Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


映画を観た後、気に入ると必ずサントラを入手。サントラを聴いて感動のシーンを思い出し、突然泣き出し周りの人を驚かせたことも(笑)。
Jacket_m
映画「フラガール」のサントラはすぐに予約しました(8月23日発売)。ハワイ生まれのウクレレスト ジェイク・シマブクロさんが音楽を担当。クライマックスシーンでは優しいウクレレの音色が流れるだけで涙が溢れてしまった。
ウクレレは疲れた心を癒してくれる不思議な力がありますね。さて、音楽の話が先になってしまいましたが、映画「フラガール」は、Furamain
さほど期待していなかった作品でした。しかし、全国のスパリゾートの走りといえる福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター設立の背景に、こんなドラマがあったのかと、感動!女優達が魅せるダンスシーンからこの映画に対する熱意が伝わってきます。
物語の舞台は昭和40年代。本州最大の炭坑、常磐炭坑。大幅な人員削減が迫り危機的状況の中、炭坑で働く人々は北国の村を常夏の楽園に変えようと一大プロジェクトが持ち上がります。盆踊りしか踊ったことのない村の少女達は腰蓑をつけ、肌も露わに、当時誰も見たことがなかったハワイアンダンス—フラダンスを踊りはじめるのです。そう、彼女たちは人生のために、家族のために、そして村のために・・。反対派の人達もやがて彼女たちの熱意に押されて忘れかけていた情熱を再燃させていくのです。時代の移り変わりの中で人々の涙と笑いを癒しのハワイアンミュージックとダンスで綴ります。
主演は松雪泰子。松竹歌劇団で活躍した元トップダンサーという設定で、村の少女達にダンスを教えやってきます。最初はツンツンして鼻持ちならない女だったのが素朴な少女たちと接していく内に、厳しくも心の広い教師へと成長していくのです。教師として目覚めていく大きな変化を見事に演じており、改めて実力のある人だと確信しました。もっと映画のお仕事すればいいのにな。
松雪さんの60年代ファッションとヘアスタイルも必見。
他女性陣キャストは蒼井優を筆頭にフラガールを演じる面々は厳しい特訓に耐えて華やかな踊りを披露。クライマックスとなる常磐ハワイアンセンターオープニングの舞台で、何曲か踊るのですが、蒼井優ちゃんが一人で踊るタヒチアンダンスシーンは、娘を思う母のようにドキドキしながら見守り、踊りきったあとは立ち上げって拍手を贈りたい気分でした。南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんは独特の存在感でよかった。意外にナイスボディ(笑)。

主役の松雪泰子さんインタビュー:8月10日ヒルトンホテルにて。

フラダンスは初心者で3ヶ月間の猛特訓により
見事なタヒチアンダンスを披露。練習室で一人躍るシーンは、カットなし長回しという手法で撮影しているのでたいへん緊張したそうです。
フラダンスは、ウエストシェイプに抜群ですよ。と薦められました(笑)。
ハワイで本場のフラダンスを習いたいとおっしゃっていましので、続編も期待できそう?!

*常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)

チャンチャカチャカチャカ♪チャンチャカチャカチャカチャ〜〜〜♪
昨日は名古屋マルハチの日。
わたしにとっては待ちに待った日なのだ!「UDON」のキャンペーンで
本広監督、小西真奈美さんそして亀Pが来名。

監督には、讃岐うどん巡礼の際に、直ナビをしていただいたので
なんとしてでも名古屋めしをお礼しなくちゃ&映画をみた感想を言わなくちゃ
と意気込んでいたのだ。
あ、もちろん取材がメインですっよ!!(笑)

三重テレビシネマ・クルーズImg_1954_2

8月19日か26日放送分土曜の夜11時30分から。
あとはTJ岐阜 8月24日発売号
インターネットTV「BbibiTV」は8月24日頃
岐阜ラジオは8月24日木曜日午後3時30分

これで三重と岐阜はOKだ。
名古屋は試写会の司会をいつも以上に気合いをいれてがんばるぞ。

テレビ取材はなんだか、雑談チックになってしまったけど
男の子の憧れヒーローが描けたこと、映画への道のり、10年目の10本目の意気込み、お気に入りのシーン、香川の魅力、次回作のこと色々聞きました。
しかし、15分では物足りず、舞台挨拶終了後お食事会を済ませた監督と村上Pと中部東宝の名物宣伝マンOさんと図々しくも呼び出しちゃいました。
お疲れの所ども、すいません。
そして戦カメ夫婦も合流。名古屋のランドマークTV塔で夜を過ごしたのですぅ。
フフフ♥

取材時に監督が、目を見ずインタビュアーの手元、足下、など観察していることが発覚!み、みられていたのかぁ〜
同業者のみなさん、取材の際「監督は見た!」状態でおもいっきり観察されていますわよ(笑)

そうそう、舞台挨拶に「キャプテンうどん」が登場したのですが・・・
本番5分前に、舞台挨拶の演出をする監督。
亀Pもノリノリであ〜でもないこ〜でもないと。
で、本番では登場の段取りが全然ちがうんだもん。びっくり(∋_∈)
会場は失笑なのか?爆笑なのか? 
気になるところ。
映画で「キャプテンうどん」のシーンはバカ受けでしたね。ウシシ。大成功だ。

舞台挨拶の一番前にドリカンさんたちが座っていたので、
スポンサー原稿を読むときはちょっと緊張しました。
なるべくみなさんを見ないように。だってついつい顔がゆるんじゃうもん・

みなさん映画は如何でしたか?

そんなこんなで名古屋キャンペーンは終わり。
お疲れ様でした。

       

Img_1891
http://www.ntv.co.jp/hanada/
花田少年史の主役 須賀健太君とパコです・

動物タレントとのお仕事ははクィールのわんちゃんに続いて
二回目。

須賀健太君は動いていないと死んじゃうくらいわんぱく。Img_1893

まさに花田少年そのもの。
映画の中で須賀君には泣かされたな〜
ほんといい演技するんだよね。

ス:ねえねえ、外をみにいこうよ。すごい並んでいるよ。

マ:いいよ、おねえちゃんといこ!

ス:え〜〜ちがうよ。おねえちゃんとおばちゃんの間だから
おねおばちゃんだよ

マ:お、お、おねおばちゃん?!(絶句)

とまあ、こんな感じで遊ばれていましたわ。
しかし、子供は正直だな。いや、かなり控えめにいってくれたのかもしれん。
サンキュー健太君!

しかし、犬はまったく動かなかった。お利口すぎます。

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
暴露!?
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

2006年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031