HARUMI SAWADA
Editor & Writer
澤田 晴美(さわだ はるみ) 02/15 Type A
Odile代表。名古屋の女性誌で約12年間、主にファッションページを担当し、副編集長を務める。2002年に独立。現在は雑誌の編集・取材・ライティング、広告のディレクション、コピーライティングを手がけている。専門分野は、ファッション、ビューティ、シネマ。
【雑誌】
kelly/ami/25ans/ELLE/ELLE a table/marie clare/buaiso

中日新聞女性向けサイト:オピリーナ http://opi-rina.chunichi.co.jp/harumi/

TITLE  九龍の再開発エリア探訪

上海やマカオの急激な経済発展の陰に隠れていますが、
香港の変貌ぶりもすごいです。
中国返還前のノスタルジックなオリエンタルムードはどんどん消えているー。

いま開発が進められているのが、九龍エリア。
空港からエアポートエクスプレスで九龍駅で下車すれば、
香港一の高さを誇るICCビル(中にはザ・リッツ・カールトンがあり)や、
Wホテル、ショッピングモールのエレメンツがあります。

今後もしも、キャセイパシフィックでインドやアジアのリゾートへ飛ぶ場合、
香港でストップオーバーして、九龍で一日過ごすのもいいなと思いました。
空港から30分だしね。

↓ザ・リッツ・カールトンのエントランスからの眺め。
 ランドスケープが素晴らしい!
ri1675.JPG

↓ショッピングモールのエレメンツ
 ジミー・チュウもミュウミュウもエルメスも巨大。
 そして、空いていて快適にお買い物ができます。
IMGP1669.JPG

Wホテルでブレックファストしました。

IMGP1700.JPG
IMGP1677.JPG

IMGP1678.JPG

IMGP1685.JPG

IMGP1697.JPG

IMGP1693.JPG
↓トイレの壁。
IMGP1694.JPG

ますますグローバル都市になっていく一方で、
中国人が増えて英語が通じにくくなったり、
IT規制で携帯から写メールが一切送信できなかったりと、
共産圏っぽさが色濃くなったという面もあります。

でも、鎖国化していく日本よりは、世界と繋がってる感はおおいにある。
日本にいると閉塞感で滅入ってしまうけれど、
自分の目の前にある仕事を一生懸命していけば、きっと良い方向に行くよね。




Comments