YU / RINA KASHIKI
Traveler
樫木 雄(かしき ゆう) 1978/06/24 Type A
樫木 里奈(かしき りな) 1980/01/02 Type O
2010年2月~夫婦で世界一周の旅をしています。

Now Loading...

2011年2月アーカイブ

オーストラリア編

TITLE  オヤジはつらいよ

YU

 

 


 

ワーキング・ホリデー・ビザ、通称ワーホリ。
このビザを取得すると、1年間その国で働いたり、
勉強したりする事ができる。

 

 

 

 

オーストラリアとカナダは30歳まで。イギリスは25歳まで。
32歳の僕はどこの国でもワーホリが取れない。
嫁さんは31歳になる2週間前にワーホリを取得した。
こういう人は"ギリホリ(ギリギリでワーホリが取れた人の略)"
というらしい。

 

 

 

 

30歳を超え、
心機一転オーストラリアで長期滞在をしたい人はどうすればいいか?

 

 

 

 

専門知識があったり、ビジネスできたりっていう人以外は、
お金を払うしかありません。

 

 

 

学生ビザは語学学校に通う期間のみ、最長1年間発給されます。
また、学生ビザの発給には、健康診断が必要。
つまりビザ申請料:550ドル、健康診断料:262ドル、学校の授業料:何千ドル
が必要。

 

 

 

僕の場合、最初観光ビザ(申請料20ドル)で入国し、
その後学生ビザに切り替えたので、
何かとお金が必要となりうんざり(仕方ないけど)。

brisbane spider.JPG

玄関にて

 

ちなみにワーホリの場合、申請料:235ドルのみであとはほぼ自由。

 

 

 

学生ビザは名目上学生のみに発給されるビザのため、いろいろとルールが多い。
労働時間は20時間以内に制限、学校の出席率や成績が悪い場合は、
学生ビザが取り消されることもある。

実際は、、、労働時間にはそこまで厳しくないし、
学生ビザを発給するためだけの学校すらもあるそうだ。
 

 

brisbane sunset0224.JPG

ブリスベンシティの夕焼け

 

 

 

一瞬でも海外生活を考え、かつ30歳以下の方、とりあえずワーホリ申請を。。。
お金のある人にはこの記事は関係ありませ~ん。

 

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

早めの行動、これ大事。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

オーストラリア編

TITLE  女心とバックパッカー

RINA

 

 

自分達が背負える分だけのモノで生活してきた一年。
自分にとって本当に必要なモノって、とてもシンプルなんだって事を感じた一年。
バックパッカーの女の子でも、きちんとお化粧している子もいるけれど、
私は妻という座に甘んじて(?)特に何もしてませんでした。

とはいえ、ここはオーストラリアのブリズベン。
着の身着のままで生活しているなんて、浮浪者と私達だけじゃないんでしょうか。
語学学校は都会の真ん中にある学校で、生徒も10代、20代がほとんどなので、お洒落に余念がない子も多い。

一年間、リュックの中のものだけで生活してきたんだから、と特に深く考えていなかったのですが、いざ学校が始まってみると、毎日同じような格好ばっかりしているのはもちろん私だけ。

 

 

メイクもしたいし、おしゃれもしたい!!

 

女心が疼き始めました。
しかし、日本に戻れば、身の回りのものに関しては十分すぎる程、持っていると感じているので、買い物をするテンションにもなりません。

 

が、メイクもしたいし、おしゃれもしたい!!

 

普通の女の子に戻りたい、今日この頃なのです。


 

 

BEFORE


sjyokai.JPG 

 

 

 

AFTER


potoshi.JPG

                                                                                                                      in Bolivia 

 

 

 

果たして、普通の日本女子に戻る日がくるのでしょうか。。。

 

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

今日もすっぴんでがんばってます。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

 


 

オーストラリア編

TITLE  カメラ壊れる

YU

 

 

 

遂に恐れていた事態が発生。

 

 

 

 

昨日帰宅途中、ものすごい豪雨に打たれた。

一瞬で道路が川になるくらいの集中豪雨だった。

カバンの中にデジカメを入れていたのをすっかり忘れていた、

ずぶぬれのデジカメは、全く動かなくなっていた。

 

 

 

そういうわけで、当分写真が撮れません。

最近ちょくちょく遊びに行きだしたのに。。。

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

ショ~~~~ック!!!

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

 

オーストラリア編

TITLE  世界一周した夫婦は離婚する。

RINA

 

 

タイトルはインドでとあるバックパッカーに言われた言葉。

世界一周という大仕事で、お互い余裕がなくなる為か。

はたまた、あまりに一緒にいすぎると、お互いの大切さがわからなくなるという事か。

真偽の程はともかく、今のところまだ離婚はしていません。

とは言うものの、私は根っからの農耕民族で、遊牧民族の旦那さんとは正反対のタイプ。
今の安定したオーストラリアの生活に、正直ほっとしています。

 

さてさて語学留学ですが、私達の場合夫婦留学という、何やらおかしな事になっております。
外国語上達の近道はなんといっても、どっぷりとその言語しか使わない環境に自分の身をおく事。
そこで、私は我が家でも、学校の'ENGLISH ONLY'ポリシーを持ち込む事にしました。
旦那さんの英語は、私のそれよりマシなものの、語学堪能とは程遠いレベル。
低レベルな英語同士で、はたして効果があるのか。
当初、私のひどい英語に旦那さんは家での'ENGLISH ONLY'ポリシーに反対。
夫婦別居で、それぞれの英語環境をつくる案まで持ち上がった末に、しぶしぶ同意してくれたのです。
ただ、夫婦間のコミュニケーションは、日本語でするのと比べ物にならないくらいひどいものになっています。
「世界一周で離婚」はなかったけれど、「夫婦留学で離婚」。。。
結末はいかに!?

 

india rinayu.JPG

 

2010/03/18

インドの聖地ハリドワールにて、私にうんざりする旦那さま。

最近いっつもこんな顔されてるなあ。。。

 

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

写真がメモリアル世界一周旅行ってコトで。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

 

オーストラリア編

TITLE  語学留学への道

YU

 

 

 

オーストラリアに来た目的は語学留学。
家探しと平行して、学校探しもしていました。

 

 


旅中にもインターネットを使って、
学校の情報をチェックしてはいましたが、
結局行ってみないとわからない,という結論で、現地で4,5校見学した。

 

 


実際の学校の紹介などは、ブリスベンの無料エージェントにしてもらった。

無料エージェントとは、学校側から紹介料などをもらう代わりに、
生徒に無料で学校紹介や、ビザの相談、ホームステイの手配などの

サービスを提供してくれる会社。

日本語で情報提供してくれるので、現地ではかなり役に立つのです。
日本から直接語学留学をしている人たちは、この無料エージェントを通して
オーストラリアに来ている人が多い。

僕らが使った無料エージェントは、ブリスベンに支店があるAICという会社。

 

 

 

 

最終的に学校は、PACIFIC GATEWAY International College(以下PGIC)

PGIC outside.JPG

という学校に決めた(写真手前のビル)。
どこの学校も授業料は大体同じ。
PGICでは、
"学校では英語しか話してはいけない"のはもちろん、
"毎月TOEICをうけなければならない"、とか色々ルールも厳しく
"パワースピーキングコース"、"自己主張強化コース"など、

ルールや内容が他校に比べて特色があり、面白そうだと思ったのだ。

 

 

 

しかし、他の学校は入学日が毎週設定されていることに対し、

PGICの入学日は月初に一回だけ。それを逃すとその後一ヶ月間入学できない。
一ヶ月間は先生と生徒が固定される、いいシステムではある。

僕らがPGICに決めたのは1/28(金)。次の入学日は1/31(月)

日程的にギリギリで、無料エージェントのAIC曰く、

"入学日までに全額学費を支払わないと、入学できない"とのこと。

 

 

 

すぐに何千ドルものお金を用意できるわけもなく、

が、一ヶ月も待っていられないので、直接学校側に事情を話しに行ったところ、

全額入金は一週間待ってもらえることになった。

交渉成功。そらそうです、カスタマーですもん。

 

 

 

入学日に払えるだけ払って、残りは

PGIC fee.JPG

海外送金手数料(5000円くらい)や、カードの手数料(支払額の2%)を払うのをケチって

あちこちの銀行、ATMを駆け回り、キャッシュで入金。

目立たぬよう、かつ小走りで、学校に持ち運んだのです。 

 

 

 

日本にいる、これから語学留学をしようって方。

エージェントの言いなりになってはいけませんよ!!!

実際日本で何十万円もお金を振り込んだのに、

エージェントが潰れて、お金が返ってこない!

なんて、笑えない人にも会いましたので。

 

 

 

結局語学学校は3日で決定。

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

写真が地味なのは勘弁してください。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

オーストラリア編

TITLE  バックパッカー終了

YU

 

 

さてさて、
本日より世界一周がどうこうというより、
ブリスベンでの地味な生活編になります。
よろしくお願いします。

 

 

 

ブリスベン到着直後、いつもの通り数日間とある宿に泊まっていました。
brisbane jagzii.JPGジャグジーなんかもあり、結構リラックスしていたのです。
が、ドミトリーでも一人一泊18$(1500円)。
一ヶ月で二人で1080$(92000円)!!!

 

 

高い!高すぎる!!

 

 

早く宿生活を終わらせて、住居を確保せねば!
と、かなり気合をいれて行動を開始した。

 


 

といっても、
日本のように不動産屋にいったわけではなく、このサイトで検索。
直接個人に電話をかけて、部屋を見に行けるのです。
もちろん不動産屋もありますが、個人取引が盛んなのです。

 

 

ルールや習慣も、日本とは異なる。

 

【家賃について】
家賃の事を「Rent レント」と呼びます。
一番の違いは、「per week = p/w」、つまり週ごとの家賃表記になっていること。

 

【敷金・礼金について】
 二つひっくるめて、「Bond ボンド」と呼びます。
通常Bondは2 week Bond。つまりレント(家賃)の2週間分。
Bondは部屋を出る時に基本的には返ってきますが、
部屋を汚したりすると、Bondの中から修理や修繕費が差っぴかれる。

 

【シェアルームについて】
個人取引の場合、1つの部屋を数人でシェアする、シェアルームが一般的。
当然、自分一人で占有できるオウンルームよりも安い。

 


お金の事はまずはいいとして、土地勘も全くないし、シェアルームってのも
どんなもんなのかもわからない。
まずは1つ家を見に行く事にした。

 

 

アパート外観

brisbane house4.JPG

 

 


玄関・リビング

brisbane house3.JPG

 

 

 

台所
brisbane house1.JPG

 

 

 

寝室(シェアルーム)

brisbane house2.JPG

 

レント:$120 p/w、インターネット、光熱費全て込み。ボンド:3w bond、
部屋のオーナーはペルー人。一つ屋根の下で、彼と僕ら3人で過ごすことになる。
シェアルームは、嫁さんと僕の二人部屋。つまりオウンルーム。
彼は家でほとんどパーティーもしないし、夜は仕事で出かけている。
来客は週に何回か彼の彼女が来るくらい。
街の中心からは歩いて15分くらい(学校までは30分)。
スーパーやレストランも近くにある。

家具も、食器も全部自由に使ってよい。

(関係ないけど)駐車場無料。
家はめっちゃきれい。

  

 

 

 

決定!!!ここ!!!

 

樫木「明日お金持ってくるから、シーユー」

ペルー人「シーユー」

 

 

って軽い感じで、結局2日で家が決定しました。

別に焦っていませんが、本当に良いと思ったのです。
そもそも何が良くて何が悪いのかも判らないので、
ダメなら家を移ればいいやと思っていました。

 

レント$120 p/wも無職の僕らには高いが、平均よりは安い。
ただ、ここの家のルールは退去する際に、

次の人を見つけてから退去しなければならない。

次の人にボンドを返してもらう仕組みです。
大丈夫かなと少し気になりましたが、インターネットで応募すれば、
バンバン電話が掛かってくるそうなので、問題なさそう。

 

ちなみに、今の家に移動してから3週間が経った今も、他の部屋情報を集めています。

今と同じ値段、家の広さで、同じ部屋に3,4人でシェアしているところもあるみたいです。 

総合的に僕の直感は間違っていなかったようです。

 

 

 

このスピード感、簡単な引越し、日本にもあるといい習慣ですね~。

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

住所ができましたので、よかったらお手紙でもください。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

RINA

 

 

世界一周旅行。

 

何ともロマンのある響きで、一度はしてみたいと思った事がある方も多いのでは。

とはいえ、実際実行する日本人が少数派なのも事実。
今日は、世界一周旅行をするか、しないかを検証してみたいと思います。
(世界一周に行きたい!という前提でね。海外には全く興味が無いという方は悪しからず。)

 

 

まず、なぜ旅に出たいのか。

・世界の遺跡が見たい
・世界の海に潜る
・世界中のおいしいものを食べる
・自分探し
・海外に出て見聞を広める

 

などなど、人それぞれででしょう。
私達の場合は、単純に新聞やTVでみる海外を肌で感じたいというのが大きな理由です。
また、今に日本の貨幣価値が大暴落して、日本人が海外旅行にいけなくなる時代が訪れるのでは、と危惧があったからというのもあります。

 

次に、なぜ実行しないのか。

・休みがない
・お金がない
・家がある
・仕事がある
・家族がある
・英語ができない


 

ざっと、こんなところでしょうか。

 

→「休みがない」

これは本当に日本社会のよくないシステムだと思います。
欧米人は1ヶ月前後の休暇が当たり前なので、仕事を辞めて長期旅行に来ている人は案外少なかった様に思います。
これは、結局日本が戦後、馬車馬のように働いて、結局先進国にはなれきれなかったということか。。。それとも、長期休暇なんていらないと思っている人が多いのか。。。

 

→「お金がない」

なんだかんだいっても日本人はお金を持っているから、
これは、結局価値観の問題で、自分のお金をまずどこに使うかということでしょうね。

 

→「家がある」
私の故郷の名古屋は、若者でもみんな堅実で、若いうちから土地を買って、家を買って、という人が多かった。

 

→「仕事がある」
人に雇われるサラリーマンだったら、やっぱり日本は転職が不利なのでしょうか。
私はよくわかりませんが、そう言う人が多いので。

 

→「家族がいる」
子供がいると子育てが最重要事項ですからね。

 

→「英語ができない」
世界の共通語は英語。

 

 

私達の場合は、まず「休みがない」から「仕事を辞め」て、貯めたお金で「家」を買わず、「家族」で旅にでて、今「英語」を勉強している、といった感じです。

さて、あなたの場合はいかに?

 

 

 

 

india children.JPG

 

Welcome  to the WORLD!!!!!

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

世界一周したい方も、そうでない方も。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

 

 

オーストラリア編

TITLE  世界一周を振り返って ~夫編~

YU

 

 

 

最近夫婦間でも英語で話すことになりました。
かなりレベルの低い会話を二人でやっております。
早く上達しないと、夫婦のコミュニケーション不足に問題が発展しそうです。

いっそのこと、このブログも英語で書いてみようかと思いましたが、
恥ずかしいしいでやめておきます。


 

 
  
訪れた国 20カ国

 

一番好きな国 インド(この国は、昔から全く飽きません)
一番嫌いな国 なし
おいしかった国 ベトナム、トルコ、タイ  
まずかった国 ケニア(何を食べてもまずいので、フライドポテトばっかり食べていた。)
インパクトがあった国 イスラエル(見るもの全てに違和感を感じた。)、キューバ(老いも若きもダンスがうますぎる)
美人が多かった国 インド、ベトナム
美人がいない国 ボリビア

 


大好きな海 エジプトのダハブの紅海
大好きな山 アルゼンチンのフィッツロイ
大好きな川 インドのガンジス川(沐浴したし、、、)
最高の星空 エジプトにて、スィーワ・オアシスからカイロに夜行バスで向かう途中、休憩で止まった砂漠の夜空
感動した風景 メキシコのレアル・デ・カトルセで見た大自然。アルゼンチンで見た鯨、イルカ。トルコのアイデルの自然。
感動した車窓 メキシコ・オアハカ⇒メキシコシティ間

 


がんばった事 スペインでの農業ステイ
辛かった事  嫁さんに「旅が嫌い」といつも言われていた事。
怖かった事 ケニアの凶悪都市ナイロビの夜道を歩いた事
後悔した事 グアテマラで、乞食のおばあちゃんに、たまたま持っていた飴をあげたら、投げかえされた事。そうやんな、おばあちゃんお金ほしいよな。と。
嬉しかった事 今は無きレディオアイに出演できた事。
バッドハプニング スペインで皮膚病にかかり、痒くて眠れなかったこと。グアテマラでipodをスラれた事。
もう一度したい事 ダハブでダイビング。ダハブでシュノーケリング。ダハブでビールを飲む。アルゼンチンの牛肉を1日1キロ食べる。ケニアのサファリを駆け巡る。キューバでライブ巡りをする。

 


この旅で出来るようになった事 ミサンガを作れるようになった。少しスペイン語が話せるようになった。
この旅で好きになった事 写真(旅に出て以降、毎日何かを撮っています) 
もう一度行きたい国 全部 
今度行きたい国  行ったことのない国全部。
次やってみたい旅 アルゼンチンを自転車で回る旅。ペルー・コロンビア辺りからブラジルまでアマゾン川を下る旅。イスラエルのキブツで働く。イランからトルコまでイスラム教の人々と触れ合う旅。中国⇒中央アジア横断。モンゴルから馬でユーラシア大陸横断。アフリカ大陸横断。ロンドンで買い物しまくり旅。海外サッカー観戦しまくりの旅。カナダでオーロラを見る。※挙げ出すときりが無いのでこの辺でやめます。
 

 

 

punonpen.JPG

去年の今頃、カンボジアのプノンペンで彼らと飯を食っていました。

 

 

 

二度と会うことが出来ない人のほうが多いですが、こうして出会った大勢の人たちがどうしているのかなぁ、と考えることができるのが楽しみの一つです。

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

もはや君達は世界一周旅行ではない!と思う方。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

RINA

 

 旅人の気ままな生活とは一転、
毎日早起きして、勉学にいそしむ日々。
実は、こういう地味~な生活が嫌いじゃなかったりして。
そんな中、この旅を振り返ってみようと思います。

 

  

 

 

訪れた国 20カ国

一番好きな国 トルコ 日本の常識じゃ考えられないくらいの親切に出会った。
一番嫌いな国 ベトナム 日本じゃ考えられないくらいの意地悪な人が結構いた。
おいしかった国 ベトナム、トルコ(パンのうまさは世界一!)、タイ  
まずかった国 ケニア 鳥を焼いただけなのに、なぜまずくなるのか?
紳士な国 ヨルダン すれ違いざまに「Welcome to Jhorden」とよく言われて嬉しかった。

彼らが自分の国にとても誇りを持っているのが分かった。自分も日本で旅行者を見かけたら、絶対言おうと思った素敵な習慣。
インパクトがあった国キューバ 一般庶民のダンスがうますぎ&セクシーすぎ!

大人な国 イスラム圏の国。自分に信じているものがある人は、人にも寛容になれるのか。
子供な(?)国 インドとキューバ・・・?(キューバ離婚率高すぎ!)
美人が多かった国 インド、ベトナム
大好きな海 エジプトのダハブの紅海
素敵だった宿 カイロのイスマイリアホテル。(マリオットカイロの前にある安宿)
夜の帳に、高層ビルのホテルの一室から見下ろすカイロの街は本当に素敵だった。
最高の星空 電気のないタキーレ島での満点の星空。
一番感動した風景 メキシコのレアル・デ・カトルセで巡礼の谷を、明け方に乗馬をした事。(私にあてがわれたのはロバだったけど。)神秘的で美しくて言葉が出てこなかった。
がんばった事 ダイビングの免許取得。大人泣きした。
辛かった事  スペインでの農業ステイ。
ぎょっとした事 トルコで仲良くなったおじさんに、別れ際、黒のスケスケのTバッグをもらった事。(旦那への挑戦か?)
バッドハプニング スペインで旦那さんが疥癬になった事。インドで虫歯になった事。(結局インドの歯医者は人生最高の歯医者だった)
もう一度したい事 インドでヨガ、ダハブでシュノーケリング
この旅で出来るようになった事 ダイビング、ちょっとのスペイン語、長距離の夜行バスでの移動、紙を使わないでのトイレ。
この旅で好きになったもの  犬、猫、スペイン式の挨拶(ほっぺをくっつけてチュっと音をたてる)。
もう一度行きたい国 インド南部、トルコ、ケニア、ペルー北部、メキシコ、タイ
今度行きたい国  シリア~イラン~トルコ東部からイスタンブールを陸路で目指すルート、コロンビア(南米一いい国だと旅人が口を揃えていう)、カナダのアラスカ(オーロラを見たい)、中国 

 

 

 

一年間、笑って、泣いて、感動して、いっぱい移動して、いっぱい旦那さんとケンカして、
たくさんの出会いと別れがありました。
無事旅行を終えられたのも(まだ帰国してないけど)、日本にいる家族と友達と、旅先で出会った人達のお陰です。
人生初のバックパッカーでしたが、ほんと人様の親切なしにはやっていけません。
日本で応援してくれた皆さん、旅先で知り合ったすべての人から頂いた親切に本当に感謝です。
ありがとうございました!!!!!

 

 

 

uyuni shadow.JPG

 

 

 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

愛する人と自由な人生を!

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

オーストラリア編

TITLE  世界一周の費用

YU

 


世界一周ってどれくらい費用がかかるの?
一年間旅をすると、かなりのお金が必要なのでは?
旅の予算は実際いくらなの?
などなど、何かと気になる旅の資金。

 

そこで、

 

去年2月1日から今年1月31日までの、
丸一年の旅の費用を公開します。
コツコツと家計簿をつけてきました。

 


 

僕らの旅のスタンスは

 

・基本は世界一周旅行券で決定済みの旅程に合わせて移動する
 その他は、できるだけ陸路移動。

・興味のある場所・物・ツアーなどはケチらない
・何かを決定・購入するの際は、必ず交渉
・価格決定ポイントは、最低価格よりちょい上(移動費、宿泊費、食費など)
・自炊が出来る場合は、自炊する
・必要なもの以外は買わない

 (タバコとお酒は必要な物としてほぼ毎日購入)


てな感じで旅をしていました。

 


それでは発表します。

 

 

 


 

 

 

 

一年間の旅のお値段は、、、

 

 

 

 

 

 

 

¥3,662,223

 

 

 

 

 

 

 

費用は二人分です。
日本滞在時に使った海外旅行保険、予防注射代も含んでいます。

あと、この費用にはオーストラリアに来てから一週間で使った、
考えられないくらい出費も含まれています。
(たった1週間で20万円!!!オーマイゴット!!!)

 

世界一周旅行券を使わず、格安航空券や船を使うなど工夫すれば、
10~20万円は軽く安くできると思います。

 

 

一人100万円以下の予算で1年以上旅をしている人もいますし、

僕らよりも多い予算で旅をしている人もいます。

上を見ても下を見てもキリがありませんが、
1つの参考になればと思います。

 


 

 

世界一周旅行ランキングに参加しています。

なにはともあれ、散財ですわ。

↓一日一回ポチっとクリックお願いします☆↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ