Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


ヤッター!大入り袋だ〜!
ハムナプトラ
闇の子供たち
そして本日、ウォンテッド。
P1000677.JPG
3本とも舞台挨拶の司会を担当した作品なので、嬉しいです。
いや〜大ヒットしてよかったよかった。

舞台挨拶をすると、お人柄に惚れてヨリ身近になりこの人のためなら宣伝しよーって気になって
あちこちで紹介したくなる。もちろんネタになるしね♪
最近は、テレビ局出資が多くなり、メジャー作品の司会が少なくなりましたが、それでも全体的には
10年前にくらべたら倍以上になった気がする。

名古屋には舞台挨拶や記者会見を仕事にする映画パーソナリティはいなかったので、
機会あれば東京に通ってこの道大ベテランの襟川クロさんの司会を見て必死におぼえた。
俳優のインタビューにいったはずなのに、クロさんの司会を録音して、そればっかり繰り返し聞いていたよw

10年たってなんとか一人前になり、15年・・・そして今に至ります。フリーだからね、一度失敗したら二度と仕事は依頼されません。
厳しい世界だけど、楽しくてしょうがないから続けられるのです。

あれれ、話がウォンテッドの銃弾のようにそれてしまいました。

大入り袋が毎週届くくらい
映画館に行く人が増えるといいな。

金曜日からの続き。

土曜日は朝9時に松竹本社で「釣りバカ日誌19」の取材。
スーさんハマちゃんは数年前に何度か舞台挨拶をさせていただきましたが、
最近は多忙で高齢なお二人に変わってゲスト出演者がキャンペーンをまわるのです。
今回は、マドンナ常盤貴子の婚約者役の山本太郎さん。

釣りバカ191.JPG

太郎くんは、大企業の御曹司。

太郎くんは、たしか20代で中学生の役を演じた「バトルロワイヤル」が印象的。
アツイ男の役がぴったりな俳優さんなので、今回の役は、とても珍しいです。
朝も早くからテンションアゲアゲで有り難うございました。

太郎君は、この日アーラ映画祭で14時から上映する金守珍監督の「夜を賭けて」の主演なのです。
劇中でライバル関係になる山田純大さんと監督のトークショー付き。
そのことを太郎君に伝えたところ、「夜を賭けて」は僕にとってのターニングポイントになった映画です、大切な一本ですよ。と少し語ってくれました。「夜を賭けて2」はやく作ってください!!」
このメッセージを監督に伝えるため大急ぎで
東京〜名古屋〜可児市の長い道のりを経てアーラ映画祭へ。移動時間4時間かかったよ・・。

でもなんだか不思議なんですけど、家に帰ったような気分でホッとしました。

監督とは「ガラスの使徒」のキャンペーン、山田純大さんとは「男たちの大和」舞台挨拶以来かな。
山田純大1.JPG
もう、純大さん格好良すぎます。
男の色気がますます増してステキになってたわ。

お父様から受け継いだ「流し目」は健在!
日焼けした肌も似合ってセクスィ。

一方相変わらず、よくしゃべり、よくわらい、楽しい監督。
話せば話すほど激しい経験をされているので
おもしろネタは次から次へと出てきますが、ヨルカケの話じゃなくて脱線ばかりなんですよね〜
本番はなんとか、脱線はしないようがんばりました。純大さんフォローありがとうです。

映画は、久しぶりに見たけどやっぱりすごいわ。エネルギーが溢れてます。
異業種の監督だからこそ、出来た演出技もいいね。
最後は効率よく街ひとつもやしちゃうんだもん。発想がおもしろい。
ヤンソンギルさんの小説はこのあとも続いているので、早く「夜を賭けて2」を作りたいと熱く語っていた監督でした。すでに構想はバッチリなようです。
純大さんは1で死んでしまうので2ではどのような形で出演になるのかしらねぇ(あ、ネタバレ・・)

さ、お知らせです。

11月末から柳美里さんの芥川賞受賞作品「向日葵の柩」が17年ぶりにアーラで再公演となります。
その演出を手がけるのが金守珍監督。
アーラで初演して、東京の新国立劇場にもっていくのです。
監督は一ヶ月、可児に住みそうですよ。
http://www.kpac.or.jp/event/detail_37.html

こちらも楽しみです。

ずっとプライベート飲みがなかったので、金曜日の飲み会は楽しみにしていましたの。
さらにガールズトークしながら朝まで語るの大好きなんですよねぇ〜
ガールズトークってわたし、何歳だ?!

突っ込まれそうですけど、女子はいつまでたってもSATCにも描かれているように
恋の話や、グルメにファッション、ゴシップネタがすきなのです。

打ち合わせが4本あり、ラジオに出演したあと、準備して名古屋を出たのは結局19:00・・・・
21:00に新宿の寄席「末広亭」の前にある「ぼでごん亭」で待ち合わせ。

そういえば、以前この近くのバルト9にいったとき、末広亭の前にTOKIOの国分太一君が撮影していました。たぶん、「しゃべれども・・」のパブリだと思うけど。

このぼでごん亭は、レトロなレストランパブ。http://r.gnavi.co.jp/g227500/
モダンレトロ空間と、あたたかな独特の雰囲気に包まれた1Fと2F。
そして屋根裏的な3Fはまさにノスタルジックプレイス。
料理は男の創作料理とでも呼ぶべきか、豪快な中にも温もりが感じられるような品々で
おつまみにこんなのあったらいいな〜と思うような料理ばかりなんですよ。

ワイン1本あけて、ほか何杯のんだかなぁ1人は泥酔してましたからねぇ・・
しこたま食べても1人3500円!
安いですね〜〜
この通りはスタンドバーとか、屋台風串やとか魅力的な飲み屋街なので、また行きたいな・・・
それはそうと。

泥酔状態のNは筋金入りのドラキチです。ぼでごん亭を出るときに、ボソッとS(男子)が中日の3位は難しいねぇ〜などと話を振るから
これから大騒ぎ。3位にはいらなきゃ死ぬー!って駅の改札手前で激しく叫び、落合が好きだもん!
と彼女のドラゴンズトークは15分ほど続いた。
ここはアウェイですからね・・

まぁ、なんとか電車に乗せたのですが、駅に着いてから家までなぜか迷子に。
うろうろしながら帰宅したのは1時過ぎ。
そこから3時までガールズトーク(笑)が続きました。

次の朝は7時に起きて、東銀座に9時集合。
睡眠時間は短かったけど、このプライベート飲みのおかげでスッキリ。
いやはや、心許せる友人との語らいは大切なことですね。

腰痛の原因がぎっくりじゃなかったことが午前中判明。

来週に、色々調べることにした。
でもたいしたことはないのでダイジョウブィッシュ!

あ・・・DAIGO語が移ってしまった。

そう、今日は
「WANTED」吹き替え版を担当したDAIGO☆の舞台挨拶だったのだ。

以前、ジャパンプレミアでもインタビューに成功したけど、今回はがっつりトークしたよ。

DAIGOさんは、ポップコーン片手に登場。
「それじゃ。。あのポーズやってもらえないな・・」と内心思いましたが、
ポップコーンネタが面白くってついつい突っ込んじゃった。

劇場でポップコーンを食べるタイミングのコツから話し始めあっいう間に会場内は
DAIGOさんのペースに巻き込まれ舞台挨拶はDAIGO語炸裂で盛り上がりました。

彼独特のゆったりリズムのしゃべりを壊さないように、いつもは早口の私も
まったりしゃべてみたらなんだか心地よかったな。

軽いトークのあと、名古屋のアンジェリーナ軍団、各局のアナウンサーから花束贈呈。
メッセージ終了後もなんだか名残惜しそうに、まだまだ話は続く・・・

なんだか、名残惜しそうですね?
と聞くと、
「ん〜いあや〜もう出し切っちゃいましたね」となんとも正直なお答え。

最後の最後まで笑わせてくれました。

帰るときも、スタッフ全員にきちんとご挨拶。ほんとに礼儀正しい方なんです。
やっぱりいいDNAなのね〜

一日に2回はアップしないと気が済まないというブログ↓興味ある方はど〜ぞ。

http://ameblo.jp/daigoblog/entry-10143654737.html

 実は今日はイケメンデーだったのだ。
午後一に「イエスタディズ」の塚本高史くんのインタビューもあったんです。
http://yesterdays-movie.com/
m99-0312-080118-1.jpg
ザ・役者魂の彼の熱い映画トークに感心した。
「監査法人」って、NHK名古屋制作ということでかなり長い間名古屋にインしていたんだって〜〜
知らなかったな。

唇がリップを塗っているかのように「ぶるるんと赤い」のです。
うっとり・・・。

夜は「三本木農業高校 馬術部」の1人舞台挨拶。

みなさん、感動してくれただろうか。イイ映画なんですよ。

さて、明日は・・
打ち合わせ3本立ての後、ラジオに出演してから東京へ。
新宿でなにたべよっかなぁ。
楽しみだわん。

ずっと腰が痛いんです。もう40日お休みとってないからかな。
ヨガもやってないし、ゆっくり腰をおろすなんて家でもないもんなぁ

もしかして、結石かなぁ、去年の今頃「ミッドナイトイーグル」の完成披露試写会前に
激痛が走り救急車ではこばれたっけ・・

いやだなぁ

とりあえず、痛みを抑えるために針にいってみた。

「あ〜、あと一歩でぎっくり腰になるところだったね」
と、先生。

ぎっくりですか。
それはびっくり。

今日は「ハロウィン」という映画をみて、あまりに残酷でのけぞってみたし、二本目のトロピック・サンダーていうベン・ステラー&ジャック・ブラックのオバカ映画もおもしろくてのけぞったからよけい、酷くなったのかも。
なんでも早めの治療がいいね。

あ、、、まだシクシクする。

あたためたほうがいいんだろうか。

どっちだ?

田口 あい
BLOG
金属の生命体 はじまり...
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
フラワーレッスン"初夏...
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
小さきものたち。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
金属の生命体
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
21_21
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
爽やかな6月
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

2008年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930