KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

2009年5月アーカイブ

うちの奥さんが、
松山ケンイチファンなので
かなり早朝から並んで手に入れた
舞台挨拶付きの試写会に。

090512matsu01jpg

ひとみさん、仕事してた。

そんな松ケンファンの奥さんの影響で、
松山仕事、わりと見てるかも。
『L』『人のセックス』『デトロイト』『銭ゲバ』
そして今回の『ウルトラ』と。
それぞれの内容はともかく
かなりの憑依型の役者だね。
よくバラバラなキャラを演じるものだ。

ちょっと今回の『ウルトラ』が
消化不足だったので、
帰宅後『人のセックスを笑うな』を再度観る。
やっぱり一番いいのは、
えんちゃん役の蒼井優だった。

090510aoi01.jpg
090510aoi02.jpg
090510aoi03.jpg
090510aoi04.jpg
090510aoi05.jpg

090510matsu01.jpg
みるめ しょぼぼ〜ん

なんて邦画オタクだ!
なんて松山オタクだ!とハッと気づき、
大好きなティルダ・スイントンが出てる
『フィクサー』を引っ張りだして観る。
すばらしい演技力に感心する。
ティルダ・スイントンの出ている作品は
本当に素敵な作品が多い。
すばらしい女優。スーパー憑依型。

センチュリーの映写機
もう少し映像なんとかならないのかな。
自宅でDLPで観た方が、
解像度も黒沈みもいいかも。

スラッシュ使いカッコよいので
/P/A/K/U/R/I/ ました。

現場で撮影したデータやデザインデータを、
その場で吸い上げたりすることが多いので
バックには、いつもUSBメモリースティック。
LaCieからなかなか素敵なUSBメモリが。
4GBと8GB。USBメモリも大容量で安くなったね。

090508usb01.jpg

090508usb02.jpg
"pattern on pattern on pattern"  on BRUTUS P140

BRUTUSはひさしぶりにミクスチャー系インテリア号。
インテリア好きにはたまらない1冊。
でも、この歯がゆい感じは何故だろう。。。

以前、TBSはなまるマーケット(!)に
教授が出ていて、NYの住まいが少し写真で
出てたんだけど、かなり興味津々なんだけれど、
だって、つい最近はじめてピアノを購入して搬入の写真とか
教授のブックシェルフの中身の写真とか、
はなまるにドーン!とか出てるわけですよ。
小一時間、話ができるわけですよ。
巻頭4ページ、いや6ページいけるわけですよ。

テレビだし岡江さんに薬丸さんなんで、
ソッチ系(はなまる系)に
話がそれちゃうわけですよ。まぁ正味2分ですよ。
そんな教授のNYの住まいが載ってると
よかったなぁ。と思った。
あぁ、これが歯がゆかった理由だ。

過去、感じた歯がゆい感じを、
どこかで補完してほしいと
思っていたことを、改めて理解した。

090508usb03.jpg
ところで、このわんちゃんたち
USB接続。

このメーカー
なかなかコピーも一級品ですし、
なかなか強気な商品開発ですし、
なかなか、
なかなか、


少し前、吞み屋でジブリの話になった。
ジブリといえば、せつこという名前や
ドロップという商品名を聞くだけで、
胸がつまるという症状になったり、
娘と見にいった崖の上では、飽きることなく
「ぽ〜にょ〜ぽ〜にょ〜♪」と
強力な宗教にとりつかれたように唄う
子供や大人など、かなりマインドコントロールする
サブリミナルプロダクションだなぁという
認識しかなかったので、
風の谷から崖の上までの
ひとしきりジブリハーフマラソン。

090420kaze01.jpg
観客動員91万人/1984年

090507rapyu.jpg
観客動員77万人/1986年

090507mononoke.jpg
観客動員1420万人/1997年

090420sen02.jpg
優勝作品 観客動員2350万人/2001年

090420hauru03.jpg
観客動員1500万人/2004年

090420gedo04.jpg
観客動員588万人/2006年

ポニョ 観客動員1200万人/2008年

個人的には風の谷がいちばんショッキングな作品。
エレクトロな効果音やBGMがかなりカッコイイ。
ベストアクターは千と千尋の"カオナシ"  「ァア。。」

宮崎教祖のアフターポニョに期待大。
黒澤明的、終幕はいやだな。

090507comic.jpg
風の谷補完中
原作は全然濃いよ。


今、フォトンベルトにはまってます!
五島勉以来だな。。。


090503_01.jpg
090503_02.jpg
090503_03.jpg
090503_04.jpg
090503_05.jpg
090503_06.jpg
090503_07.jpg
090503_08.jpg
090503_09.jpg
090503_10.jpg
ペテロは大地にひざまずくと、
涙にむせびながら主にむかって言いました。
「主よ、いずれへ行かれるのですか」
(クオバァディス・ドミネ)
 イエスはこたえた。
 「もしもお前が民を見捨てるなら、
わたしがローマに行って、もう一度
十字架にかかりましょう」
それを聞くと、ペテロはなにも言わず、
再び巡礼の杖をとりなおし、
七つの丘の見えるローマの都に向かって
歩きはじめた。

"Quo Vadis"(1895) by Henryk Sienkiewicz

前の10件 1  2

Now Loading...