JUNICHI YASUE
LAURA Creative Director
安江 純市(やすえ じゅんいち) 1975/05/27 Type B
Webマーケティングを中心とした広告宣伝戦略を手掛ける株式会社リンクスター代表取締役。LAURA主催。

www.linkstar.co.jp
Facebook www.facebook.com/junichiyasue
Twitter Account @JunichiYasue

travelの最近のブログ記事

TITLE  兼六園

金沢と言えば、日本三名園のひとつ「兼六園」。
21世紀美術館→兼六園というベタすぎる展開だが、初訪なのでよし。w
110719-1.JPG
110719-2.JPG
110719-3.JPG
110719-4.JPG
110719-5.JPG
110719-6.JPG
苔むした静寂を求めて行ったのだが、
西日が強過ぎて、想像していたイメージとちと違った。w
暑すぎてバテたせいもあるのだろうけれど。。。
冬の方がやっぱり美しいのかな!?

110206-1.jpg
110206-2.jpg
110206-3.jpg
110206-4.jpg
110206-5.jpg
110206-6.jpg
110206-7.jpg
110206-8.jpg
110206-9.jpg
上海(シャンハイ)の記憶。。。

110204-1.jpg
110204-2.jpg
110204-3.jpg
110204-4.jpg
110204-5.jpg
110204-6.jpg
青島(チンタオ)の記憶。。。

TITLE  中国には...

110127-1.jpg
森がない。

110127-2.jpg
街中にもほとんど緑がないことに
驚きと恐さを覚えた。

先程、中国出張から戻ってきました。
感じたことを忘れないうちに書いとくべきだと思いオフィスへ直行。
今回、青島(チンタオ)&上海(シャンハイ)を
視察してきたのですが、まさに「百聞は一見にしかず」。
というより正直ショッキングでした。
「日本が中国に追い抜かれるのも時間の問題」などと
よく耳にするし、かく言う私もそんな程度の認識であったが、
それは大きな間違いであった。

残念ながら、すでに追い抜かれていた。

国の経済指標を表すGDPや云々ではなく、
そのスケールの大きさとエネルギーは圧倒的であった。
もちろん、急激に膨れ上がる経済の中で生まれた「歪み」や
「光と影」は確かに存在していたが、それをも呑み込んでしまうほど
これが高度成長期の勢いというものなのだろう。
また、嫌が応でもその空気を肌で感じていると、
久しぶりに自分の中に沸々と湧いてくるものを感じると共に、
今の日本に対し、激しい焦燥感にも襲われた。

さて、また忙しくなりそうだ。

to be continued ...

110124-1.jpg
※写真は黄砂に包まれた中国5番目(!?)の都市「青島(チンタオ)」

1