YU / RINA KASHIKI
Traveler
樫木 雄(かしき ゆう) 1978/06/24 Type A
樫木 里奈(かしき りな) 1980/01/02 Type O
2010年2月~夫婦で世界一周の旅をしています。

Now Loading...
オーストラリア編

TITLE  オーストラリア流 週末の過ごし方

妻 リナのオーストラリア日記

 

ワールドカップ予選盛り上がってますね。

先日のオーストラリア戦は、ブリスベンに住んでいた頃の、自宅のすぐ近くのスタジアムで行われており、当時のシェアメイトのペルー人が試合を見に行ったそうで、その時、地元のテレビに写って、はしゃいでおりました。

南米系は、素朴で無邪気な人が多いのでございます。

 

さて、わたしのCrystal Waters(以下CW)での生活はまだまだ続きます。

オーストラリアでは、マーケットが盛んで、ブリスベン中心地だけでも5つ以上は定期的に行われているのではないでしょうか。クラフトマーケットや蚤の市などいろいろあるのですが、なんといっても人気は、とれたての新鮮野菜が手に入る、ファーマーズマーケットではないでしょうか。

オーストラリアのスーパーの野菜は高いし、サラダ菜のような西欧人の好みそうな野菜しかないので、我が家は、アジア系のファーマーがモヤシや小松菜や青梗菜を安く売っている週末のマーケットで一週間分の野菜を大量購入していました。

 

CWでのホスト、マックスも近くの月一回行われるという、地元のWITTAマーケットで野菜の苗を売るということで、WWOOFERとしてお手伝いしてきました。朝6時にMAX宅を出発し8時前には到着したのですが、売り場を設営しているそばから、お客さんがやってきます。マックスのオーガニックの苗はこの辺りでも評判で、常連さんらしき人もたくさんいました。苗は1ダース3ドル(約240円)と格安。空心菜などチャイニーズ系の野菜も扱っているので、田舎なのにアジア系のお客さんも結構いました。マックスのお店では売り子としてお手伝いしたのですが、お昼ぐらいまではお客さんがひっきりなしでした。オーストラリアは土地が広いので、田舎になると家庭菜園といっても、みんな結構な規模を持っているので、苗があれだけ売れるのでしょうね。

ブリスベンの中心地のマーケットだと、結構雑貨などのお店もあるのですが、ここは完全に野菜やジャムなど食べ物系だけのマーケットでした。

 

market max.jpg

 

中央が、身長190cmほどのマックスおじいちゃん。

 

market menu2.jpg

 

こんな苗売ってます。オクラなんかもあります。

 

 

cw marketshop.jpg

 

CWにひとつだけある、天然酵母のパン屋さんも出店していました。

 

ここでは、偶然知り合いの男の子(13歳)に会いました。彼の特技はギターやドラムで、近く行われる野外フェスのチケット購入のためにバスキング(ストリートパフォーマンスをしてお金を稼ぐ事)をしていました。彼の後ろでは、送り迎え係りの母親が芝生の上でのんびり昼寝をしておりました。さすが欧米人の子供は、自立心があるなあと関心。

 

農家の人とおしゃべりしながら、野菜を買い、ライブ演奏を聴きながらコーヒー芝生の上でゆっくり飲むというのが、オーストラリア流週末マーケットの定番の過ごし方。日本でも広まるといいですね。

 

↓ポチっとクリックお願いします。

クリックしていただけると、ランキングがアップします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

 

 

 


Comments