HIROYUKI OHMAE
Art Director & Bio wine bar Owner
大前 浩之(おおまえ ひろゆき) 1967/06/20 Type A
1998年にomae-design設立。有限会社オオマエデザイン代表取締役。2008年10月、同デザイン事務所内1階にビオワインにこだわった MAZENTAをOpen!

www.omae-design.com
mazenta.jp

TITLE  鮨プレイ

一見様お断り
デザイナーが気分で握る本格江戸前鮨?


DSC_73051.jpg
本まぐろ/煮切りを塗って

一番高かったネタだけあって美味しい。
醤油2、酒1、味醂1で作った煮切り醤油が江戸前を感じさせます。


DSC_7309.jpg
真鯛/塩昆布とすだちを搾って

1晩昆布〆した鯛はねっとり旨味が増しています。


DSC_7318.jpg
するめいか/柚子の皮とゲランド塩で

いかには柚子はちょっと強かった。
その他、すだちや煮切りオリーブオイルなどいろいろ試しました。
これは日本酒や白ワインが進みすぎてヤバいです。


DSC_7314.jpg
帆立/煮切りを塗って

イメージ通りの味。


DSC_7322.jpg
すだちとゲランド塩で
オリーブオイルと生醤油で

1尾150円と安いネタなのですが満足度は高いです。


DSC_7323.jpg
寒ブリ/煮切りを塗って

天然の寒ブリです。身はピンク色で締まりが良くて旨い。
今日一番かな。


DSC_7326.jpg
寒ブリ炙り/柚子とシチリア岩塩で

ちょっと炙って遊んでみました。
おいしいが、生のほうがよい。


DSC_7301.jpg
真蛸(握りの写真は撮り忘れました)/ツメで

大根と一緒に煮ることによりふっくら柔らかくなります。
スライスして握りました。大根はおつまみで。
もちろん旨い。


DSC_7327.jpg
玉子/くらかけ

江戸前の玉子はカステラくらい甘いのですが
通常レシピより砂糖を半分にしてみました。
これでも十分甘い。
くらかけにして少量のごはんをはさんでみました。

-------

今回は酢飯もいい感じに作ることができました。
甘い酢飯は好きではないので砂糖は少なめに切れのある酢飯を目指しました。
こだわるならネタに合わせて甘めと辛めと酢飯を使い分けてもおもしろいかも。

握り方もyoutube先生に習ってだいぶ上達しましたがまだまだ素人ですね。
次回は鯖、こはだ、車海老(おぼろ)、煮蛤、干瓢あたりで攻めてみたい。

もちろんデザインの仕事もちゃんとしているのでご安心を。












TITLE  Aventador



 

 かっこいい。 誰か買わないかな。

TITLE  Food styling

もう仕事納めの方も、
休日モードの方もいると思いますが、
オオマエデザイン&mazentaは30日〜4日までお休みいたします。
来年も変わらず宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------------------

IMG_0530.jpg

あるメーカーの主力定番商品のパッケージデザインを
トータルディレクションしました。
そのデザインに使う商品写真のスタイリング&フードコーディネイトも
オオマエデザイン&mazentaで請け負うことに。
実は撮影もウチで撮った写真でいいのでmazentaで撮ってと言われたのですが、
さすがに全国区のパッケージデザインのメインビジュアルを
ウチの「必殺夕暮れの自然光・逆光撮り」ではさすがにちょっと...。
メーカー企画部の方やスタッフ入れると10人超えるし
スペース的にも無理なのでプルミエさんで行いました。
盛り付け方はミリ単位。ピンセットなどで微調整。
雑誌などに比べてもかなり細かい作業です。
この出来映え一つで売上も変わってくるだけに慎重にならざるおえません。
撮影してその場でmacbookでデザインに落とし込み確認。
バランスが悪ければすぐに再撮・微調整。
11カットの撮影を11時から初めて19時に終了。
前回、他社さんは半分のカット数を夜中の2時までかかったというから
今回はなかなか優秀ですね。(←自画自賛)
もちろん、クライアントが写真の出来映えをとても喜んでくれたのが
一番うれしいかったです。








TITLE  江戸前鮨

名古屋グルメ界!?で超有名な方とご一緒に
名城線の終点一つ前の駅を下車して
その方のおすすめのお鮨屋さんに。

八寸から始まって、
帆立の磯辺焼き、河豚白子茶碗蒸し、穴子の洗い。
その後、握り12貫、赤出し、巻物、デザート。

IMG_0522.jpg

IMG_0527.jpg


IMG_0529.jpg

小ぶりの酢飯の中心が空洞になっており
口に入れた瞬間ハラハラとほぐれていきます。
名古屋の田舎風の大きな酢飯よりかなり小さいですが
これでも修業先の銀座久兵衛より大きくしているそうです。
江戸前ですから巻物以外醤油をつけて食べませんが
横に添えてある煮切り醤油の旨いこと。
こういった全てに仕事がなされているところが
刺身寿司と称される地方の握り寿司との差なんでしょうか?

アットホームで気さくな大将。
この料理の充実感と名古屋でもまだ珍しい本格江戸前。
銀座久兵衛クオリティのお鮨が食べられてなんと
驚きの5,250円。
破格です。
是非また行きます。








パリの屋台でも有名な「ファラフェル」
世界的にもファラフェルの洒落た店ができはじめ、
東京でもブレイクしつつあります。
もちろん名古屋には、そんな洒落たファラフェルを出す店もありませんので
渋谷松濤の外れにあるこの店へ。

IMG_0460.jpg

まさに野菜のブーケ。顔より大きいのです。
ヴィーガン対応の100%植物由来のお店なのですが
ボリュームたっぷりで満足できます。
事務所の近くにあったら週イチでも行けそう。
mazentaでも最近ヴィーガンの方の来店や、問い合わせもあります。
たぶんこれからはこういった店も増えるでしょうし
時代がそういう方向に向かっているのかもしれません。


IMG_0462.JPG

その後は恵比寿で行われている自然派ワインの祭典「FESTIVIN」へ。
会場は大盛況。人が多すぎてワインに酔うより人に酔う感じでした。
28のインポーターと、ションズイ、アヒルストア、ウグイス、ル・キャバレなど
その筋が好きな人にはたまらない飲食店のコラボ。
2部だけでも1,000人は入ってたんじゃないでしょうか。
東京のビオワイン人口の多さ&盛り上がりはすごいですね。
名古屋でやったら100人も集まるかな...。
と、思いながら帰ってきました。









  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14