KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

2011年2月アーカイブ

20110224_pict.jpg
2。

3DSがちょっと楽しみです。

aroundme.jpg
Weekend Snaps.

20110224_M8_01.jpg
20110224_M8_02.jpg
20110224_M8_03.jpg
20110224_M8_04.jpg
20110224_M8_05.jpg
20110224_M8_06.jpg
20110224_M8_07.jpg
20110224_M8_08.jpg
M8 with Summicron35mm,50mm

cotoringowithm8.jpg

「ぱしゃこーーん」と、いいシャッター音がするおもちゃだった。

aroundme.jpg
Iyogi de Matsuzaki.

20110223_02.jpg

20110223_01.jpg

藤ケ丘矯正歯科のしんちゃんに紹介してもらった
伊與木歯科さんに通っている。

初めてここにたどり着いたときは、
昭和オーラが出まくる建物にたじろぎ
「やっぱ、帰ろっかな。。。」と思ったけれど、
今では、通院するのが苦にならないほど
リラックスしています。

伊藤先生のサバサバした感じも良くて
施術もすごく上手い。

本山駅のすごく近くなので、ご近所のかたで
歯医者さん探している方は、いいかと。

僕はこまめに通院して、松崎しげる(本名:松崎しげゆき)目指してます。
うそです。ごめんなさい。

TITLE  Bookhunting38

Books.jpg

20110223_m01.jpg
20110223_m02.jpg
20110223_m03.jpg
20110223_m04.jpg
20110223_m05.jpg
20110223_m06.jpg
20110223_m07.jpg

MURAKAMI VERSAILLES

この展覧会をネットで見たときショッキングだった。
日本の芸術家がここまで(ワールドクラスまで)来たのかということと、
宗教を背景にする西洋芸術、ベルサイユ宮殿とはまったく違うベクトルの
日本のポップアート(アニメ)のレイヤー合成。

そしてもうひとつ僕がショッキングだったことは、
こんなケッコウなことが起きたにも関わらず、
この爆発が淡々と、情景として感じてしまったこと。

もうすでにアートは、社会や世界に対する運動や、胸躍るような新しい世界、新しい仕組みを見せてくれないんだろうか?ということも淡々と思ってしまった。このムラカミベルサイユの本当の意味での理解や衝撃は、時差でドーンと来るのかな? 

ワールドクラスのアーティストは一体どこに向かっていくのでしょうか?

毎シーズン楽しみにしている
Bonpointのヴィジュアルノベルティ。

今回は6カットの絵はがきが、
オレンジ色の糊づけで1冊の
LOOK BOOKになっていました。

どの写真もかわいくて、レベルが高くて
みているだけでポワワァ〜ン。

20110222_bonpoint02.jpg
20110222_bonpoint03.jpg
20110222_bonpoiint01.jpg

Bonpoint Summer 2011

20110215_mar.jpg

安全ピンのついたガーゼシャツに
ボンテージパンツをはきだした17の頃。
そのパンクルックの着心地と肌触りで、
スーパーあがるテンションは、
スーパーのどかな田舎の高校生活の刺激になっていた。

パンクルックでその頃乗っていたママチャリで村を颯爽と移動。
自転車の乗り降りにボンテージのヒモがサドルにひっかかり
度重なる転倒の経験から、僕のボンテージからはヒモが撤去され
ファスナーがいっぱい付いている、
ただの黒パンツに変わったことを今でも覚えている。

17で、パンクからの卒業。

あれから20年。

春夏物パトロール中、マルジェラのシャツに出会った。
試着してみると、これがまた綺麗なシェイプとデザイン。
襟のラインも素敵で、久しぶりに見事な1着。

特筆すべきはデザインだけでなく、その着心地。
17の頃の安全ピンのついたガーゼシャツを
来た時の肌触りというか、あがるテンションを
よみがえらせてくれたマルジェラのシャツ。
なんだか、ジワーっときて
あの頃を思い出した。

刺激が麻痺するこの年頃。略してマンネリ。
そんな僕の意識のヒダを刺激したマルタン マルジェラ。
この出会いは、ちょっと新鮮だったのでブロギング。


TITLE  M8

20110216_M8.jpg

ちょっと面白いおもちゃを借りたので
週末いろいろ撮ってみようと思う。

20110210_tonetone.jpg

対馬君のスタジオがセットアップされたようなのでお邪魔してきました。
なにげな星条旗がいいですね。

ビルをリノベイトして、カフェとスタジオが共存するスタイルは、
MAISONETTE代表の山本さんのスタイリング力でしょうか。

対馬君とcafe re:Li(リリ)でランチをしながら近況報告。

re:Liのマグやお茶碗は、オリジナルで
多治見の窯で焼いてもらっているそうです。
もっと型数、色彩数増えると面白いですね。。。

その後、MAISONETTE山本さんも合流して情報交換など。。。
わずかな時間でしたが、論(ロン)しましたw

楽しかったです。美味しかったです。ありがとう。また行きます。


MMSF.jpg



近々同士を集い、上陸を果たした暁には、色々美味しいものを食べ、買い物もして、観光もして、DVDやらCDやらブロマイドショップやらなんやらかんやら。

TITLE  GXR TO GTR

20110210_GTR.jpg

CP+で発表されたGXRのMマウントユニット。APS-Cサイズのセンサー搭載ということことなので、焦点距離が1.5倍換算となる。となるとSONY NEXと同じ。28mmが42mmに。35mmが52.5mmに。50mmが75mmというレンズセットに変わると思えば面白いし、フィルムカメラとデジタルのボディで同じレンズが楽しめるのは清々しい。しかし発売が秋ということなので、その時期にはSIGMAのMマウントやLeicaのMシリーズ以外のレンズ交換機、そして販売好調のNEXの新型7も出揃う頃。しかしまぁ、よくも毎年どんどんとデジカメやらケイタイやら新種出すけど、需要あるんですかーーー???とメーカーに聞いてみたいが、その生産開発サイクルは転がる岩のようで誰にも止められない。恐怖。と、スタバ中、おっとGTR。いいね〜。とバックからマイ・デジカメを取り出してメモる。4年前のリコー製GX100は、まったくもって現役でなにひとつ問題なし。壊れるまで使いたい派。これ、いいカメラなんだよなぁ〜。ぐわし。

1  2

Now Loading...