Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


昨日の二本だては見応えのある作品でした。
二本とも2時間半越え!

お尻が痛くなってしまいました。

「12人の恐れる男」
ロシアの巨匠 ニキータ・ミハルコフ(未だにうまく発音できない)監督の最新作はアメリカ映画の名作で法廷密室劇の金字塔といわれる「12人の恐れる男」のリメイク。継父殺しの容疑がかけられたチェチェン人の少年の裁判は最初は、有罪の色が濃かったのですが、1人の陪審員が疑問を投げかけたことから、無罪の可能性が強まり審議の場は二転三転していきます。
それぞれの人間描写がすばらしく、物語が進むにつれてそれぞれ12人の生活、偏見、予見などが浮き彫りになっていきます。
陪審員たちの議論の最中に、フラッシュのように織り込まれる少年が経験した戦場シーンが切ない。ラストは思わぬ展開で、心がほっこり温まった。
陪審員役の1人として出演している監督はなんともオイシイ役どころ。

日本でもまもなく導入される陪審員制度。もし選ばれたら
自分ならどのおっさんになるだろう、他人の意見に流されやしないかなぁ
まっとうな意見が言えるだろうか。と陪審員の責任の重さを感じた作品でした。160分。まったく長さを感じさせない映画です。

「ダークナイト」http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
「バットマンビギンズ」の続編。
前作にくらべるとかなりダークでシリアス。
スピーディーな展開とミステリアスな脚本のため、トイレもガマンして
2時間半見入った。
これはもう、漫画の世界ではないですね。
リアルな現代の物語ではなかろうか。
バットマンというより私のお目当ては、今年急死したヒース・レジャーの最後の演技を見たかったの。
理由もなく、欲もなく、ただ、退屈を紛らわす為に極悪非道な犯罪をおもちゃのように扱う卑劣な男ジョーカーを演じたヒース。
この役になりきるために神経をすり減らし、安定剤を飲み続け挑んだというのも頷けます。ほんとに素晴らしかった。素晴らしすぎて惜しい!という気持ちが一段と高まってしまった。もうこの姿が見ることが出来ないなんて哀しすぎる。
ヒースの勇姿をぜひ見て欲しい!

さて、今日は
「シャッター」と「ハムナプトラ」を鑑賞します。

ハムは来日キャンペーンの取材、ボイスキャスト 上地くんの名古屋キャンペーンの司会もします。ハムは楽しみな映画のひとつ。なにげにブレンダンのファンなのです。

本日は、銀座三越2階に明日オープンする ラデュレ銀座店のレセプションに行ってきました。
朝から美容院、着付けと大忙し。

さて、ラ
デュレといえば、「マカロン」です。
P1000279.JPG

マカロンタワー.jpg本日はこの、マカロンタワーから好きなだけとって食べてイイとのこと!!
ラデュレのマカロンは他店とは比べものにならないくらい美味しい。
うなぎの養殖と天然くらい違うかも。外がサクっとして中がとろけるような食感です。
マカロンアップ.jpg

内装もとても素敵。パリ、サンジェルマン・デ・プレのボナパルト通り店と同じエスプリだそうですよ。海外に旅行に行った気分。ルイ16世様式の小さな円卓に小型の長いすショフーズと呼ばれる座部の低い椅子が美しく並んでます。
都会の中に落ち着いた雰囲気のプライベートサロンとでもいいましょうか。
百貨店の中にいることを忘れさせてくれる高級感にうっとりです!
ひとみ.jpg

マカロンとスィーツの食べ過ぎでお腹が一杯。
今度食べられるのはいつの日だろう・・・
P1000513.jpg

先日、V6の長野くんとプチ映画談義。彼は映画が大好きだそうで最近観たのが「歩いても歩いても」「クライマーズハイ」だそうです。ナイスチョイス、映画好きらしい選択だわ。
秋のオススメを聞かれたので日本映画からは社会派「闇の子供たち」ハリウッドはヒーロー映画「インクレディブルハルク」そして近年みたハリウッド映画の中でダントツに面白かった「アイアンマン」をオススメ。
長野君はなんといってもウルトラマンティガですからねぇ、ヒーロー物は好きかと(笑)

全米のサマーシーズンナンバー1はインディでも、ナルニアでもありません。
ニューヒーロー「アイアンマン」の一人勝ち。http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/

アイアンマンの主人公は、巨大軍事企業の社長であり、天才発明家、スーパーセレブのトニー・スターク。彼はミュータントでも、突然変異体でもない普通の人間で、彼の武器は自らの手で開発し、アップグレードを重ねたパワードスーツを装着したときアイアンマンとして始動。その戦いぶりは迫力に溢れ、ステルス戦闘機とのチェイスを演じたり、敵メカとの死闘、スリリングな見せ場の連続に圧倒されっぱなし。
また、トニーは実際に自分が作り出した兵器で人が死ぬところを目の当たりにして、兵器開発を止める事を宣言するなど自身の過ちに気づく彼のドラマも注目。この『アイアンマン』の主人公トニー・スタークはどのアメコミのヒーローよりもわたしたちに一番近い「人」なのではないだろうか。
080504ironman.jpg

トニー・スタークを演じるのは薬物依存症からたちなおり見事復帰したロバート・ダウニー・Jr.。主人公と彼の個性が見事マッチし、『アイアンマン』は彼にしか演じる事が出来ないという境地まで達していると言っても過言ではありません。
ユニークで魅力的なアイアンマン。漫画のヒーローからほど遠い彼が演じることが勝因だと思うな。

 また、助演陣もすばらしく、『クラッシュ』のテレンス・ハワードがトニーの友人ローディを演じ、ユーモアのある台詞が印象的でダウニー・Jr.との素晴らしいコンビネーションを見る事が出来るよ。テレンスの品の良さが好き。それからそれからトニー・スタークの仕事のパートナー、オバディア・スターンをジェフ・ブリッジスが扮しています。つるつる頭なので誰かわからなかった。そして今回のヒロインでトニーの秘書ペッパーをグウィネス・パルトローが務めています。
なお、製作会社のマーベルスタジオでは、本作の驚異的大ヒットを受けてシリーズ化を決定し「アイアンマン2」(仮)の全米初日を2010年4月30日と発表。パワードスーツも改良に改良を重ねているので次回はもっとパワフルになるのだろうか。
きゃ!今から楽しみだわ〜

8月1日公開のインクレディブル・ハルクにアイアンマンことトニー・スタークカメオ出演しているのです。そして!アイアンマンでもエンドクレジットが終わった後、サプライズが!ええっっ〜〜!
マーベルコミックは2011年のヒーロー大集合映画に向けて、番宣しまくる気なんだな(^。^)

「アイアンマン」は、9月27日日本上陸。

月曜日 カンフーパンダ
火曜日 崖の上のポニョ
水曜日 おくりびと
金曜日 ハンコック

今週も試写会司会が続きます。
カンフーパンダはちびっ子だらけ。
悪役のタイランが怖くて外に出ちゃった子もいたみたい。
動物たちのキャラクターにあわせた動物拳がおもしろいよ。

ポニョは、な〜んとチーク&ケリーコラボ試写会。
見事に女子ばっかの試写会で緊張しました。
ポ〜ニョ ポ〜ニョ ポニョさかなの子。
またしても舞台上で歌ってしまいました。ウフ。

おくりびと

遺体を棺に納める納棺師という職業を知ってます?
一見、地味で触れがたいイメージの職業をテーマにしながらも、ユーモアを絶妙にちりばめて、愛すること生きることを紡ぎ出す異色の感動作。ひょんな事から納棺師になった主人公(本木雅弘)が様々な死に向き合うことでそこに息づく愛の姿を見つめていく。
エンドロールのもっくんの納棺技術はもはやイリュージョンの世界とも神業ともいえるF1000118.jpg
美の極致。その姿があまりにも美しくて瞬きするのも惜しいくらいに見入ってしまった。

我が家ではポニョと目玉オヤジが仲良く並んでいます。
ゲゲゲの鬼太郎はただ今ヒット中。さてポニョはどこまでヒットするのだろうか。
メタボおじさんたちが、お腹をみせながら「ポ〜ニョポ〜ニョ」と歌う姿を良く目にするんだよね。映画のテーマとは全く違った切り口でこんなに浸透するとは驚きです。
恐るべし宮崎アニメ。

ほぼ毎日通っている今池の喫茶店Wにアレアレ星人が現れました。

*Aさん、iPhone買いました?
(Aさんは新しもの好きの50オーバーおじさん)

アレか、かっとらんがや。

*どうして?

アレ、つかいがってがわるいらしいぞ。それに
毎月、アレ、ほらアレアレ・・通信費もたかいんだろう?

*パケ放題とかにすればいいんじゃないの?
ほーだけど、アレもうちにくいらしいし、
アレのマークもはいっとらんらんのだろ〜

*アレってなに?
アレだがや。アレ、マークだわ、アレのマーク!

*あ、アップルのマーク?
ちがうて、アレのマークがはいっとらんだろ。
*あ〜ソフトバンクのマークね・・

こんな調子で、アレアレ星人は延々とお話をしていましたが、
クイズじゃないんだからさ。

最近私もアレアレ星人予備軍なんだよね。俳優の名前をすぐ忘れてしまう。
気をつけなくちゃ。

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
暴露!?
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
酉年になりました
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

横山 聡
BLOG
久しぶりにログインして...
Posted by Satoshi Yokoyama

青木 エミ
BLOG
TO DO LIST
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
せんださんといっしょ
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
鳥羽グランドホテルへ
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

2008年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031