Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


昨日の厚生年金閉館記事が中日新聞に載ってました。

そのくだりに、試写会司会者が「閉館は残念ですが、映画のように明るく前向きに締めくくりましょう」と語った。と書いてありました。
どうせならby松岡ひとみとか入れて欲しかったわ★
な〜んてね(笑)

自分が司会をした時の言葉が、翌日の新聞に載ることはよくあります。
舞台挨拶の司会のコメントが一番多い。記事を読みながら、記者さん達の文章力に感心しながらも、もっと気の利いたことを言えば良かったとか、反省してます。

舞台挨拶時の俳優のコメントは、その場だけじゃなくて記事となって世に出ますからね、責任重大です。

さて、タイトルは今日の出来事。

本日は、明治村で毎年恒例 呉服座おわら踊り公演の司会をしたあと、大急ぎで着物から洋服に着替えゴールド劇場へ。
映画「イエスタデイズ」初日ということで
塚本高史さんと原田夏希さんの舞台挨拶をしてきました。
「イエスタディズ」のベースは父と息子の物語で、余命わずかな父親が、息子に最後のお願いをする。
32年前に別れた恋人を探して欲しいといわれますがいまさらそんなこと出来ないと最初は、いやがった息子。友人達に肩を押されしぶしぶやることに。
ある日父が昔描いたスケッチブックを開くと、32年前にタイムトリップ。
父と元恋人と友達関係になるという不思議な体験をしていくうちに、父の意外な事実や母の存在など
知ることに。http://www.yesterdays-movie.com/
 

身近な人のことって、よく知っているつもりでも実は知らないことがおおいんじゃないかな。
大切な人と話をしてますか?
聞いてもらってますか?

映画のもう一つのテーマは「決断」
人生には決断の時というのがある。父は死ぬ前に恋人を探して欲しいとこれも決断ですが
32年前に父は大きな決断をしたことを息子は知るのです。

私の場合、ステージ上では決断力が早いのに、私生活は常にお悩みモード。
どうしよ、どうしよばっかりですわ。

決断するというのは勇気がいること。
してしまったら、後悔しないことかな。

主演の塚本くんは、飾らない自分の言葉でコメントが言える人だった。役者魂溢れるひとですわ。
相変わらず唇プルルン。
原田夏希ちゃんは正統派美人なのに、きさく。

そうそう、映画のプロデューサーがすごいイケメン!!
名古屋の宣伝チームの女子との会話はそれでもちきりですわ。
ほんとまれにみる「ハンサム」だったのです。萌え〜
あの人だれ===!!
宣伝プロデューサーのつっきーはブログどおりのメンズ。なんだかいじりたくなってしまう、私の好きなMキャラ?!♪ほほっ。

あ、ハンサムいえば谷原章介&塚地さんの
「ハンサム★スーツ」も今日初日でしたね。明日は名古屋で谷原さんと塚地くんの舞台挨拶だよん!

それと一押し映画「ブタがいた教室」も初日!
ジョン・ウー様の「レッド・クリフ」も初日。すべてインタビューしたからなぁ
面白い作品ばかり重なっちゃったね。
自分が観客だったら、、まよぅ。。

ついに、きた。

28年間、名古屋の文化をささえてきた厚生年金会館が本日閉館となった。

閉館日にステージに立たせていただいたのはとてもうれしかった。

最後を飾ることが出来てほんとに光栄です。

中日新聞&東宝さん有り難うございます。

私がこの舞台に立ったのは確か15年前。

P1010049.JPG
いつも客席から見ていたあの大きな舞台に初めて立った日は足がガクガクして

マイクを持つ手は震えた。

1600人の視線が一気に自分に向くから仕方がない。

それから一ヶ月に一度か二度、13年間はかならず通った小屋でした。

とうぜん、スタッフの皆さんとも仲良くなり、プライベートでも遊びに行くことも。
P1010040.JPG

厚生年金スタッフ〜のみなさん!

映画の試写会は、舞台監督がいないので、管理の皆さんに出ハケはお任せなのだ。

だからよけいに、音響サンとはあうんの呼吸。

あ〜本日の司会は感慨ぶかかった。

映画は「ハッピーフライト」。

明るく楽しい映画でよかった。

「私は貝になりたい」だったら最後は死刑だもんなぁ。

P1010043.JPG

しかし、ほんともったいないですよ。音響照明をはじめ他の設備もしっかりしているし、ホスピタリティもバツグン。

1600人キャパの会館がなくなるなんて・・

勤労会館も閉館したらもう、コンサートや芝居なんて名古屋スルーだよ。

文化不毛の地になってしまう。

なんとかならないかな・・って往生際悪すぎだね。

試写会終わった後は、写真を撮る人が多かった。

「一緒に撮ってください」率もすごく高かった。

みなさんの記憶に厚生年金会館が残りますよーに。

青木 エミ
BLOG
土臭い
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
ひとつづつ
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
ドキドキ
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
向かいあうこと
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
こんにちは。
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

田口 あい
BLOG
高橋つばさ- overflow-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
creatures -3人展-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
大エルミタージュ美術館...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
金属の生命体 はじまり...
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
フラワーレッスン"初夏...
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
小さきものたち。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
金属の生命体
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
21_21
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
爽やかな6月
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

2008年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30