KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

2008年9月アーカイブ

One day in autumn. somewhere in city.
We are going to forest for filming purposes.
She have an accident in the course of the shoot.

yoda01.jpg

yoda02.jpg

yoda03.jpg

yoda03のコピー.jpg

yoda04.jpg

yoda05.jpg

yoda06.jpg

yoda07.jpg

yoda08.jpg

yoda09.jpg

yoda09のコピー.jpg

ハードルの設定項目には利益と品質。

celestine01.jpg

クリエイティブとはその名の通り
創造を売る(買ってもらう)ということ。
そのハードルの基準値をあげていくことで
利益、品質、そして創造力も上がっていく。
これはクリエイティブに特化した話ではなく、
どんな業務にも当てはまることです。

そして、もうひとつの大事な項目が挑戦。
チャレンジ。

celestine02.jpg

ちょっと前のパルコのコピーで、
Looking for newnewというのが。。
次の次を探して実行することは、
すごくパワーがいることだけど、
生命力のある人はそうしてる。

celestine03.jpg
celestine from canada

小津安二郎の映画の中で、
新しいってなんだろうという問いに
それは古くならないこと。
という返しの台詞があった。

それって、そのまんまなんだけど
古くならない秘訣がLooking for newnewとか
挑戦なんだろう。

あきらめずに貪欲にいかないと負ける。

celestine04.jpg
絵にすると強いMarc by Marc Jacobsのワンピース

日中まじまじとみると
タクシーのコックピットはさながら
ガンダムの操縦席みたいに
計器だらけで。。。

R0018127.JPG

で、アムロ・レイ聞きました。
「これ(FeliCa)って、どーやって使うの? 」
「それな、ケータイ置いてピピっとすると
ピピっとなるんだよ。」
と、さすが答えもニュータイプ。

「使い方知ってますか?」と再度アムロに聞くと
「しらん。」と。
まぁ、しらんでしょうな。。。

「使った人います?」
「おらん。」
まぁ、十中八九おらんでしょうな。。。

アムロの操縦は目的地まで
かなりの遠回りをして、少し苛立ちました。

ザク対アムロ.jpg

ザク対アムロ

美しい庭園を眺めに、日本へ

kyoto01.jpg

kyoto02.jpg

kyoto03.jpg

kyoto04.jpg

kyoto05.jpg

kyoto06.jpg

大仏の鼻の穴と同じサイズの柱穴を通る
東大寺では、誰もが貞子。こわ。

kyoto07.jpg

kyoto08.jpg

嵐山では、ポニョを歌いながら鉄平くんの人力車にのって。
いたるところに同じチーム(会社)のメンバーがいて、
すれ違うたび「おーきに!」と声を掛け合う。
人力車のコントロールはピストっぽい。

kyoto09.jpg

kyoto10.jpg

舞妓の美恵雛はん

kyoto11.jpg

そして、ポニョ

kyoto12.jpg

kyoto13.jpg

美恵雛さんの舞いにうっとりするポニョ。

TITLE  二十二歳

22歳01.jpg

今から、15年前。
大学の卒業展覧会で。

一般の大学では卒業論文ですが
芸術大学では、卒業作品を展示公開する
卒展があります。

ダラダラしてる感のある四年生も、
卒展間近になると、いつも以上に制作熱があがり、
夜遅くまで学校の明かりがともっていました。

私はこの頃からデザインという趣味をはじめて、
現在も趣味を続けているといった感じでしょうか。

やっぱり写真が好きだったので
卒展には大きく引き延ばした印画紙のポスター数点と
タイポグラフィーの作品を提出していました。

B倍近い印画紙を暗室化したスタジオで
映写機を使い、投影して焼き込みプリント。
そして大きな水槽を使い、現像液と定着液を
まるで染め物を染めるような作業をしたのを
今でも憶えています。

私はカメラマンではないけれど、今でも、
フォトグラファーのオバタさんはカメラの師匠。

私もそろそろ、趣味ではなくて
ちゃんとしたビジネスをしなければと
写真をみて、いまさらだけど。。。。

でも、二十二歳って頃あったんだな。
ある意味、今より熱くて強いな。

22歳02.jpg


R0017628.JPG


R0017629.JPG


R0017627.JPG


R0017630.JPG


R0017632.JPG

もう、みんなもってる?

うりきれちゃうよ!

TITLE  cassina ixc.

仕事柄、とにかく本が増える。
事務所にある本棚がもうFullで
新しく本棚を探していたら、
美しいブックシェルフを発見!
アルミハニカムで、フレームの厚みは
なんとジャスト10mmのシャープなライン!
マニアにはたまらない仕上です。

早速、お願いしたところ
たまたま神奈川の倉庫にあったらしく
発注から納品まで土日を挟んで5日のスピード!

cassina01.jpg


cassina02.jpg
自宅にも事務所にもCassinaが数点ありますが、
いつもいつもスタッフは丁寧な仕事です。


cassina04.jpg

cassina03.jpg
今回お世話になった株式会社カッシーナ・イクシー
コントラクト部の二枚目、大石くんは
東京から名古屋にきたばかり。
自分の仕事っぷりと自社製品にみとれる。


cassina06.jpg
こんな感じで設置完了。

そして、そこでミラクルが!!
ちょうど左右にあるコンセント口が
ぴったりジャストに顔を出しました。

cassina07.jpg
ミラクル右側

cassina08.jpg
ミラクルな左側

cassina05.jpg

大石君に「前来たとき、計ってた?」と聞くと、
笑顔で「いやぁ〜現場は、なまものですから〜」だと。

cassinaご利用の際は、
ラッキーガイな大石君までどうぞ。

今年も、秋の風物詩「名古屋をどり」を観にいきました。

西川千雅(かずまさ)さんは、
NYのアートスクールの出身だったり、
ものすごい映画オタクだったりと話もおもしろく
かれこれ十数年お付合いさせていただいますが、
毎年、伝統芸能をヴァージョンアップさせているので
ほんとうに見所満載なのです。

私自身は、古典のきらびやかでストイックな踊りも好きで
舞踊の踊り手、舞台美術や尺八や太鼓、そして唄が
ひとつとなっていく舞台にはよく魅了されます。

今回は新作舞踊劇の「鯨に帆かけて」をみたくて
昼の部にお邪魔しましたが、
なんと! 眼鏡!そして素晴らしく面白い!!
親子競演もまた、見所でした。

舞台芸術はそれに携わる多くのメンバーが
築き上げ、昇華させるものですが
日本舞踊で、古典芸術で、歴史がある「名古屋をどり」を
秩序を乱さずに、美しさを壊さずに、
毎年新しい試みに挑戦し、
そして伝統を守り表現していくことに
積み重なる重さを感じます。

つくづく、身体表現者にあこがれる。。。

nishikawa01.jpg

家元、今年もすばらしい舞台、おめでとうございます。

nishikawa05.jpg

家元と千雅さんの親子ツーショット!

nishikawa03.jpg

めがねーズ。

nishikawa02.jpg

めがね同士、鋭い眼光で経済等について討論するわけなく、
話の内容は、おもにくだらない内容が多い。



1

Now Loading...