Hitomi Matsuoka
HITOMI MATSUOKA
Cinema Personality

松岡 ひとみ(まつおか ひとみ) 12/06 Type B
OFFICE CINEMA REST代表。栄芸術映画祭プログラムディレクター。 映画パーソナリティとして、テレビとラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マス コミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など活躍中。 LAURAチャンネル松岡ひとみのシネマHit me!でもお馴染みです。 ジョージ・クルーニーに、ハグしてもらうのが、夢。
オフィシャルサイト シネマレスト


世界一危険な元スパイ軍団REDが復活しました。
ブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチらベテラン俳優共演による続編が登場ー!
今回はアンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、イ・ビョンホンが参加し、豪華なキャストも見所。
先日、REDリターンズの公開に先駆けて日本一有名なおばあちゃん、きんさんぎんさんのぎんさんの娘さんたちが

ぎんさんリターンズと題してピカデリーで映画の宣伝に一役かいました。image

映画にメインキャストの平均年齢は62歳、おばあちゃん達は92歳。
REDメンバーなんておこちちゃまなわけ。
image
三女、四女、五女のお三方は、それはそれはおげんきで。
お弁当ペロリ、デザートもたいらげ本番に挑みました。
楽屋で進行説明をする時も、
しっかり私の話を聞いてくれて、意味がわからないことは聞き直して納得してからお話しするなどプロ並です。

映画はよく見ますか?と聞くと「みーへん、戦前はよーみたわ」「チャツプリンが好きだわ、字を読まんでえーで」など
ネイティブな名古屋弁で話すおばあちゃんたち。

何を聞いても面白いのだけど天然ボケ?さんなのかな(笑)

かわいいの。

若いもんには負けん…というところはどこですか。
ときいたら三女の千多代(95歳)が「こないだオレオレ詐欺から電話があったで、説法したったがね、
ほしたら、悪かったとあやまってきたで。」
おばあちゃんに喝入れられた犯人は少しは反省したかな。

おばあちゃんたちの目線に合わせるため、私は地べたに座って司会。
地べたに座ってはこの職業に着いてから初めての経験です。。
image

楽しくて、元気なおばあちゃんたちにパワーをいただきました。

image

舞台演出家、小説家、俳優である前田司郎の初監督作品ジ・エキストリーム・スキヤキが公開になり

初日舞台挨拶がセンチュリーシネマで開催されました。

主役のお二人は東京二箇所を回っての名古屋入り。
image

見た後のお客様なら質疑応答にしよう。ということになり
本番2分前に進行が変わりまして。
実際に私もこの意見は毎度のことながら賛成なのです。
マスコミが入り宣伝することも大事なのですが、
ファンのみなさんのための舞台挨拶だから。

窪塚さん、新さんもみなさんの意見が聞きたくて、名古屋ネタはもういいじゃない?
ということでいきなりのティーチング。
自由なお二人だけどだれよりも作品のことを大事にしているんだなと思います。

窪塚さんが当てて、新さんがゆっくりと答え、そに答えに対してまたわかりやすく面白く突っ込む。このやりとり
作品の二人の関係にリンクしてる!
image
終わってから、窪塚さんがいろいろ合わせてくれてありがとうございました。と丁寧にご挨拶をしてくれた。

楽屋に入った瞬間から、いい空気を作ってくれたり
こちらそ助かりました。

愛される人って
なにか違いますね。

俳優さんや監督とはお仕事するたびに教わることばかり。

映画は大事件はないけれど
人生においてこんなこともあったなと後から振り返るような映画。

前田さんの舞台もこれから見て見たいです。

ジ・エキストリーム・スキヤキは23日からセンチュリーで公開中

愛知県人の山下敦弘監督が最新作「もとりあむタマ子」のキャンペーンで名古屋に。
いつもの緑の毛糸のキャップで口髭はかわらず、いつまでも学生さんな雰囲気です。
知多半島出身なので、第一回目の知多半島映画祭も来ていただきました。

今回は、音楽番組の企画から生まれた完全オリジナル映画。となると9年目になるかな。

向井康介脚本、主題歌星野源、主演前田敦子。
大学卒業して就職もせずグタグタ生活しているタマ子の一年をほぼお家の中だけ、父と二人のせいかつをえがいてます。
女子が誰にも見せれない普段のグダグダした姿を、素?!と思えるほど、自然体でアツちゃんが演じてます。
わたしも、家のなかの生活は誰にもみせれません。酷すぎる、、

11月23日ミリオン座にて公開ですimage

恋がはじまるまでのドキドキする恋愛物語を描かせたらこの人でしょ!
名古屋出身の熊澤尚人監督の最新作「ジンクス!!!」

本作はK−POPのトップアイドルT—ARAのヒョミン日本映画初主演映画でもあります。
完全オリジナル企画の本作は、新しいタイプのラブストーリーでメインキャスト3人が、劇中に引用される恋愛映画の名シーンとあわせて堪能できるというととても贅沢な物語。恋をしたときのはがゆい想い、恋が成就するまでのドキドキ感がたまりません。

今回は、東京での初日舞台挨拶の司会をしてきました。
登壇者は熊澤尚人監督、清水くるみさん、山﨑賢人さんのお三方。ジンクス

写真撮影では劇中にもでてくる映画のワンシーンを再現して撮影。
恋を成功させるためヒョミン演じるジホが賢人くん演じる雄介にロマンチックな愛の告白を練習させるというシーンで映画「君に読む物語」のワンシーンを物語の中で引用しています。
横断歩道で二人が寝そべるというシーン。1_large

スタッフによる手作り感満載の横断歩道に二人はビックリ。

くるみちゃんは、自身がやりたかったシーンだったそうで羨ましく思っていたみたい。

それがこの舞台挨拶で再現できたことを子供のようにはしゃいで喜んでました。6_large

 

 

絶賛公開中ジンクス!!!

韓国からやってきた留学生ジホは人なつっこくでお節介な女の子。寮の食堂で一人でポツンと食事をしている地味な楓を見つけて勝手にお友達宣言をし、次の日から楓の後を追っかけ、韓国式友情の証である女同士で手を繋ぐ。最初はジホをウザイと思っていた楓も彼女のペースに巻き込まれていきます。そして、楓が中学の時から好きだった雄介との仲をなんとか取り持とうと奮闘するジホ。実は雄介も楓が気になって仕方がない。ジホは韓国式の恋愛成就の方法をそれぞれに教え二人の恋を成功に導いていきます。告白は“ロマンチック”にと映画の名シーンを雄介に再現していくのですが、なぜか笑顔がなくなっていくジホ。実は彼女には辛い過去があったのです・・。
韓国の女の子って早口のせいか、ジホのまくし立てるようなカタコト日本語がとても可愛い!さらに韓国式恋愛成就方法は、文化の違いかサプライズなことばかりで笑っちゃいます。韓国ではカップルの記念日をとても大切にしていて、男子はとても大変そう(笑)。
劇中に引用される映画は「エターナルサンシャイン」「シザーハンズ」「君に読む物語」「ラブ・アクチュアリー」など恋愛映画の定番。観たことある人なら各作品の名シーンを思い浮かべることもできて二倍楽しめますよ。

image

14年ぶりの高畑勲監督の最新作 かぐや姫の物語

何と、8年もの歳月をかけて作られた本作。
妥協を許さない高畑勲監督をサポートしていたには若きプロデューサーの西村義明さん。
「この8年で白髪が増えちゃいました」と苦悩の時を振り返っていました。

劇中に流れる「わらべ唄」は監督が作詞作曲しています。
西村さん曰く、監督は世界中のわらべ唄をしっているわらべ唄博士だそう。
物語にピッタリのわらべ唄を監督自身が作られたら?と提案したところ2日間で出来上がり、初音ミクを使って加工もご自身でされたとか。「新しい技術を取り入れることに抵抗がなくすぐに使いこなす78歳!すごいですよ」と改めて監督の作品創りに対する情熱を語ってくださいました。
シーン毎に線のタッチが変わるのは新しい試みであり監督が長年やりたかったことだそう。
悲しみ、怒り、孤独感、それを線(アニメ)で表現しています。

また、別の取材では
かぐや姫の声を対する担当した朝倉あきさん、主題歌を歌う僧侶でシンガーソングライターの二階堂和美さん
にもインタビュー。
朝倉さんは、2年前の収録を振り返り、翁を演じた地井武男さんとの思い出を話してくださり
地井さんの元気な声がスクリーンで聞けるのがうれしいですとニコリ。
今回はプレスコ形式を採用しているので、絵コンテに声をあてて行くアフレコとちがって、
まだ絵がなく、台本を読みながら実際に演技をして、それを録画しアニメーターが絵を描いていく手法。
だからキャラクターが声を演じた俳優にソックリなのです。

この話を聞いて、納得!朝倉さんとかぐや姫が似ているのはそれだったんですね

なんだかかぐや姫にインタビューしたような不思議な気分でした。

11月23日祝日土曜日より公開
かぐや姫の物語。

大野 由加里
BLOG
ラクゴに萌える!?
Posted by Yukari Ohno

青木 エミ
BLOG
香り漂う。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
オーダーアート
Posted by Ai Taguchi

青木 エミ
BLOG
信じる力
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
今週は。
Posted by Emi Aoki

青木 エミ
BLOG
業務再開のお知らせ。
Posted by Emi Aoki

田口 あい
BLOG
楚里勇己 個展 はじま...
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

大野 由加里
BLOG
奇妙な誕生日
Posted by Yukari Ohno

田口 あい
BLOG
長久手のお宅
Posted by Ai Taguchi

田口 あい
BLOG
ART in PARK HOTEL TOKY...
Posted by Ai Taguchi

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
出演情報
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

青木 エミ
BLOG
ご挨拶。
Posted by Emi Aoki

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

大野 由加里
BLOG
暴露!?
Posted by Yukari Ohno

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

YU
BLOG
. . .
Posted by Yu Kawai

2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930