是非、観てほしいけど、オススメしたくない・・でも観て欲しい。とても複雑な感想。
オープニングで十三と13号が交錯する映像がクール!共演の新井浩文、パフィーの吉村由美のヤンキー演技は素?と思わせるほどハマリ役よ。是非観てほしいけど、オススメしたくない・・でも観て欲しい。とても複雑な感想。
監督はCM&ミュージック等のディレクター出身井上靖雄(33才!)。最近のCMはトヨタbBとか任天堂の草なぎ君のマリオや吉村由美編、マクドナルドの月見バーガー、マルちゃんHOTヌードルを手がけた人。

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
暴露!?
Posted by Yukari Ohno

2005年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930