YU / RINA KASHIKI
Traveler
樫木 雄(かしき ゆう) 1978/06/24 Type A
樫木 里奈(かしき りな) 1980/01/02 Type O
2010年2月~夫婦で世界一周の旅をしています。

Now Loading...

中国の最近のブログ記事

中国編

TITLE  中国の力

先週木曜日から中国は、中秋節(Mid Autumn Festival)という国民の休日で休み。

 

その前日、北京近くに僕はいた。

 

仕入先の工場の人たちが、どんなものを食べているのか、

昼休みの食堂に潜入した。

china mid autumn fes.jpg

写真+スープ+りんご丸一個が、昼食メニュー。

大食い自慢の方々、バッチコイ!の大量盛りだくさんセット。

 

これ、若い女性も、そこそこ年のいった男性も、皆ペロリンチョで全部平らげていた。

僕も気合で食べたものの、完食できず。

 

中国のパワーの源は、昼飯の量から来ています。

 

ちなみに、外人はこの食堂で、このご飯を食べないそうです。

普通は弁当とか、外食とかで済ますそう。

僕が始めての人だそう。。。

 

 

初めて深センに出張。



生暖かいアジアの匂いがしました。
タイなど、暑い国に着いたときに感じる匂いです(イメージ伝わります?)。

街路樹として普通にドリアンがはえています。
shenzen trip1 (31).jpg



そのせい?か、現地の方たちは
御飯の前に、お茶で食器を洗います。
shenzen trip1 (39).jpg


また行く事になりそうです。
中国編

TITLE  アルゼンチン料理

今年1回目の中国・天津。


201301tianjin (3).jpg
ヒル13時到着時点で気温はマイナス5度でした。っさむ。




201301tianjin (10).jpg
四川料理は安定してうまい。



今回は韓国料理に行こう!と連れて来られたこの店。
201301tianjin (7).jpg
店員がどんどん肉を皿においていきます。


どうみても韓国風じゃないし。
201301tianjin (8).jpg
店員に聞くと、アルゼンチン料理だと、、、、
アルゼンチン料理ってそもそもなんだろう?






中国編

TITLE  四川料理を食す

上海に行ってきた。

IMG_0217.jpg




といっても、なぜか食べるものは毎度四川料理。
中国人の中でも、日本人の中でもかなりポピュラーな食べ物として浸透しています。
辛いもん食うぞ!!!おーーー!!!みたいなノリです。




ホイコーロー。
IMG_0220.jpg
山椒の実がパンチを効かしている。辛い。




Diced Chicken(中国名不明).
IMG_0213.jpg
唐辛子の中に、細かく切られた鶏肉.
見た目ほど辛くなく、うまい。




たけのこの何か。中国名も不明。
IMG_0214.jpg
脂っこいけど、うまい。




四川料理、樫木感覚ですと、基本そんなに辛くない。
タイ料理のほうがよっぽど辛いので、恐れる必要はありません。
ただし、次の日のお尻には気をつけて。



中国編

TITLE  最新中国情勢

樫木雄より


お久しぶりです。
帰国後すぐ仕事がみつかり、名古屋で働いています。


で、
昨日出張先の中国-天津から帰国しました。
tianjin (2).jpg
4日間の滞在期間でしたが、
気になっていた反日デモの影響もそれほどありませんでした。
9月30日から10月7日まで中国国内は国慶節という長期連休には入り、
それとともに落ち着いたようです。
天津行きの飛行機は満席でした。


teda.jpgtianjin (5).jpg
仕事で滞在しているとはいえ、
こないだまでバックパッカーだった身には部不相応なホテルに滞在。


何でも揃っていて、快適です。
当然ホテルでも食事ができます。
快適なんですが、やっぱり好奇心が疼くのです。


で行って来ました。ローカルレストラン。
tianjin (1).jpg
川魚のスープ。


うーーーん、まずい!!!!
泥の味がなんともいえません。



しかし、ホテルの食事にはない楽しさは、こういう経験なんでしょうね。
なんともいえない満足感がありました。

おそらくまた中国に行く事になるでしょうから、
次はうまい飯を見つけて紹介しようと思います。