Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


おおっ!
初日舞台挨拶で、富永アナが玉砕ですか・・
舞台上で3言しかお話しなかったエリカ様。このところ、TV出演が多くてつかれてしまったのでしょうか。

映画の中のエリカ様はとても素敵なのにね。

先日、椙山女学園でプロデューサーと学生さんたちとのティーチンがありました。
偏差値の高い大学だけあって、質問の内容が充実していましたわ。

「普通の映画の売り方」
「竹内さんが死ぬ映画は当たる?」
「娯楽が増えて映画館は大丈夫?」
「ラストの展開に疑問?」等々・・
市川Pと私もタジタジになるような質問もあった。
記者の質問と違って視点が違うので受ける側も面白かった。

それにしてもエリカ様・・・
あたしの、取材も撃沈でした。

それは9月の半ばの某ホテルにて・・

噂に聞いていましたが・・・
にこりともしない、媚びない、気に入らない質問には「いいえ」しか答えない。抽象的な質問は答えない。参りました。

取材部屋に入るなり、ものすごい威圧感。よろしくお願いしますといっても反応なし。
椅子に座るなり足を組み、自分の前に姿見を置いて、自分チェックをしながらインタビューに答える女優は初。

私の映画の感想にたいして、うなずきもなく、瞬きもしないでものすごい眼力でガンとばし。

それだけでビビリまくり。

21歳の女優のオーラで私の頭はなにもかも真っ白けでした。

監督がかなりフォローをしてくれたけど、思うようなインタビューは出来ず・・・
情けない。何年やってんだ。

監督のいうように昔の女優のようだ。「私は女優」下手な質問は受け付けないわよ。
そんな姿勢に、自分の力不足に落ち込んだ。オーラに負けず、もっと質問をぶつけるべきだったのでは?

いつも自分のペースでノリで笑わせて
それで満足していた。本来女優に聞くことを間違っていたのかも。

取材で役どころとまったく違う顔を見せるのは本物の女優なのかもしれません。

たまには、ガツンとされなきゃ、成長しない。
そんな意味で、ありがとうS 尻さん。
しかし、
彼女この後どうなってしまうのだろう・・・

とまぁ
悪夢の日を思い出してみました。

http://www.closed-note.com/index.html

 

映画は素晴らしいですよ。是非。

Banner_04

織田裕二様
椿大神社へヒット祈願!&コンサート安全祈願

Banner_04_3

行ってきました。椿大神社。
一般のお客様200名を引き連れ、報道陣も東名阪からワンサカ。
といってもほとんど中部チームで知り合いでしたけど(笑)

一般客に「椿三十郎」を見せて
その後、織田様と参拝。

織田様がくることはお客様には内緒ということなので、
朝っぱらから集合して、織田様の舞台挨拶の部分を念入りにリハーサル。

織田さんは、後方からなにげに入ってくるのがいい。
いやいや、きちんと呼び込んだ方がいい
それでは、お客にばれるから、やはり後方のドアからはいろう・・

イベントを仕切るみなさんたちのアツイバトルが繰り広げられた。

そして、一般客にばれないように、つまりサプライズ
ということなので
「織田裕二」という言葉は開場まで禁止令が。
なので私は、「青島」と言うことにしたけど、
これって、バレバレだったかも。

織田さんは、難しい人と言われているようですけど、
彼は、全部把握したい人なんです。

本番3分前に、織田さんとの打ち合わせで舞台挨拶の内容が少しかわったけど、
でも、わたしゃ、それでいいと思う。
織田さんに会ってうれしいのはお客さん。
その喜ばせ方を知っているのはご本人だからね。

「時間がないので3分でお願いします・・」
織田さんは「それじゃ、お客さんに唐突すぎる。だったら・・こうしよう!」と私に演出をつけてきました。でもいやな言い方じゃないですよん。

椿神社の参道を歩く姿が爽やかだったわ。Img_3566

陸上の話とかさ〜
恋愛話とかさ〜色々聞きたい気持ちをおさえて
無事終了!
椿神社は、とてもいい気が流れています。
ぜひ、一度行ってみてください。
恋みくじ・・がオススメ。
椿のチャームがついているよ。

Banner_04_4

ふ〜
怒濤の9月が終わった。

今日は「サウスバウンズ」
T川さんと森田監督のインタビューでした。Img_3544

監督とは、「間宮兄弟」ですっかり信頼していただけてます。
だからこそよけいに、何度も映画を見直し、入念に各シーンをチェック。 
今日も顔をみるなり、「おお、松岡さん!久しぶり会えて良かったよ」と声をかけてくださった。
地道に真面目に続けていてよかったと思う瞬間です(感涙)

「サウスバウンズ」は
国家に飼い慣らされていることを断固拒否する型破りな元過激派のオヤジとその一家を描いた作品。家族のズレ、時代のズレ、国家と国民のズレ、この映画は世の中の「ズレ」をおもしろ可笑しく映画いています。
森田監督の笑いは「間合い」が心地よいのです。
この独特のテンポはどうやって生まれるのでしょうか。

森田監督の新聞用の単独取材の前に、T川さんと子役の松本りなちゃんのTV 取材。部屋にinするなり「ちょっといい?」担当者に呼ばれる。

あのさ、昨日の地方取材でアホな質問が多くて、お二人とも呆れているんだよね。今日もまだ引きずっていて、T川さんちょっとご機嫌ナナメなんですよぉ・・・・・・

ま、またかぁ〜〜〜!!
S尻さんの事が蘇る私。

しかし、ここで何とかしていい質問をし、自分にも自信を付けなければ!と身を引き締めたわけです。
いい質問というのを改めて考えた。
俳優がきいて欲しいのは何か。

はへ〜緊張の15分。
まぁ、雑談にもっていけたので、大丈夫でしょ。
T川さんもよく話してくれたしね。
というか、回りが気にするほど彼はむつかしくないですから〜

その後の森田監督の取材はリラックスしてできました。
前半はほとんど、私の感想を監督に聞いてもらったようでしたが(汗)Img_3545

取材した記事は、まもなく中日新聞広告ページにのりますのでごらんくださいませ

Banner_04_2

某百貨店のセンスアップ講習会で
「初心者でも編めるかぎ針コサージュ」の講師をしました。

なぜに私が・・・講師に?!

今年の冬。
かぎ針編みに凝りまして、ストール、ショールに帽子にバッグ、手袋、靴下、ベビー服・・・狂ったように作りました。
そんなに作ってもどこにいつ付けていくのだろう、着ていくのだろうというくらい作りまして・・・

ある日、着物に手作りショールを羽織っていったら、某百貨店販促の方に見初められ?!(実はジャンボ針でザクザク飾り編みで
3時間ほどでつくれる超簡単なものです)講習会をする運びになったのです。
センスアップ講習会は、今までメイク、ネイル、ワイン、俳句、等々もちろん本物の講師のみなさんがおしえていたわけで、
私のような趣味でやっているものにつとまるのか心配だった。

よって優秀なアシスタントさんにお願いしまして
なんとか形になりましたわ。

先着30名。その日は29名いらっしゃいました。
なんという歩留まりのいいこと。
講習料500円でおみやげはボーグの手編みの本と毛糸3玉、コサージュキット、かぎ針と太っ腹。

29名中半分はくさり編みも初めてな初心者。
もちろん針の持ち方もわかりません。
そのまた半分は1,2回経験者。
そのまた半分は編み図が読めません。
そのまた半分つまり3名〜4名がまともに編める方でした。

持ち方から教えたかったのですが、1時間で完成しないといけないので最初からアップ気味。焦った。
当然、30分後に差が出てしまいますよね〜

それからは、もうマイクなど使ってられません、とにかく手分けして3人であちこち回って根気よく教え、
結局2時間かかっちゃったけど[なんとかみなさん完成してよかった!
出来あがったとき、特に初心者の方は感動していた。

誰も挫折しなかったというのがスゴイ。私だったら、もうなげちゃっただろうね。

あ〜〜〜でも、慣れないことをしたのでかなり疲れた。
先生と呼ばれることもこそばゆくて・・・

フナユミさん、Julietさん本当にありがとうね。
Img_3550

しかし、サンプル用に作ったコサージュが30個もある。いろんな人にあげたけど、どうしよう・・
一度に3個以上付けるとおばかさんみたいだもんな・・

色々考えた末、コレを再利用することにした。
12月のクリエーターズマーケットに出品しよっと。
へへへ。またコサージュ作りにはげむ事にしよう。

久しぶりのブログ。この2週間忙しくてブログを書く余裕がなかった・・・

9月1,2日は栄シネウォークという映像イベント。
ゲストは堤幸彦監督。このイベントについては、色々問題も多かったのでコメントは控えよっと。
来年は、どうなるのかな。いい映画祭になってほしい。

9月3日。夜シャンこと「夜の上海」本木雅弘さんとの舞台挨拶&「エディット・ピアフ」Photo_11のイメージアルバムをリリースしたクミコさんの取材。
映画ピアフの宣伝隊長クミコさん。シャンソン歌手ってツンツンしているかと思ったら、彼女はとても気さく。いや、気さくというよりトークはツボをしっかり押さえたオチありのお笑い系。観客を楽しませ、満足していただく。この姿勢は
きっと長い下積み時代に培ったものでしょう。
彼女との出会いは、シャンソンへの入り口となった。
9月14日はクミコミニライブ付き試写会で再会しました。
これまた、ノリノリトークで会場大爆笑。お笑いライブじゃないんだから〜
それにしてもクミコさんの歌は、素晴らしい。
シャンソンは人生経験の積み重ねが歌に反映するという。「水に流して」という歌は、50代になってから「水に流す」という意味がようやくわかったそうです。
わたしゃ、まだ水に流すなんてことできないなぁ。

夜はもっくんこと本木雅弘さんとの舞台挨拶でした。
映画は「夜の上海」です。20070607001fl00001viewrsz150x

シブガキ隊。
本木雅弘がシブガキ隊ということを23歳の劇場スタッフはしりませんでした。
え〜少年隊じゃないんですか。と。
すしくいねぇ!、ナイナイナイ♪
いろんな歌をカラオケで歌わせていただきました。

もっくんももう40過ぎかぁ・・
それでも目はキラキラ。まだまだ美しいがすこし女性ぽい。

私は新人の時に、三池監督の中国の鳥人、シコふんじゃった。
で二回おあいしてますが、そんときは、もう、ファンがすごかった!あたしもカチコチ。
ディスコでで舞台挨拶。おもろい時代でしたね。

*モレラ岐阜にて。

こんにちわ♪
(首を横ペコっと)
ボクって岐阜は何年ぶり?知ってる人〜?
(ファンサービス?)

わし:この映画をみると上海にいきたくなりますね。

そう?
この映画
ボクは気に入ってない。

わし:おおっ、いきなり自虐ですか。・・

ラブストーリーじゃないのにラブストーリーってへんでしょ?
・・・だってさ、あのシーンて、おかしくない?
ボクが急にでてきて・・・

焦るわし:ギャ!それ以上いうとネタバレです!

いいよ、いいよ、でね・・・
(続く・・)

いやぁ、面白い舞台挨拶でした。
ネガティブなお答えばかりだけど、それはそれで新鮮かつ、素直で好感度大。
youは本音をいいすぎだよ!とJさんに怒られ辞めたのだろうか。

笑いも交え、お客さんにもたまに声をかけ。。このへんはアイドル時代に培ったものでしょうね。

マイクを両手でもつんだぁ・・

一曲歌って欲しかったけど、そんなことをふる勇気はなかった。

夜の上海は9月22日から。
上海のハイウェイの使い方が印象的。とても幻想的でロマンチックなムードが漂います。
共演のヴィッキー・チャンは可愛い!それと通訳役のサム・リーがいい味出しています。サム・リーはまったく役作りの準備をしていなかったそうですが、
それがめちゃくちゃ日本語が下手な日本語通訳という役にぴったりだった。

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
暴露!?
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
酉年になりました
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

横山 聡
BLOG
久しぶりにログインして...
Posted by Satoshi Yokoyama

青木 エミ
BLOG
TO DO LIST
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
せんださんといっしょ
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
鳥羽グランドホテルへ
Posted by Ai Taguchi

2007年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30