Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


今日は、ウェンツ&中尾明憲主演の「キャプテントキオ」http://www.captain-tokio.com/に出演している壱成くんと名古屋出身 渡辺一志監督とキャンペーンで愛知県内をまわったよ。

とても穏やかな人だった。優しい声と柔らかな口調で、きちんと映画の見所を伝えていく。
頭のいい人。
少し右に傾き、両手にギュツとにぎりしめたマイクの立ち姿はなんとも乙女チック。20070225145554

ランチ時は目の前だったので、顔を横か下にしかむけれなかった。
そんな、、、目の前にあんなに可愛い子がいたら困ります(笑)

監督がずっと壱成くんのファンでした。と本人目の前にしてコクっていたけど、私も一日でファンになっちゃった。
なんともいえないお色気はおやぢ譲りかな?

彼の人柄は谷原章介さんへのメッセージで現れています。http://blog.livedoor.jp/isseiishida/archives/2007-01.html#20070118

キャプテントキオは、崩壊した東京を舞台に
好きなことに夢中になる映画青年達と
一見ハチャメチャだけど、しっかり高校生二人組の
男の友情を描いた青春ど真ん中映画です。
世界観はマッドマックスとか北斗の拳かな。

毎晩、毎晩パソコンに向かうのが零時すぎだ〜!
わたしの頭もう、死んでいる!!

昨日、北斗の拳の生みの親と会ったので頭がおかしくなっています。
ぶろんそん先生でも原てつおさんでもなく、元少年ジャンプの編集長・「おれが北斗の拳を生み出したんだ〜」と熱く話していました。ほんと、プロデューサーや監督、ディレクターはオレがオレがが多い。いや、そうじゃなくてはいけないだろうな。
でも堀江さんは、すごく話がウマイ!さすがプレゼン慣れしていらっしゃる。
北斗の拳は、堀江Pがそろそろジャンプでヒットを考えていたときにふと通りかかった中国バリの看板からおもいついたそうだ。
そのアイディア一つで北斗御殿だもんね。すばらしい。

ここ5日でみた映画。
*ゴーストライダー(幽霊運転手)
ニコラス刑事の最新作。アメコミNO1らしいが、日本では受けません。寝ました。

*ラスト・キング・オブ_スコットランドhttp://movies.foxjapan.com/lastking/
おめめもばっちりあいてましたわ。
ウガンダの実在する独裁者アミンが大統領として就任してから腐敗するまでを描いた社会派ドラマ。側近として使えたスコットランドの医師の「視点」からドラマチックかつサスペンスとして描き出しています。アミンのおぞましくも魅力に満ちた暴君ぶりは見応えたっぷり。何よりも怖いのは人間の本性。アカデミー賞候補の一本。

*大帝の剣http://www.taitei.jp/Photo_9

堤幸彦監督です。もう、ハチャメチャでなんでもアリアリの映画です。怪物、怪人、SF、時代劇・・・SF時代劇冒険活劇。
取材時も監督気分上々乗りまくり。面白いインタビューになりやんした。宮藤かんくろうのオタオタ演技。阿部寛は大男になりきり大帝の剣を振り回す。長谷川京子も、大根ぶりが目立たない宇宙人役。遠藤憲一郎、竹内力さんに関してはもう、あっけにとられる怪演ぶり!
ここまで時代考証もなにもかもめちゃくちゃだと、諦めてなにもつっこむきにもならないと監督を叱っときましたW

こんなくだらん映画にCG1000カットつかったのかぁ!いや、くだらない映画をこだわるのが監督のこだわりなのでしょう。写真はエンケンさんと竹内力さんが演じた怪物たち。

*さくらんhttp://www.sakuran-themovie.com/
世界のニナガワの娘、フォトグラファー蜷川実花ちゃん初監督作品。安野モヨコの原作「さくらん」の世界観そのままで、写真家、アートディレクターーとしての映像センスを発揮して映画界へ殴り込みだい!
「実花ちゃんの映画だから、私も、ボクもでるぅ」といったかどうかはしらねえが、メインキャスト以外何十人もの
芸能界オシャレ人間大集合。
美波ちゃんや鈴木さちとかモデルさん、永瀨くんとキョンキョンがニアミス!キョンキョンは10秒のみ。
1エピソード、キャストを掘り下げていないため、映画的にはつらいのか、賛否両論。まぁ、わたしははなっから映画としては期待していない、 思った通りだった。すごく綺麗な動く写真えいがだったよ〜
主演の「きよ葉」は破天荒だけど本当は心優しいおいらん。
土屋アンナちゃんはぴったりの役回りでした。

あと何見たっけ?

今週はハチャケた映画が多かったわ。

あ〜あたしの頭はもう眠っている。

映画「ドリームガールズ」の助演でまさにアメリカンドリームな
デビューを飾ったジェニファー・ハドソンちゃんが南青山のブルーノートにやってくるというので、あの歌声が聞けるかも!とウキウキしながらさっそく取材に行ってきました。

まずは、前日遅くにはいって、お友達の植竹シェフを呼び出し恵比寿へ。
料理人の舌をうならせる「夜遅く飲める食べれる蕎麦屋松玄」で一杯。〆でたべた蕎麦はつなぎを使わずに打つ十割蕎麦。
打ちたての香りと、 キリッとしたつゆの旨さ、 そして喉越しの良さ!最高だがね〜
蕎麦焼酎で酔っぱらいながら、今度はディープなBAR「オーディン」こちらも恵比寿にありますが、年代物のワインがずらり。Img_2871

このひと、何杯飲んでも酔わない!つきあって飲んでたらエライことになった。
シェフにバレンタインなのでチョコをあげたのですが、
あげるチョコを迷いに迷った。
ま、みなさんの助言のままミッドランドにも入る。PIERRE  MARCOLINIにしました。食べ物のプロに食べ物をあげるのは悩む。
笑えたのは
店のスタッフ「ピエールマルコリーニだって、すごい美味いんだよ〜」といって喜んで見せていました。いい人だ。

次の日、二日酔いでヘロヘロになりながらブルーノートへ。

ジェニファーちゃんカワイイ〜Img_2877

映画の中ではおばさんみたいだったけど実物はギャルでした(死語だな)
すでに映画賞を25個も受賞しているのだ!
映画の中で歌を聴いて、涙が出た、ゾミ〜としたのは初めてでした。しかし、今回は歌はなし。アカデミー賞で歌うんだって。
映画のビヨンセは美しかったけど、正直、歌では完全にJHに負けてました。
アカデミー賞が楽しみだ。エディー・マーフィーもノミネートされたね。
パンチのある歌声はぜひ映画館で。http://www.walkerplus.com/movie/report/report4646.html?identifier=pickup2

終わってから、初南青山だったので探索してみた。
手作りケーキのお店にはいってみるとそこは、「岡本太郎」のアトリエだった。いまは岡本太郎資料館になってます。
Img_2885_1

  Img_2888

右の絵がとても気に入ってしまいました。名付けて「ニョロ」

Img_2889_1

Img_2890

Img_2896

ここで右脳がビクンビクン刺激され、アートな夜を過ごすことに決定。
六本木の森美術館と新国立美術館にいってきた。
新〜は「パリの異邦人」
シャーガールやピカソ、ミロ(←知ってる名前をだしてますw)
もちろん猫の絵でお馴染み日本のフジタの絵もたくさんありました。
イジスという人の写真が影があってすごくよかった。
次回はもっと時間をかけていかなくちゃ。

夜は月島もんじゃ街へ。
「はざま」というあきちゃんオススメのもんじゃ。
食べ過ぎた・・・

アートな日ということで
あんずクレープもアーティスティックに。Img_2904
どこがじゃ?!

最後にいったBARはニューハーフの写真展が開催されていた。
オ○ン○ンとおっぱいがついた裸婦?のオンパレード。
これもアートなのだろう。

噂通りでした。
映画の力を感じた作品です。

原作に忠実なストーリーの中に、松尾さんのコメディセンスが随所に挟み込まれているので、終わった後に疲労感が残らない。
ガス抜きかげんがウマイ。
これは松岡監督の演出のうまさだろうね。

音楽と大げさな芝居で泣かせようと思ったらなんとでも料理の出来る作品です。
しかし、小細工なく、抑えめに撮った引き算の演出が涙を誘う。
蓄積されていくというのかな。じわじわ〜と涙が目からこぼれ落ちる。
監督の言葉を借りると「ボディブローで時間差攻撃」。
泣けるシーンをあえて、ひっぱらない。

時系列の使い方がうまいんだ〜
過去が現在に近づいていく映画なんてみたことないね。
徐々に自分の家族との記憶を取り戻していくようで、これまたグッときちゃうのよ。
リリーさんは、自分の物語ですが、「作品」としてとても気に入ってくれたそうです。

自分のことをチョビヒゲホビット族を呼ぶ松岡監督(笑)
普段からよくしゃべりますが、お酒が入ると、さらに饒舌になりギャク満載なしゃべりで私たちを楽しませてくれる。
おもろいおっさんというのが私の印象で、ほんとに、この愛情一杯の作品を作った人なの?と疑ってしまう。Img_2866

本当は精細な心の持ち主というのはわかってますよ(^。^)
会えばだれもが一瞬にして監督のファンになってしまいます。

監督の作品は、常に人の本来の優しさを描き、人間の心とまっすぐに向き合う作品が多い。
今回もどこにでもいる家族の話。普通の人の営みを描いている。
いつしか、自分の家族と重なって樹木希林が私のおかんにみえてくる。

あと、おかんボク、おとん以外の人たちはすべて平均的に演じているところがよかった。
勝地涼君のモヒカンすがたにはわらったなぁ。

テレビでやってる、どうせ同じ物語でしょ。と思っている方にぜひみてほしいんです。
映画の力というものをその目で確かめてください。

「彼女が水着に着替えたら」「私をスキーにつれてって」「波の数だけ抱きしめて」のホイチョイプロダクションズの最新作はタイムスリップコメディ。

バブルへGO!タイムマシンはドラム式。

監督はもちろん映画界一腰の低い馬場康夫さん。
主演は広末涼子と阿部寛。

広末がすごくかわいい!!
26歳とは思えないわ。バブル時代に活躍した通信手段といえば
「ポケベル」
96年、彼女はポケベルCMでブレイクしましたね。
「ヒロスエリョウコ 16歳ポケベルはじめました」。
おぼえてますか??
さて、映画は
17年前のバブル絶頂期の東京が舞台ということで、あの頃のファッション、風俗、文化が満載なのです。

わたくしの17年前は・・・

20年前まではベリーショートでテクノカット。
DC ブランド特にY’S ギャルソンを背伸びしてきていた学生時代。
ところが卒業してまもなく、夜の遊び人とつきあったせいで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ファッションががらりと変わってしまった。

ボディコン着てました。
分厚い肩パットにウエストベルトが異常に太いワンピースも着ました。
眉毛は太かった。
学生サークルで学生さんに頼まれディスコパーティ、船上パーティの司会者してました。
やがてキング&クィーンの箱MCとなり多くの結婚式の二次会の司会をした。
当時のギャラと今と変わらないとこがスゴイ。

ティファニーのオープンハートプレゼントされました。
ポケベルはもちろん持っていました。
ティラミス食べていました。
アッシー君いました。
マハラジャの黒服と仲良しでした。ディスコでお金を払った覚えはありません。
あ〜なんとも、微妙な近い過去の意外に古さ。
恥ずかしいやら、なんやら・・

そんな、バブル期が追体験できる映画です。

広末ちゃんは、映画の中でバブル期を体験し、すべてが驚きの毎日だったそうです。吹石一恵演じるレポーターのボディコンワンピをみて、「ありえないでしょ、あのピチピチのワンピース。」とおもったそうだ。

阿部ちゃんは当時超売れっ子NONNONモデル。
風間トオルか阿部ちゃんでしたからね。

待ち合わせも携帯がないのできちんと待ち合わせ場所を確認したし、時間も厳守だった。

流行歌は踊りぽんぽこりん(今も歌います)
浪漫飛行
さよなら人類
今すぐキスミー!

なくなったシドニィ・シェルダンの「明日があるなら」読みました!
真夜中は別の顔も。

あ〜思い出したらきりがない。
理屈抜きで楽しめる映画です!

2月10日公開。

田口 あい
BLOG
creatures -3人展-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
大エルミタージュ美術館...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
金属の生命体 はじまり...
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
フラワーレッスン"初夏...
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
小さきものたち。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
金属の生命体
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
21_21
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
爽やかな6月
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

2007年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728