KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

TITLE  my bookmark_1st Quarter review

Books.jpg
my bookmark 1st Quarter review 2011

20110331_book01.jpg
20110331_book02.jpg
01.そうだったのか!中国/池上 彰 02.そうだったのか!アメリカ/池上 彰 03.女たちよ!/伊丹十三 04.ニセモノ師たち/中島誠之助 05.バカの壁/養老孟司 06.宇宙は何でできているのか/村上 斉 07.誰も知らない「名画の見方」/高階秀爾 08.眠れなくなる宇宙のはなし/佐藤勝彦 09.facebook/ベンメズリック・夏目 大=訳 10.芸術闘争論/村上 隆 11.反アート入門/椹木野衣 12.印象派はこうして世界を征服した/フィリップフック・中山ゆかり=訳 13.静かなる旅人/フェビエンヌ ヴェルディエ・野口園子=訳 14.劇的な人生こそ真実/萩原朔実 15.悪名の棺 笹川良一伝/工藤美代子 16.共感覚者の驚くべき日常/リチャードEシトーウィック・山下篤子=訳 17.身体革命/根来秀行 18.銀色夏生/銀色夏生 19.ライカワークショップ/田中長徳 20.西洋絵画のひみつ/藤原えりみ

映画はみてないけど「facebook」は面白かった。
現代の青春群像ノベルと言った感じで面白くスルっと読める。
もしかして、映画より面白いんじゃないの?

村上隆の「芸術闘争論」と椹木野衣の「反アート入門」
現代アートに関するネタばらしというか、アートのルールブック。
併せ読みで、これまた面白くスルッと読める。
ときたま、椹木さんの文章が、遥か彼方にとんでいってしまう感じも面白い。

20110331_book03.jpg

2011年第1四半期のベストは、「静かなる旅人」です。
フランス人のファビエンヌが、引き寄せられるように
中国の芸術大学に入り、書をもくもくと習得する。

まぁ、それはジャッキーチェンがじじいの弟子になり、
どんどん強くなっていくクンフー映画や
悟空が加重力の宇宙船の中で、
死ぬほどトレーニングして仙豆食べて、
死ぬほどトレーニングして仙豆食べて、
フリーザやっつけるテンションの芸術家版。
(まぁ、誰もやっつけませんけど。そんな感じもありつつ。。。)

これは、面白かったなぁ。
映画になるんじゃないかってくらい。


Comments

Now Loading...