YU / RINA KASHIKI
Traveler
樫木 雄(かしき ゆう) 1978/06/24 Type A
樫木 里奈(かしき りな) 1980/01/02 Type O
2010年2月~夫婦で世界一周の旅をしています。

Now Loading...

ラオスの最近のブログ記事

ラオス編

TITLE  Go Go Thailand!!

ビエンチャンに戻ってきました。

 

ルアンパパーンからタイへ抜けるルートとしては、

メコン川をボートで上り、フエーサイという国境の町まで行くのがメジャーですが、

時間的に余裕がなかったので、ビエンチャンに戻りました。

 

今日のバス

IMG_3111.JPG

ルアンパパーンに向かうときは、運転が荒く、乗客がゲーゲー吐いていたのですが(嫁さん含)、

今日の運転手さんは、ゆったり運転で、乗り心地最高。

車内は和やかな雰囲気です。

 

しかし、、、、

IMG_3110.JPG

なにやら雨漏りがしてきました。

エアコンから出る水が漏れているようです。

ひとまず、戸棚に袋をつけて対策完了。

 

しかし道が悪いので、がんがん揺れて、さらに雨漏りが、、、

IMG_3109.JPG

対策完了。

 

おお!そんな手があったか!

車内は爆笑に包まれていました。

 

なかなか楽しい旅でした。

 

明日の朝、タイ側の街に移動します。

 

そういえば、以前ブログに書いた、

70歳のドイツ人のおばあちゃんカリーナに再会しました。

こないだの話は↓こちら

http://www.laura.jp/ka/2010/03/04162835.html

ルアンパパーン 049.jpg

僕らと同じルートでバンコクに行くといっていたので、

また再会するかもしれません。

楽しみです。

 

YU

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

ラオス編

TITLE  KAWAIIカルチャー

KAWAII。

 

「可愛い」は現在の日本カルチャーの特徴のひとつだと思います。

 

かくゆう私は、パステルカラーとかは苦手。

携帯もピンクとかは絶対に選びません。

 

こちらで、欧米人をみていると洋服でも、年齢に合った色味をチョイスしているんですよね。

 

幼い子はパステルカラーの服とかフリルのついた洋服だけど、

大人の女性は髪をしばるゴムにしたって黒。

 

可愛さを追求している感じは全くありません。

 

彼女達は髪の毛の色がブロンドやブラウンなので、シックな色がまたよく似合います。

 

私は日本にいるときからシックな女性に憧れていたのですが、

(雑誌によくある、パリやミラノのおしゃれ街角スナップとかのページが大好きでした。)

旅行をしていて、さらにそういう傾向が強くなりました。

 

アジア人のわたしが同じ格好をすると、髪の色、体型等の諸問題により、

どうしても、ただの地味な人になりがちなのですが。。。

 

そんな私が、ここルアンパパーンではKAWAII!!を連呼しています。

 

お寺。

お寺.JPG 

 

外壁にガラスのモザイク。

壁画2.JPG 

人々の暮らしぶりが描かれています。

 

太陽?お花?

モザイク1.JPG

 

天女。

モザイク2.JPG

 

 

街角わんこシリーズ。

ナナ.JPG

 

 

犬.JPG

 

 

犬2.JPG

こちらでは飼い犬が放し飼いですが、みんなとってもいい子。

 

タイのバンコクやベトナムのハノイなどの犬は、食べ物が満足にないのかガリガリで、

狂犬病では?と恐れてしまうくらい、目つきの悪い犬ばかりでしたが、

ラオスの犬は穏やかで、ほんと可愛い子ばっかり!

 

飼い主に似るんでしょうね。

 

 

可愛いカフェで朝ごはん。 

カフェ.JPG   

 

朝ごはん.JPG

 ラオスKAWAIIカルチャーばんざい。

 

 

ところで、今日は近くの村に出かけました。

 

機織の村バン・シェンレックと紙漉きの村バン・サンコン。

二つの村は隣接していて、市街地からトゥクトゥクで約20分。

 

機織の様子。

機織.JPG

ものすごいスピードで織る少女。

すでにベテランの風格があります。

 

染色も天然のもので。

天日干しの様子。

染色3.JPG

 

紙漉きの様子。

めずらしそうに見ていたら、おばちゃんが最初から説明つきでみせてくれました。

 

①桑の木の皮を煮詰めます。

紙漉き.JPG

 

②臼でたたいて柔らかくします。

臼.JPG

 

③柔らかくなったものを広げて。。

紙漉き1.JPG

 

④模様にしたいものを入れて。。。

(ここでは笹の葉)

紙漉き3.JPG

 

⑤完成!

紙漉き4.JPG

これを、丸一日、天日干しします。

 

この村はガイドブックには、村に着いてトクゥトクゥを降りたとたん売り子さんに囲まれる、

と書いてあったので、ちょっと身構えていたのですが、ひとりも寄って来なく拍子抜けしてしまったくらい。

 

それに勝手に素朴な村を想像していたのですが、

門構えも立派なコンクリートの家とかも普通にあって、村自体がかなり潤っているようでした。

 

特産物によって、私達観光客が楽しませてもらい、

さらに村の生活が豊かになっているとしたらどちらも嬉しいですね。

 

 

ルアンパパーン満喫の毎日ですが、ビザの関係で明日には出発しなければなりません。

残念です。

 

RINA

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

 

ラオス編

TITLE  托鉢

托鉢とは、

(1)修行僧が、鉢を持って市中を歩き、他人の家の前に立って施しの米や金銭を受けて回ること。乞食(こつじき)
(2)禅寺で、食事の際、僧が鉢を持って僧堂に行くこと。

http://www.weblio.jp/content/%E6%89%98%E9%89%A2

 

ルアンパパーンには、多くの寺があり、多くのお坊さんがいます。

彼らお坊さんの食べ物は、托鉢によって得られたもので成り立っているそうです。

 

朝6時半。

IMG_2982.jpg

きましたきました。

大勢の坊さんです。

IMG_2972.jpg

 

IMG_2965.jpg

大勢の一般市民が、お坊さんに金銭や食べ物を喜捨しています。 

 

大勢の観光客が見守る中、

IMG_2977.jpg

喜捨されたものを、お坊さんからもらう子供。

今日の朝ごはんにでもするんでしょうか。。。

 

ちなみに、この凛々しいお坊さん達たまにナイトマーケットでみかけます。

みんなでオレオシェイクなんか飲んだりしています。

 

YU

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

ラオス編

TITLE  すっぴんな毎日

ルアンパパーン最高です。

 

街も人ものんびりしていて、おしゃれなカフェはいっぱいあるし、

ひたすらまったりする毎日です。

 

この街は街自体が世界遺産になっています。

 

お寺がいっぱいあって、そしてどこかフランス領時代の名残が残っています。

お寺.JPG

 

お寺2.JPG

 

お寺3.JPG

 

街並み.JPG

 

 

街並み.JPG

いたるところに花が咲き乱れる美しい街です。

 

ところで、私は旅に出て以来、毎日すっぴんです。

ブログもオールすっぴんで通す覚悟です。

 

しかし、旅に出る前にやっておけばよかった事@女子。

 

①眉毛のアートメイク。

 

眉毛さえあれば、ノーメークでもまだ、顔つきがはっきりしたはず。

一番はじめに韓国を訪れて、アートメークしとけばよかった!!

 

②近視のレーシック手術

 

以前ブログでもコメントでお勧め頂いた眼の矯正手術。

 

旅立つ前は、基本メガネで、たまに使い捨てコンタクトでいいやと思っていましたが、

やはり、すっぴんにメガネ姿は地味すぎる。

 

メガネをかけていると、中国人にも中国人と間違われます。

中国=メガネのイメージなんでしょうかね??

 

そういえば、東南アジアの現地の方でメガネの人って全然いないですね。

 

また、ラオの女の子もみんなすっぴんですが、髪が長くて綺麗なので女っぽいです。

私も髪をのばそう。

 

RINA

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラオス編

TITLE  ルアンパパーン到着

昨日夕方頃、世界遺産ルアンパパーン到着。

 

IMG_2859.jpg

山間部を、上ったり、下ったり、くねくねくねくね6時間。

嫁さんも含め、気持ち悪~ってなっている人続出でした。

 

ナイトマーケット

IMG_2865.jpg

モン族のアクセサリーやら、T-シャツやら、なんやらかんやら、

買い物天国だし、

 

ご飯

IMG_2866.jpg

一皿10000キップ(約110円)で、お惣菜どれでも乗せれるだけ食べてOK。

安いしうまい!!

 

こんな感じ。

IMG_2867.jpg

本当はもっとのっけたかったけど、

見た目ももっと悪くなるし、この辺でやめときました。

食道楽復活です。

  

朝市。

IMG_2878.jpg

 

IMG_2879.jpg

 

朝ごはん。

IMG_2883.jpg

ベトナムのフォーみたいな食べ物をたべました。 

野菜たっぷりついてきます。

麺にいれてもよし。

 

インゲンなどは右のピーナッツソースにつけて食べます。

生なのにすごくおいしい。

 

街並みも美しい。

IMG_2892.jpg

 

ルアンパパーン最高です。

 

お昼ごはんのサンドウィッチを木陰のベンチで頬張っていると、

初老の欧米人のおばあちゃんに声を掛けられました。

どうやら朝ごはんを食堂で隣に座っていた方のよう。

 

70歳で一人旅をしているドイツ人のおばちゃん。

 

22歳の時に一年間一人で世界一周したそうです。

スペインのイビザやアフガニスタンのカブール、インドのゴア、を庭にしていた、

元祖ヒッピーです(見た目は普通)。

 

すごいいろんな話をしてくれました。

 

彼女の一番のお勧めの国は、インド、イラン、イラクだそう。

シブイ!!

 

あんた達若い人は、パワーもあるし、いろんなことを感じる歳だから、

一人で旅しなさい。って言われちゃいました。

 

ちなみに、そのおばちゃんは、夫なんかときたらリラックスできないわ、

彼は仕事の虫なのよ、とのこと。

 

すごいパワーですよ。ヨーロッパのおばあちゃんは。

 

YU

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

 

 

ラオス編

TITLE  バンビエンの魅力

欧米人に人気のバンビエン。

 

その訳が、今日わかりました。

バンビエンさいこー!

 

一日アクティビティツアーに参加してきました。

 

今日の参加者。

IMG_2745.JPG

左から、韓国人、タイ人、タイ人。

その他、同じパーティには、ドイツ人の初老夫婦、アイルランドの大学生男子、そして僕らの9人。

 

特に右端のおばちゃんは、のろのろペースで、しょっぱなからスケジュールが押し気味。

おばちゃん、足悪そうだしアクティビティ大丈夫か?というかんじ。

 

まずは、チュービング

IMG_2757.JPG

タイヤのチューブにまたがって、洞窟を探検です。

真っ暗なので、イタズラのおばけ声に、ついびっくりしたり。

 

次は、カヤッキング。

IMG_2785.JPG

鳥の鳴き声が聞こえる中、のんびーりとカヤックで川くだり。

 

IMG_2804.JPG

地元のラオピープルが、魚を取っているのを眺めたり、

 

IMG_2836.JPG

 

IMG_2837.JPG

野生の牛(ガイドはバッファローっていってましたが)が水浴びをしているところに遭遇したり、

 

IMG_2839.JPG

子供たちとごあいさつ。

サバイディー。(こんにちは)

 

最高です。

 

ちなみに、先ほどの足の悪いおばちゃん。

IMG_2784.JPG

カヤックに乗ったら、俄然イキイキして、ぶっちぎりのスピードです。

全く歯が立ちません。

事実は定かではありませんが、タイで有名な水上マーケットのおばちゃんかと。。

 

のーびりカヤッキングをしていたら、

突然、ヒステリックなまでの大音響が聞こえてきました、、、

IMG_2813.JPG

川沿いに立ち並ぶたくさんのBAR。

欧米人の若者達が、お酒をのみ、踊り狂っています。

 

大ジャンプ台。

IMG_2830.JPG

水上BAR

IMG_2831.JPG

マッドバレー(どろんこバレー)

IMG_2826.JPG

様々な形で、酒を飲み、踊り、遊んでいました。

 

自然の川の音、風の音、鳥のさえずりが聞こえ、いろんな色の蝶が飛び交う中で、

明らかに、ヒップポップやトランスといった音は異音。

 

バンビエンに入り込んだ外国人が勝手に来て、勝手に遊んでいるような、

地元から完全に隔離された世界というか。

ものすごい違和感を感じました。

 

とか、思いながら、、、

IMG_2818.JPG

中に入ってみると、さすが遊びの楽園。

かかっている音楽も気持ちよく聞こえ、何の違和感も無くなります。

つい、大ブランコに乗って遊んじゃいました。

 

最近は日本でもよく野外フェスなどが、大自然の中で開催されていて、

僕らも好きでよくそういいったイベントに参加していました。

 

大自然で音楽を大音響で聴きながら踊るのは楽しいし、気持ちがいい。

 

でも、今日はじめに外側からお祭りを見たときは、やはり唖然としました。

 

IMG_2845.JPG

バンビエンの魅力。

それは、大自然が見せる魅力と、都会的な酒と音楽の魅力が一挙に味わえることでしょうか。

 

※写真にあった、川沿いのBARなどは地球の歩き方には記載されていないそうです。

 もし行きたい方は、NEW CITYと言えば、トゥクトゥクなどに連れて行ってもらえると思います。

 

 

同じ場所にいても、内と外で感じることが、全く違うのを、痛感しました。

これってどこの世界でもそうでしょうが。

 

ただ、地元のラオピープルは、僕達ツーリストのことをどう思っているのだろう?

 

お金がはいってくるからHAPPY?

それとも。。??

 

きっと川も、これからどんどん汚れて行くと思います。

 

でも、ラオの人達ってはしゃいでいる外人に対して、全然シラけている感じがしないんですよね。

むしろ、にっこりサバイディー!

 

YU

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

ラオス編

TITLE  探検

今日は洞窟へ探検に出かけました。

 

自転車でばびゅーん。

自転車.JPG

 

が、洞窟に行くための入り口にはちゃっかり料金表が。。。

値段表.JPG

一人あたり、2000kip(約22円)。

それに自転車一台あたりも、同じ料金がかかってきます。

 

が、料金を払い、20メートルくらい進んだところで橋がありました。

そこには、こんな注意書が。

橋.JPG

STOP  BIKE  NO  ACROSS。

 

ヤラれた。

フォー!!

旦那さん.JPG

 

洞窟は涼しくていい感じです。

洞窟.JPG

 

洞窟のなかにはこんなキャッチーな仏像が。

お供え.JPG

きちんとお供えされていました。

 

探検後はカフェでひと休み。

ビリヤード.JPG

 

余談ですが、やはりラオス人は生活水準が低いので、

外食の文化がないそうです。

だからほとんど、外人向けの飲食店しかないみたいです。

 

ラオスでは、物々交換で生活されている人も多いようですね。

 

RINA

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

ラオス編

TITLE  バンビエンに到着!!!

ついに念願の移動が叶いました!!!

5日間毎日のように嫁さんに言い続けました。

 

ラオスの首都ビエンチャンからバスで3時間。

バンビエンという街に来ました。

 

宿の窓から撮った風景

IMG_2683.JPG

中国にあるような山が連なっています。(行ったことないけど。。)

 

ベトナムからラオスまでの道中、欧米人達が皆、バンビエンに行く?とか聞いてくるまで、

バンビエンという街のことは全く知らなかったのですが、

カヤックなどの川遊びがおもしろいみたいなので、とりあえず来てみました。

 

街の風景

IMG_2679.JPG

暑いからか、ひとっ子一人歩いていません。

20分も歩けば中心街を一周できてしまいます。

 

IMG_2681.JPG

暑いからか、日傘を頭に装着して仕事中のおっさん。

 

交通標識

IMG_2675.JPG

クラクション鳴らしちゃダメ!

カンボジア、ベトナム、とクラクション&喧騒の嵐の国からやってきた旅人にとっては、

ナイスな警告です。

 

IMG_2676.JPG

犬の親子も川の字になってスヤスヤ寝ています。

ナイス。

 

明日は、バイクか自転車を借りてもっと探検します。

 

YU 

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

ラオス編

TITLE  ラオスな日々

はやく移動したい。。。

という旦那さんを横目にダラダラすること4日。

 

風邪気味だった体調も復活致しました。

 

それにしても首都だとは思えない、のんび~りした街です。

お花.JPG 

 

凱旋門ラオスバージョン。

(写真奥)

凱旋門.JPG

フランス領時代のなごりでしょうか。

 

 

食道楽だったベトナムに比べて、食べる楽しみがあまりないラオスですが、

ハマっているのがコレ。

ヨーグルト.JPG

ヨーグルトです。

メイド・イン・ラオス。

イエーイ!

 

上の層は砂糖なしのプレーン。下の層は果物のコンフュチュールで、混ぜて食べます。

左はパッションフルーツ、右はベリーですが、種類はこんな~にたくさんあります!!

ヨーグルトたち.JPG

キウイソースとかも果肉がごろごろ入っていて、めちゃうまです☆

コンビニなどで1個、8500kip(93.5円)。

 

こちらでびっくりしているのは物価が全然安くない事。

屋台のコーヒー飲んでも120円くらいします。

これくらいの値段だったら、外人用カフェの値段とさほど変わりありません。

 

どこへ行っても、完全に外人料金というものが存在している感じがします。

 

ラオスは物価が安いイメージだったんですけどねえ。

残念。

 

RINA

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

 

 

ラオス編

TITLE  ビエンチャンの日々

ビエンチャンの日々。

 

何かをするわけでもなく、

signal.JPG

信号が赤だの、青だのと、最近気にしたことがありませんが、

ボタン式の信号機があったので、ボタンを押してみたり、、、

もちろんあまり意味はなく、

 

郵便ポスト?

ポスト.JPG

葉書届くのかなぁ、とか思ってみたり、

 

働くおっさん

傘のおっさん.JPG

暑いからね。傘必要ね。

とか思ってみたり。

 

メコン川の夕日

メコンの夕日.JPG

ちょっとだけ眺めてみたり。

 

なーんもしてません。

 

どうもウチの嫁さんが旅に疲れてきたみたいです。

本日嫁さんのご要望により、朝一番で部屋探しをし、

窓付きの部屋に移動しました。

IMG_2651.JPG

こんな感じの毎日でございます。

 

YU

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

 

 

 

ラオス編

TITLE  ラオス入国

昨日の夕方、ラオスの首都ビエンチャンに着きました。

みんなおっとりしていてソフトな印象。

いい感じです。

 

ハノイからはByローカルバスです。

しかも、24時間。

 

スリーピングベッドのバスが満席の日だったので、

しょうがなくこのバスにしましたがしんどかった。。。。

 

しんどいのはわかっていたのですが、

早くベトナムから出国したかった。

 

正直、私はベトナム人が好きになれませんでした。

もちろんどこの国でも同じように、いい人も悪い人もいるのですが、

国民性が、でしょうか、肌に合いませんでした。

 

特にベトナム男子。しかも若者。

以下、独断と偏見です。

 

 

①いいかげん

 

自分の利益にならない事はすぐ忘れるし、してくれない。

安旅をしているから、こういう人によく会うのかもしれませんが、

親切な人は少なかった。

 

 

②弱いものには強く、強いものには弱い。

 

欧米人や旦那さんにはそうでもないのに、私はかなり強気にでてくる。

 

英語ができないなりにしゃべろうとしても、無視されたり、逆切れされたり、

とにかく話を聞こうとする姿勢がない事が多かった。

 男尊女卑もあるかも。

 

自分の奥さんとかには弱気なくせに。

 

やはり、強いものには弱い。

 

 

③すぐだまそうとする

 

それも、これくらいなら、だましても許されるだろうというサジ加減をされている気がする。

こざかしい。

 

 

④声がうるさい

 

言語の特徴もあるかもしれませんがとにかく、うるさい。声も大きいし。

最後のほうはカエルの鳴き声に聞こえてきてた。

 

 

⑤トランプばかりやってる。

 

このへんになると、もうすべてが癪にさわってきています笑

でも一人で読書している人とか全然みないんですよね~。

 

以上、リナオリジナルレポートでした。

 

女の子は落ち着いいて、賢そうな子が多かったですけどね。

でも、よくいえばクール、悪く言えば冷たく感じたかな。。

 

ベトナムはおししいもの食べて、お買い物してって感じで、

内向きに楽しむ旅行ならすごくいいと思いますが、

地元の人との関わりを求めるとちょっとしんどいかも。

 

2週間しかいなかったので、当然かもしれないし、

あまり否定的なことは言いたくないのですが、

異邦人の孤独を感じた2週間でした。

 

国境超えしたローカルバス。

バス2.JPGのサムネール画像 

 一見ただの緑色のバスですが、、、

 

バス.JPG 

 通路にまで人がいます。

(事実上リクライニング機能、使用不可。)

 

RINA

 

世界一周旅行ブログランキングに参加中! 

↓↓今日も読んだらぽちっとクリックお願いします☆ランキングアップしちゃいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村