Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


最近、LAURAブロガーさんたちがたくさん書き始めたので、
まけるものかー(笑)と前以上にブログを意欲的に書く気になっている松岡です。

さて、ブログの女王の先駆者ジュリー・パウエルってご存じ?
物書きの夢を諦め、9・11の被害者電話相談の派遣社員だったジュリー。
突如ネット上にあらわれ有名になったのは2002年。
有名になったきっかけは、1950年代フツーの主婦からフランス料理をアメリカの家庭のキッチンへと広めた料理研究家の先駆け ジュリア・チャイルドの初出版本に載っている全524レシピを(フランス料理)を一年かけて作る、そしてその様子をブログに書くという大胆な冒険をはじめたことから人気を博し、2005年初のブログ本をだしました。
50年前と現代。ジュリアとジュリーは料理への情熱を自分で発見しそれを通じて人生を大きく変えたのです。

その映画化が「ジュリー&ジュリア」12・12公開。

監督は「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」のノーラ・エフロン。お得意の恋に仕事に悩む女性といえば、エフロンといわれるほど女性の気持ちをよく把握した脚本は世界中の女性を虜にしました。
今回は距離ではなく、時を超えたお話です。
全米ではエフロン作品ナンバーワン成績で大ヒットを記録しています。

「女性の仕事のありかた」「ブログ」「料理」「結婚生活」・・・映画に登場する数々のキーワードにわたしにはどれもリンクしちゃいました。

ジュリーがブログを書き始めたのは2000年。まだ一般にブログが滲透していない頃ですね。
ちなみに私が書き出したのは2004です。これでも早いほうといわれたなぁ

さて、何をしても長続きしないジュリーですが、ジュリアが料理研究家になるまでを
自分の料理ブログを通じてオーバーラップして書いていくというというのは、
自分の小さなキッチンが世界へと広がっていく、繋がっていくのです。
ブログが出版されるというのは
2002年の話だからこそ起こった「奇跡」だと思いますが、
ネット上で文章を書くことの喜びを伝える映画はいままであったかな?
電車男は2ちゃんねるだからちょっと違いますよね。

本作の魅力は、
ブログのはなしだけじゃなく、
妻が夢を叶えるには夫の協力が必要だってこと、
食べるのが好きだったフツーの主婦が有名な料理学校に通ったのがきっかけで
アメリカの食卓に革命をおこしたトゥルーストーリー、
もちろん登場するフランス料理の美味しそうなこと!
山ほど褒めることはありますが、
私が一番共感したのは、夫婦のありかた。
映画に登場する夫達は妻を全面的にバックアップ。ケンカもするけど忍耐強くサポートしてくれるのです。夫にこんな風になってほしい。無理強いしてもだめです。バランスが大事なんだな〜って改めてこの映画をみながら思いました。

ジュリアを演じるメリル・ストリープ
ジュリーを演じるのがエイミー・アダムス。
ふたりともすごくよかった。
とくにジュリアは甲高い声と不思議ちゃんだったとのことで、メリルはなんなくその役をキュートにえんじています。

大人気の演劇なので絶対見ることが出来ないと思っていた
ねずみ三銃士の「印獣」。昨日、いってきました名鉄ホール!

誘ってくれて有り難う!なんと4列目。演者の表情もしっかり見れました。

「印獣」についてちょっとご紹介。
【あらすじ】
とある森の中のお屋敷が舞台。そこに連れて来られたのは売れない3人の作家たち。なにやら秘密めいた女主人は、自分を大女優と呼ぶ。その女主人は3人の男たちに自分自身の一代記を執筆するように言い、地下に閉じ込め食事も満足に与えず、半ば監禁状態にするのだった。果たしてこの大女優の目的は?その真意はどこに?

生瀬勝久、池田成志、そして古田新太。誰が呼んだか・・・「ねずみの三銃士」。”今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!” と、演劇界のチームリーダー3人が結集しての第1回公演「鈍獣」は、2004年夏、PARCO劇場を皮切りに、全国7箇所で公演、各地ともチケット完売、大盛況。
浅野忠信主演で映画化もされましたよね・
そして、第1回公演から5年ぶりとなる今秋、「ねずみの三銃士」第2回目の舞台公演が「印獣」。
三田佳子をゲスト主役として”ねずみの三銃士”の3人はもちろん、共演に岡田義徳、若手お笑いトリオキャラメルクラッチのひとり上地春奈を迎えて、異種格闘技的な演技バトルが炸裂。
20091107_626521.jpg

印獣

うん、クドカンは舞台脚本のほうが断然いいね!
映画だと尻すぼみになり、テンションがもたないような気がするのはわたしだけでしょうか?

今や、旬というよりも、大御所になった宮藤官九郎の脚本
河原雅彦演出が素晴らしく、特に作品映像の使い方がよかったです!

生瀬勝久さんや古田新太さんなど、演劇界を代表する3人に加え今回は
大女優、三田佳子さんが、大女優役で出演つーことで、
最初はなんで三田佳子?とおもったのですが、
三田さんは、圧倒的な華があり、すごかったよ。
9歳の少女から戦隊レンジャーの悪者役でかぶり物したり・・あんなこともこんなこともさせちゃってましたが、大女優の芝居で、堂々と演じていました。
中途半端な女優じゃ無理ですね。

みなさんが思う、なんで三田佳子?という疑問を逆手に取った脚本がよかったのかも。生瀬さんや古田さん、池田さん3人の中でズレまくっているのが凄くよかったんです。ちょっと不思議な感じ。。
三田さんがどんどん、ズレていくことが、作品の本質を際立たせていくのです。見終わった後は三田さん以外考えられなかったもの。
猟奇的な題材を主にしたホラーコメディ「印獣」に相応しい
キャストだと思います。

客演の岡田義徳
お笑いの上地春奈

岡田さんは編集者の役で、3人の作家を屋敷に連れてきた役。
「何を考えているんだ」という不気味感が良かった。
女優のマネージャー役という上地さんのゴム毬のような動き・笑顔には大爆笑しました。
お笑いをやっているだけあって、舞台度胸があるというか、アドリブもうまく
思い切りの良さが見ていて気持ちかがよかった。
この役もテレビ女優さんたちではできない技です。

クリスマスイベントは映画「クリスマスキャロル点灯式」からはじまって
映画がらみで4回ほど司会をしましたがお呼ばれは、今回が初!

司会はあってもパーティにお呼ばれでいくのはあまりないので、
何を着ていこうか、ドレスコードの緑と赤はどうしようか、ヘアは?ととてもワクワクしますね。

MIDLAND SQUAREのクリスマスパーティは今年で二回目。
お洒落さんが沢山集まるので、気合いも入ります。

HolyNight Christmas Premium Party は25ansとのコラボ。ドレスコードの緑と赤は指先にさりげなくしてみました。ちょっとぼけちゃいましたね。

クリスマスネイル.jpg

お食事は、ミッドランドの人気店のフードやドリンクが少しづつ色々食べれるという仕組み。
カワイイ、チケットは手首にかけているだけでお洒落でしょ。
チケットをお持ち帰りしたいくらいです。
P1030549.jpg
ミスユニバースの森理世さんのトークショーはとてもイイお話でした。
よくトークショーの司会をするのでわかりますが、
あれだけ静かに聞きっているトークショーはないとおもうよ。
森さんは、司会者をみてはなすのではなく、ちゃんとお客様をみわたしながらお話をしていました。
みぎ、左、正面と繰り返し顔を動かして。
さすがミスユニバースですね。人を引き込む力がありました。

ミッドランドのショップのファッションショーのモデルちゃんは私の古巣、セントラルジャパンのメンバー。
すごく懐かしかった!
あ、あ、洋服も見てましたよ(笑)
よく仕事をしたメンバーばかりでおもわず、ショーの最中に手を振ってしまった。
ごめんね〜どうやらみんな気づいていたようです。

スィーツはあれこれ迷ったのですが、DEAN&DELUACAのイケメン君についつい気を取られてしまった。だんごより花な私です。へへ・。

P1030556.jpg

しまった!ピエール・マルコリーニのチョコツリーがかわいくて写真はとったものの、
チョコレートを食べるのを忘れた!!
P1030554.jpg
こちらは、オーベルジュド・リル・名古屋のギリシャ風野菜。
食べた人はミキティ。
P1030551.jpg
DEAN&DELUCAのディスプレイは食欲をそそりますね。
P1030550.jpg
吉兆のオードブル、鮨処 吉凰の本マグロとイカにぎりはお腹を満たしてくれました。

満足満足。

結局、花よりだんごですね☆

たまには自分のためにぐっとお洒落してパーティにでかけなくちゃ。

RIMG0010.JPG

よく、忙しそうね。たいへんね。といわれます。
ブログその日の仕事をアップするので忙しそうにみえますが、
いやいや、実際これがそうでもない。

あたふた落ち着きがないので忙しそうにみえるだけ。
それに忙しいほうが性にあってますから。動いていないと死んじゃう(笑)

独立してから一切営業などしたこともないのに、みなさんにお声をかけていただいているんですもの
なんとかして、全部受けたい!と思ってしまうのです。欲張りとかじゃなくて、
声をかけてくださったことがうれしくてね。それでシネマチーム松岡を作ったのです・
チームメイトさんたちは、よくやってくれる。みんな映画にも詳しくなって大助かりです。

映画の仕事をしたい。映画専門の司会者になりたい!とおもったのは15年前、まだレポーターとかやってたなぁ。オーデションもおちまくり(汗)

あるメジャー配給の宣伝ウーマンがイベントで声をかけてくれたのが映画の道へのはじまり。
そして時を同じくして
某テレビ局のイベント事業部の人が試写会の仕事で声をかけてくれた。

それからなんとかまわりだしたのは5年後でしたが、あの時のきっかけをムダにしなくてよかった。
試写室に通って、通って、映画イベントや飲み会は必ず顔を出して、東京に呼ばれもしないのに
会見にでて独学して。お金はおしみなく使った。
一つのことに夢中になるとはまっていくタイプなのですが、飽きるのも早い。でも
映画はほんとにハマったんですよ。もっと子供の頃からみておけばよかった。
人が大好きだから話を聞くのもおっくうじゃない。
どうして、なぜなに?少女だった私はインタビュアーに向いている、天職なんだと最近自分でも思うようになりました。

苦節とか必死にしがみついてというのはなかったけど、
マイペースでゆっくり進んでよかったと思います。

来年は3つの映画イベントプロジェクトからお声をかけていただいているので
司会やライターだけじゃなく、もうすこし仕事の幅が広がりそうです。

某百貨店のお知り合いの方も同じところに通っていたとは驚き!
金山のボディーデザインCKスタイルいいですよ。
通い出して早1年になろうとしています。

ダイエーの2階ってのが庶民的でしょ。
駐車代もいらないし、帰りに買い物もデキル・

先生はみな、整体師なので体のことをよく知っています。
だから、加圧をしながらもみほぐしたり、体が痛むとその原因もきちんとおしえてくれる。
値段も破格値。
1時間弱(暇だと以上)みっちりマンツーマンかつ、最後はマッサージ付き。

短い時間で筋肉、体力を鍛えたいつけたい人
セルフトレーニングが苦手。
根性のない人。
トレーニングをさぼり癖のある人

こんな人にお勧めです

疲れも軽くなるのと、なによりストレス発散になります・

今日はドS先生が休みだったので優しいS川先生。
たくさんもみほぐしてくれてありがとう。

さ、寝る前に腹筋腹筋。

田口 あい
BLOG
高橋つばさ- overflow-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
creatures -3人展-
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
大エルミタージュ美術館...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
金属の生命体 はじまり...
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
フラワーレッスン"初夏...
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
小さきものたち。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
金属の生命体
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
21_21
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
爽やかな6月
Posted by Emi Aoki

金 瑛実
BLOG
イランイランワークショ...
Posted by Yeongshil Kim

青木 エミ
BLOG
2017母の日受注のお知ら...
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
じわじわと...
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
天からの恵み。
Posted by Emi Aoki

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

2009年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930