YU / RINA KASHIKI
Traveler
樫木 雄(かしき ゆう) 1978/06/24 Type A
樫木 里奈(かしき りな) 1980/01/02 Type O
2010年2月~夫婦で世界一周の旅をしています。

Now Loading...
オーストラリア編

TITLE  理想のマイ・ホーム

妻 里奈のオーストラリア日記

 

オーストラリアでWWOOFの会員登録をすると、オーストラリアの全WWOOFホストのプロフィールが記載されている、

WWOOF bookなるものが送られてくる。それで自分の興味のある、WWOOFホストを探し、各自メールなり、電話なり自分で直接コンタクトをとるのである。

 

 

Crytal Water(以下CW)は1996年に国連より、できるだけ地球に負担をかけない、サステイナブル(持続可能)な生活の新しい試みが評価され、World Habit Awardを受賞されるなど、そういった事に興味ある人には有名なエリアだ。

日本でも、自給自足の雑誌に紹介されたりしている。だから、CWはオーストラリア人のWWOOFer(ウーフをしている人)はもちろん、ヨーロピアン、南米系、もちろん日本人にも大人気なのだ。

私も、CWのWWOOFホスト、すべてに連絡をとったが、どこも、今WWOOFerは間に合っているという。そこで、オーストラリア人の友達のつてを使って、CWに住む人にコンタクトをとって、ようやくCWでのホストが見つかったのは、探しはじめてから、2ヶ月もたとうとする頃だった。

 

私のCWでのファーストホストは、サンドラという上品なおばさんで、私のオーストラリア人の友達の、友達の、友達の元妻である。オーストラリアは離婚率が50%近くにもなるという、離婚大国(?)だが、離婚後も、元夫、元妻と友達関係が普通に続いているのが、結構多い。

さすが、easy goingのオーストラリアであるなどと、感心してしまう。

サンドラも、サンドラの現在のパートナーのリチャードも、サンドラの元夫をはじめ、その元夫の、現在の妻と、その二人の間にできた子供まで、仲良しという、日本じゃちょっと考えられない、おおらかな家族なのである。

 

 

閑話休題。

 

 

サンドラの家はrummed earth houseといって、練り土で作られた美しい家だった。

元々、rummed earth houseの建築家が、CWに土地を買い、小さな小屋に奥さんと二人で住みながら、

自分たちで、自分たちのために建てた家を、買い取ったのだそうだ。

 

rammed house.jpg

サンドラのおうち。

中もエスニックなインテリアでまとめられていて、

とっても素敵だった。

 

彼の他の作品はこちらから↓

http://www.rammedearthconstructions.com.au/index.php?mp_id=1

 

 

ちなみに、その小屋は今はWwooferやゲストがステイする、離れになっていて、

10畳くらいの小さな家ながら、キッチン、トイレ、シャワーが完備されている、

(建築家が住んでいた当時は、シャワー、トイレはなく、サンドラがあとから取り付けたそう)

ここもとってもセンスのいい素敵な小屋だった。

また、小屋のまわりは拓けていて、一日中野生のカンガルーが草を食べている。

CWでは野生の動物との共生を目指しており、野生のカンガルーワラビ―の為、

犬、猫などの一切のペットの所有が禁じられているのだ。

 

それにしても、小さい小屋で奥さんと生活しながら、

自分の理想の家を作るとは、なんて素敵なんだろう。

だいたい一般的な私たち日本人は、借金して、素敵なおうちを買って、家具をそろえて、

そのローンの為にがんばって、働くのだろうけど、

こうやって、時間をかけながら、家をつくって、自分の懐と相談しながら、

家具をそろえていくほうが、人生を楽しんでるようで、私はとっても憧れてしまう。

お昼寝をするカンガルーを眺めながら、テラスでお茶をし、そんな事を考えていると、

とっても幸せな気分になるのだった。

 

 

そのキャビンにあった、ヒッピー調の旗に書かれていた詩。

 

Yesterday is history.  

 

Tomorrow is mystery. 

 

Today is a gift.  

 

 

 

昨日という日は、過ぎ去った歴史。

 

明日という日は、謎。

 

今日という日は、贈り物。

 

 

 

sandra terrace.jpg

 

テラスには、これまた野生の珍客が。体長2m以上にもなるタイガースネイク。

 

 

↓ポチっとクリックお願いします。

クリックしていただけると、ランキングがアップします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

  

 

 

 

 

 

 

 


Comments

ちょっとずつ自分たちで家を作るのって、あこがれるけど、センスいるよな~。途中で方向転換とかなかなか難しいやろしね。。。オーストラリアと違って、日本は地震もあるしな。
でもやってみたいね。

でもさー サビーナのいてとかも、超かっこよかったじゃん。
いいよね。