Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


宮下あきら原作の魁男塾が実写化。http://www.otokojuku-the-movie.com/
第三世代のアクションスター 坂口拓が初監督。

世界中からアクション俳優として注目されている、主役の剣桃太郎役・監督・脚本・アクション監督の坂口拓、
富樫源次役の照英、極小路秀麻呂役の尾上寛之さんが109名古屋にやってきた。
押忍!

私は学ラン姿で司会に挑む。
学ランだと割引になるのです。だからって好んで着なくてもいいのに・・
プロデューサーの日下部さんもノリノリの方で、ボタンをはずしたほうがいいとか、
こうしたらいいとか、真面目に私のスタイリングを考えてくださいました。
いやはや、
年賀状用に購入した、学ランがこんなところで役に立つとはびっくりじゃ。
ちなみにヤフオクで3000円で落とした新品学ランです。

それにしてもみなさんとてもいい人だったな〜
舞台挨拶〜シネマクルーズの取材とずっとハイテンション。

秀麻呂役の尾上君は「パッチギ!」以来の大ファン。彼は今後の日本映画を担っていくすばらしい役者さん。とにかく演技がウマイ。
いつもリーゼントのイメージが強かったので、ロングヘアの一つ結びは別人のようだった。かわゆい!Cast04_r2_c5

そして
34歳で高校生役を演じた照英さんは、私好みの暑苦しい顔。
映画の中でも男塾名物「油風呂」を見事に演じきっている。
ふんどし姿が目に焼き付いてしまった・・声がよく通るので照英が話すと会場が引き締まるんです。

監督はアクション監督らしくなく?!、女性的だった。
やさしく、気配りさん。時に真面目な発言をするのですが、それがなんともピントはずれで、照英さんにいつもつっこまれていました。
魁!男塾はあきれるほど直球に男気を描いている映画。
CGを使っていないんだよ。マトリックスを生で演じているアクションシーンは必見。

夜は、おしとやかに歌舞伎鑑賞。
お着物をきて御園座へ。
京鹿の子むすめ道成寺を観てきました。

あわただしい一日でした。
明日は「歓喜の歌」松岡監督に再会できる!!

今年のアカデミー賞ノミネートが発表されましたねhttp://cinematoday.jp/page/N0012598

最多8部門でノミネートされたのは、コーエン兄弟が監督を務めた『ノーカント
リー』とポール・トーマス・アンダーソン監督の『ゼア・ウィルビー・ブラッド』。

この二本はまだ鑑賞していないけど、「ノーカントリー」は昨年末からほとんどの賞レースで勝利を収めているので期待しています。『ゼア・ウィルビー・ブラッド」は監督賞と主演男優賞にダニエル・デイ=ルイスがノミネート。ダニエルって、とても作品を選ぶので彼の出演作なら安心・・とはいえ、監督が「マグノリア」のポール・トーマスとなると、複雑なストーリー、多くのキャストに、目がくわんぐわん回ってしまう、長回しがお得意な人。ちょっとにがてなんですよねぇ〜

私のHoney ジョージ・クルーニがまたしても主演にノミネート!

T0005817
ウフo(*^▽^*)oカッコイイ!

ド派手な映画に出演してもよし、演技をしっかりみせるもよし。

アカデミー賞は監督や俳優から選ばれるから「みんなの兄貴」は有利だろうな。後輩思いだし、ブラピはジョージを崇拝しているね。こちらも早く観たいわ。

ジョージ演じるマイケル・クライトンは、N.Y.最大の法人向け法律事務
所に勤務するエリートスタッフ。しかし、彼は弁護士ではないのです。彼は隠された罪の“もみ消し人”。もみ消し人かぁ・・日本にもたくさんいるだろうね。物語も面白そう。

潜水服は蝶の夢を見るも堂々のノミネート。監督賞と撮影賞。
わたしとしては主演もあげたいなぁ。080107_sensuifuku_chou_main

作品賞ノミネートで気になったのがJUNO。
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20080112-00000100-san-ent

米国のありふれた町を舞台に、皮肉屋でサブカルチャー好きな、16歳の女子高生が妊娠し、出産するまでを描いた映画で、すでにサントラは、ビルボードで第3位を獲得

監督は、『サンキュー・スモーキング』のジェイソン・ライトマン。主演は、『ハードキャンディ』のエレン・ペイジ。エレンちゃんは主演女優にもノミネートされています。Juno11

ロック好きも注目!

サントラには、Sonic Youthがカバーしたカーペンターズの「SUPERSTAR」や、KINKSの「A WELL RESPECTED
MAN」、BELLE & SEBASTIANの「PIAZZA,NEW YORK CATCHER」、Mott The
Hoopleの「All the Young Dudes」などロック好きには、たまらない楽曲を収録している。

作品賞にJUNOやフィクサー、ノーカントリーなどインディペンデントな映画が絡んでいるのはとても嬉しいことです。メジャーが面白くない、ダメではなく映画の内容そのものが評価することが大事なのだ。

作品賞

『つぐない』
『JUNO/ジュノ』
『フィクサー』
『ノーカントリー』
『ゼア・ウィルビー・ブラッド』

主演男優賞
ジョージ・クルーニー『フィクサー』
ダニエル・デイ=ルイス『ゼア・ウィルビー・ブラッド』
ジョニー・デップ『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
トミー・リー・ジョーンズ『告発のとき』
ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』

主演女優賞
ケイト・ブランシェット『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
ジュリー・クリスティ『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』
マリオン・コティヤール『 エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』
ローラ・リニー『ザ・サベージ』
エレン・ペイジ『JUNO/ジュノ』

助演男優賞
ケイシー・アフレック『ジェシー・ジェームズの暗殺』
ハビエル・バルデム『ノーカントリー』
フィリップ・シーモア・ホフマン『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
トム・ウィルキンソン『フィクサー』
ハル・ホルブルック『イントゥ・ザ・ワイルド』(原題)

助演女優賞
ケイト・ブランシェット『アイム・ノット・ゼア』
ルビー・ディー『アメリカン・ギャングスター』
シアーシャ・ローナン『つぐない』
エイミー・ライアン『ゴン・ベイビー・ゴン』(原題)
ティルダ・スウィントン『フィクサー』

長編アニメ賞
『ベルセポリス』
『レミーのおいしいレストラン』
『サーフズ・アップ』

監督賞
ジュリアン・シュナーベル『潜水服は蝶の夢を見る』
ジェイソン・ライトマン『JUNO/ジュノ』
トニー・ギルロイ『フィクサー』
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン『ノーカントリー』
ポール・トーマス・アンダーソン『ゼア・ウィルビー・ブラッド』

外国語映画賞
『ボーフォート −レバノンからの撤退−』イスラエル
『ヒトラーの贋札』オーストリア
『KATYN』ポーランド
『MONGOL』カザフスタン
『12』ロシア

昨年、ちょっと心がが弱っていたとき気功に通っていたんです。

その先生が、

あなたはつねに黄色い薔薇を持っていなさいといわれました。

黄色い薔薇は、陽の気を発散し、情緒の安定をはかってくれたり枯れた気を補ってくれる効果があるそうです。気弱になっているときは、黄色い薔薇があなたを助けてくれるよ。といわれ、フラワーセラピーが気になっていたのです。

そしたらユミママが教えてくれたのがフラワーハートセラピー。

今日はでんでろさんを誘ってお試しに行ってきました。

色彩心理テストなどいろんな説明を受けた後

フラワーアレンジメントをやりました。

これが型にはまらずとにかく、思うがままに活けてくださいといわれ、

たくさんの花の中から選びできあがったのがこちらのアレンジ。20080116114234

どうやら私は元気になったようで、黄色は一本しかえらんでいません。

それよりもセンニチコウや赤い花を低めに使っています。

これは、活力とエネルギーがあふれているとのこと。

それに強い願望があるらしい。自己主張もつよいんだって。

言いたいことが言えずに悔やんでしまう人は、赤い花を飾るのがいいそうですよ。ちなみに赤い色は血行をよくするので気分が乗らないときや冷え性にも心理的効果があるんだって。

そして青をたくさんつかっているのは、テキパキ仕事を処理したい気持ちが強いそうです。(笑)

両側の薄いブルー紫の花は「ブルーレースフラワー」といって自分を抑える花。つまり自己主張がつよい反面、でしゃばらないように自分で抑えているらしい(笑)あたってるな。

びょ〜んとかわいい緑のモコモコした花は、

名前は忘れましたけど、同じような花に「スプレーマム」(ヨーコ・オノ)というのがあります。それは、イライラを抑えてくれるそう。目の疲れを取ってくれるんだって。鎮静効果と安らぎがバツグンだそうです。

とまぁ、フラワーセラピーはかなり興味を持ったので

スクールに通うことにしました。映画とのコラボも出来るので役に立ちそう。

ちなみにこちらは昨日の華道のお稽古。20080115134234

こちらはほとんど先生が活けました。ハハハ

お花を触っていると優しい気持ちになれますね。

「ELLE」といえば、二十数カ国で各国語版がでている人気雑誌。ファッション界にも強い影響力がありますね。パリコレなどは
ELLEの編集長があらわれないとどれだけ時間がおしていてもファッションショーが始まらないとか。最前列の特別席に編集長が席に着くとショーがはじまる。

そんな華やかな世界を飛び回っていた、本家本元パリのELLE元編集長。働き盛りの43歳ジャン=ドミニク=ボービーはある日突然、脳梗塞で倒れてしまう。昏睡状態に陥り、20日間生死を彷徨った後、こちらの世界に戻ってくるのですが、
左目以外は動かなくなってしまったのです。
意識や知力はそのままなのに身体の不自由をすべて奪われてしまった。
症状は「ロットト・インシンドローム」。

自分から意思を伝えることも出来ない。
テレビがみたい、本が読みたい、家族や友達に何かをつたえたい・・でも何もできないの。
このもどかしさ・・いっそ死んでしまいたいと思うだろう、でも死ぬことも出来ない。
私だったら精神的に病んでしまうにちがいない。

ジャンはちがった。もちろん彼も死にたいとおもったのですが、
彼の心を、言語療法士のアンリエットが救ってくれた。
E,S,A,R,I,N,T・・使用頻度に基づいてアルファベッドを読み上げてもらって、瞬きで合図をしていくというコミュニケーションをとる方法を考えたのです。

彼は未来に向かっていく。
それから編集者であるクロードと一緒に、まばたきで自伝を綴りはじめます。

そのまばたきの回数は、二十万回以上。
まばたきだけで執筆ができるなんてすごいよね。

感動したのは、周りの人たちの優しさだ。
20万回の瞬きという気の遠くなるような作業を毎日おこなっていたクロードの忍耐力にもおどろく。

これはジャン=ドミニクの人柄なんでしょうね。

ファッションの先端にいたというこで、患者とはおもえない粋な着こなし。
上質なカシミアセーターにアスコットタイ、ストライプのドレスシャツなど、
誰かが用意したのだろう。この気遣いもジャンに生きる希望を与えた一つだとおもう。

映像が面白い。前半はジョン=ドミニクが左目にうつるものがスクリーンに映し出されるという手法だ。様々な趣向を凝らしたジャンの主観ショットは興味ぶかい。
たまに、映像がぼけることもあるのでおどろいたのですが、
たしかに瞬きをしたあと少し、ぼやけることもある。だから
観る物は自然に彼の中に取り込まれていくのです。

体は潜水服を着ているように自由はきかなくても、蝶のようにはばたく記憶力と想像力で綴った自伝。本が出版されてすぐに肺炎にかかり亡くなってしまいました。

ジャン=ドミニクは体が動かなくなった代わりに生きることに目覚めていくのです。
生きると言うことが胸に響いた感動作。
受賞式はなかったけど、ゴールデングローブ賞の監督賞に輝いた。
納得の受賞だ。080107_sensuifuku_chou_main

やはりお正月第二弾は秀作ぞろいですな。

ドキュメンタリー史上最大のスケールと臨場感で贈る、壮大なる映像プロジェクト「アース」。主演は46億歳、地球。

 本作は、神秘と美しさにあふれる生命の星“地球”のまだ目にしたことのないダイナミックな光景、初めて出会う生き物たちのスペクタクルに遭遇することができる究極のノンフィクション作品。

 大ヒット海洋ドキュメンタリー「ディープ・ブルー」のスタッフが制作に5年、撮影日数のべ4500日、撮影場所全世界200ヶ所以上かけ‘地球の瞬間(いま)’を捉えました。
 氷の地から熱帯の森、深海におよぶ壮大な旅路を案内するのは、北極クマ、アフリカ象、ザトウクジラの親子たち。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラにのせて彼らの旅の途中で出会う奇跡的な瞬間と命のドラマは、我々に計り知れない感動と驚きを与えてくれるのです。
 大自然の奇跡に圧倒され、厳しき弱肉強食の掟に驚き、愛らしい動物たちの仕草には思わず笑い、ありのままの地球を思いっきり楽しむことができます。

 スーパースローモーション撮影によるホオジロザメやチーターの狩りの瞬間に釘付け。約4秒のあっという間の出来事を5分間の映像に解析して見ることが出来るので、狩りの真実がよくわかります。サメがアザラシを捕らえた瞬間は「ジョーズ」の音楽が頭の中で流れていました。スゴイ迫力ですが、CGはもちろんワンカットもありません!!100_fav03

 また、この映像の中で、今後見ることの出来ない映像も数多く含まれているそうです。そうです、ご存じの通り地球温暖化ため地球は変化が起きているのです。ただし、今地球に起こっている環境の変化を声高に伝える映画ではありません。とにかくみなさんに「ありのままの地球」を感じていただきたいというのが製作者の思いが伝わってきます。

15歳までのこどもさんは500円で鑑賞できるんですよ!

配給会社太っ腹だね。

ai県マガジンの紹介ぺーじです。鑑賞券のご応募お待ちしております。
http://www.merumaga.pref.aichi.jp/mag/20080111/favorite.html

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
暴露!?
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

2008年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031