YU / RINA KASHIKI
Traveler
樫木 雄(かしき ゆう) 1978/06/24 Type A
樫木 里奈(かしき りな) 1980/01/02 Type O
2010年2月~夫婦で世界一周の旅をしています。

Now Loading...

2012年1月アーカイブ

オーストラリア編

TITLE  雨が降り続いています。

おとといからずっと、嵐。
雨が降り続いています。



予報では、今後10日間雨が続くそう。
一部では既に洪水になっている地区もある。



IMGP0731.JPG
ブリスベン・リバーは、まだ大丈夫そうやけど。
去年のように大洪水になるかもしれません。




ガーデニングの仕事をしている僕にとっては、
この雨のせいで、商売あがったりです。




↓ポチっとクリックお願いします。

 ブリスベンには来ないほうがいいですよ。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

去年の8月から引きずっていた給料未払い問題が解決しました。


どうしたかというと、




というオーストラリアの公共機関に相談し、そこのスタッフに裁判にならない形で
未払い分の給料を支払ってもらうよう先方に話をしてもらいました。



一時期SouthBankにあるイタリアンレストランで働いていた頃、
そこのレストランがあるイベントに出展することになり、スタッフは大混乱。
そのときの1週間分の給料が未払いになっていました。
何度もそのことをマネージャーに訴えましたが、進展なし。
結局すぐにそのレストランは辞め、その後も未払い分の給料を払ってくれ
と何度もレストランに行きましたが、進展なし。


もともといい加減なレストランで、
Pay Slipもきっちりもらってなかったので、
働いたと言う証拠は、自分の手帳の記録のみ。
駄目もとでFair Workに相談してみました。



で、1週間後、あっさり解決。



Part Timeで働いている外国人の間で、
たまに給料未払いの話は聞きます。
英語に不安のある方も、通訳がついてくれますので問題なし。
せっかく働いたお金。あきらめずに電話したほうがいいですよ。




↓ポチっとクリックお願いします。

 Good Luck。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

オーストラリア編

TITLE  天然酵母パンを作ろう

WEST ENDにある大人気の天然酵母パン屋さんSOL BREADS
sourdough (5).jpg
ここで以前修行をしていたパン職人の方に、
天然酵母とレシピをいただいた。
彼はイースト菌を使わない安全でおいしいパンを広めたいということで、
彼を訪ねた人には、レシピを無料で配っている。




ただ、そのレシピには材料の分量とかは全く書いておらず、
職人の情熱と、フィーリングのみが書かれている。
ぱっと見ただけでは全くわからない。



で、我流で、とりあえずチャレンジしてみた。



1)スターター(パン生地のベース)を作る
sourdough (2).jpg
酵母に水を加え、全粒小麦粉を混ぜる。硬くなったら、常温で12時間放置する。
※水はミネラルウォーター。
水を250CC、全粒小麦粉を200グラムほど入れて混ぜた。




12時間後。
sourdough (3).jpg
ふーーん。




2)-1 パン生地つくり
sourdough (4).jpg
スターターに水500CC、塩小さじ1杯、全粒小麦粉1キロを加え、
硬くなるまでこねる。





2)-2 パン生地つくり
sourdough (6).jpg
1時間に一回様子を見てこね、3時間放置する。




3時間後。
sourdough (8).jpg
生地が膨張。
できてるっぽい。



2)-3 パン生地つくり
sourdough (9).jpg
台に小麦粉をまぶし、生地に小麦粉が入らないようにひっくり返す。
形を作って、ティンに置く。


実際は、どうも水500CCに対して、小麦粉1キロは少なすぎるようで、
べちょべちょで生地をひっくり返すどころではなく、中に小麦粉が入りまくり。
形を作ることはできず、とりあえずティンに生地を置いただけでした。
水か、小麦粉の量を次回調整する必要がありそう。




ま、焼けばなんとかなるでしょ。
てことで、250度で20分、200度で30分オーブンで焼く。




sourdough (1).jpg
できあがり。
どう?



こういうパンのことをサワドーSourdoughといいます。
サワーなので、少しすっぱい。

見た目はともかく、味はなかなかいけてました。
スーパーで売ってるようなパンは、
中身がスカスカで全然食べた気がしないのですが、
これはボリュームも味も全く違います。




↓ポチっとクリックお願いします。

 酵母を手に入れて、お試しください。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


オーストラリア編

TITLE  田舎の近所付き合いがアツい!

New Year's Partyでお友達になった人の家に遊びに行きました。
ダーマナンダから歩いて30分ほどのところ。



andy's house (3).jpg
これが入り口。



andy's house (2).jpg
丘の上にはプール。




andy's house (4) .jpg
敷地が写真に納まりきらない。





この家の持ち主の職業は、元教師、今は農家みたいなことをしてる、、、
っていう感じで、そんなにお金持ちと言うわけではありません(たぶん)。
家の大きさに限って言えば、
ブリスベンにいるどのオージーの友達の家に行っても、
ここまで大きくはないにしても、デカ!と毎回思うわけです。



この国の白人たちが、皆幸せそうかどうかというと、そうでもない。
ただ、豊かかどうか、ということになると、間違いなく日本よりも豊かだと、
身を持って実感している今日この頃です。





お友達の趣味。
andy's house (1).jpg銃。
これがやりたかったのです。
怖かったですが、オモローでした。
初めて使いましたが、ゴルゴ13には一生なれないことが判明しました。




↓ポチっとクリックお願いします。

 リッチです。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


オーストラリア編

TITLE  大晦日の夜

正月なんぞに全く興味がない人たちですが、
大晦日の日にはホームパーティーが開催されました。



new year's party (4).jpg
ビリヤードをしたり、
お酒を飲んだり、ご飯を食べたり、しゃべったり、
集まった人たちは総勢30人くらい。




ゲーム
new year's party (5).jpg
なんかのTV番組の真似といっていましたが、
1人が絵を描いて、それをみんなで当てる、というゲーム。など。
全然ついていけませんが、老いも若きも楽しそうでした。



そして、午後9時。
new year's party (1).jpg
Happy New Year!!!!
ちびっ子たちが眠くなるので、
ダーマナンダでは午後9時で2012年になりました。
こういうの好きです。




夜も更け、
new year's party (2).jpg



記念撮影。
new year's party (3).jpg




今年もいい年でありますように。




↓ポチっとクリックお願いします。

 なんか白人ばっかりですね。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

オーストラリア編

TITLE  へなちょこの日本人

既に2年近くの海外生活になります。
いろんな経験を積み、正直少しはタフガイになった、、、
と自負しておりました。




が、




ヒル(写真右下)
leech.JPG
えっほえっほと、こっちに向かってくるヒルを見つけ、
わーい!ヒルや。ヒルや。ヒル見つけた!!!
とはしゃいで写真を撮っていました。




しばらくして、足首に少し痛みを感じたので、
ズボンの裾をめくって見ると、



ぎゃーーーーーーーす!!!!!
3匹のヒルが足首に吸い付いてるーーーー!!!!




てな感じで、取り乱し、、、




ジャンピング・アント

体長2センチほどの赤と黒の色をしたアリ。わかります?
草抜きをしているときに、
知らずにこのアリの巣の上にでも立っていたのでしょう。
足首に激痛!
しかもその激痛が足元から膝の辺りまで、
ものすごい勢いで広がってくるのです。
何匹ものアリが、どんどん足に飛びついて噛み付いていたのです。




ぎゃーーーーーーーす!!!!!




と、取り乱して、ジャンプ。




アリを追い払っているときに、ついでに腕も噛まれ、
翌日
jumping ant.JPG
噛まれた箇所は腫れ、数日たった今もかゆい。
人によってはもっと腫れるそう。



ダニ
ちきしょーヒルとジャンピング・アントの野郎!
と思いながら、一服している時、何気なく後頭部を触ると、
体長5ミリほどのダニ発見。
 


はぁ、とため息。




晩御飯のときに、ちびっ子たちに「今日アリに噛まれて・・・」
と話すと、「へ~あれ痛いよね。」てな感じで興味なし。
生意気です。





↓ポチっとクリックお願いします。

 タフガイへの道のりは険しい。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

オーストラリア編

TITLE  自給自足のアイデア(の一つ)

ダーマナンダの人々はトウモロコシが大好物のようで、、、



corn (1).jpg
2週間おきに新しいトウモロコシを植え、
常に新鮮な状態で食べられる工夫をしています。


corn (2).jpg
また、トウモロコシは大量の肥料を消費するため、
畝と畝の間には、タイミングを見計らって豆類の植物を植え、



corn (3).jpg
収穫後には、豆類がトウモロコシを伝って成長し、地中の窒素を補充。
土壌改善をトウモロコシの栽培中に行っているわけです。




常に野菜を供給できるように、
栽培時期をずらすなどのアイデアはあります。
が、自給自足の秘訣は、コツコツ毎日畑で働くこと。
コツコツと草抜きをすること。
まずは、これが基本のようです。



↓ポチっとクリックお願いします。

 草抜きはエンドレス。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

オーストラリア編

TITLE  自給自足の生活

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



ブリスベンからバスで6時間+車で30分。
dharmananda (6).jpg
10日ほどダーマナンダというコミュニティでWOOFINGしてきた。
※WWOOFについてはスペイン編を参照ください。



ニュー・サウス・ウェールズ州(NSW)のチャノン(Channon)という場所。
インターネットも携帯電話も繋がらない山奥に、総勢20人ほどの人が住んでいる。



ここの特徴は、
主食(米、麦など)除く全ての食料を自給していること。


dharmananda (1).jpg
野菜を育て、



dharmananda (3).jpg
牛から牛乳やヨーグルト、チーズを作る。




dharmananda (8).jpg
自分たちで作った食べ物を、当番制で皆の分を作る。




dharmananda (9).JPG
晩御飯は水曜日以外は共有スペースで全員で食べる。





dharmananda (7).jpg
食事は全てベジタリアン。
みんな朝から真剣に働いて、ミツバチのように巣に帰ってくる。




各家庭は、各々別に家があり、
時には面倒くさいこともあるでしょうが、
こうして老いも若きも集まって晩飯を一緒に食べるのは、
なかなかいいものです。




↓ポチっとクリックお願いします。

 こういう生活もあるです。

 クリックしていただけると、ランキングがアップします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ