KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

2011年4月アーカイブ

20110428_4.jpg
4。

----
サジ君からのメールで知った、
Fujifilm800Zのディスコン。
ショック。
----
iPad2、軽い!!
最初からそうしてよショック。
----
楽しみにしていた、
少女時代のコンサート延期。
ソニョシデショック。

「こんにちは、ハジメくん。ひさしぶり。」
「いらっしゃい。ヒロセくん。ひさしぶり。」
-----
「スパークリング飲みたいけど、ハジメくん手伝ってくれる?」
「私も、飲む!」
「おめえ一人に飲ませるわけにはいかねえんだよ」
「この先はやっかいだぜ!」
「つきあうぜ、チームホルモン」

20110429_pece01.jpg

「ちょっと! 飲んでないで仕事しなさいよ!」
「あれあれ、、、まさか、お忘れじゃないでしょうね、パスタ。」
「あぁ、、、はい。ヒロセくん今からつくるね。」
「ハジメ! 俺のマジは、おまえのためにある」

20110429_peace02.jpg

「。。。。。」

「ヒロセ軍団対peacenikねえ、、、
狭い店内、ぶつかって貰いましょうか?」

20110429_peace03.jpg

「出来たよ〜。」
パクパク。もぐもぐ。(むむっ。なかなか美味い。)

「ハジメ! マジの意味を教えてやるよ!」
「僕がやめるまで、ここの景色は渡せねえ」
「来いよ! ハジメ!」
「熱き血潮のやわ肌よ、、、明日はもうない」

20110429_peace05.jpg

「はぁ。ヒロセくんのパスタ作って疲れちゃったよ。。。
焼酎飲もうっと。。。」
「しょうがねえなあ、、、やっちゃいますか?」
「山椒姉妹が相手になるぜ!」


peacenikの夜は更けて行く。

「、、、階段、登らせてもらおうか、、、」

TITLE  spyphoto.

20110422_parco000.jpg

20110422_parco002.jpg

20110422_parco003.jpg

撮影は古川くん。モデルの泉水さんは、強かった。
それにしても、Sonnar 50mm/F1.5はいいレンズだなぁ。
惚れ惚れしちゃう。 泉水さんに? Sonnarに?

パルコ、明日から。

4/23SAT START
Nagoya PARCO for Otona girl.

creativedirector_kentaro takahashi. artdirection_visknow
photo_yoshitaka furukawa. model_seira izumi.
hairmake_mika toyota. stylist_takayo suzuki.





NO MUSIC NO LIFE.
No Twitter, No facebook but alive.
という寺西さんに道でばったり会って、

「もうすぐ新しいのが出るbattlesがおすすめかな。
ちなみにBattlesと書いて、
日本語だとバトルスと読むんだよ。」


と、なまTweetしてもらったので、
早速Youtubeすると、スゲーかっこいいので
新しいのitunesします。


TITLE  Otona girl

20110420_parco01.jpg
20110420_parco02.jpg


TITLE  bookhunting41

Books.jpg
Bird Watching/Paula McCartney

20110420_01.jpg
20110420_02.jpg
20110420_03.jpg
20110420_04.jpg

フレーミングされた景色に、造作された小鳥のフィギュアをタイミングよく配置して、様々な森で写真に納められているこの写真集は本当のバードウオッチングの写真(つまり望遠レンズで一瞬をとらえたアレら)よりも現実味を帯びていた。強いて言うなら美しさが足りない気がするけれど。

20110419_02.jpg

週末、サカイ君に誘われてON READINGで
ミウラカメラくんの展示を見た。
ちょうど、ご本人も会場にいらしたので、
いろいろお話しを。

「こんにちは。ヒロセです。」
「こんにちは、ミウラです。」

(中略)

「プライベートスナップだね。あれ? 結婚してるの?」
「いいえ。まだしていません。」
「そうなんだ。この写真の食卓の料理がにぎやかだから。。。。」
「その時は、彼女サンが料理を作ってくれて。。。」

その時、ミウラカメラくんが発した、
彼女+サン=彼女サン。

彼の写真は、その言葉に集約されているかのようだった。

------
以前、秋元康氏が
ミーティングの時の発言に、
若いスタッフが深い共感をしめして
「なるほどですね!」と発言したことに関して、
なるほど+(そう)ですね=なるほどですね。
に、いたく時代を感じたというようなことを
テレビで言っていたのを思い出しました。

20110414_01.jpg
Sonnar 50mm/F1.5 + FUJIFILM PRO800Z

タカヨちゃんの靴。
これを履きこなす。
なかなか、カッコいい。

TITLE  K/I/T/T/E

20110414_kitte01.jpg20110414_kitte02.jpg

20110414_kitte03.jpg

切手コレクターの僕としては、
かわいい切手には目がない訳で。


日本赤十字と中央共同募金会は4月6日現在で、
千二百八十四億円(1284億円)の義援金が集まっていると報告。
(中日新聞朝刊 4/9)

みんながみんなを助けようとして集まったお金の合計額。
各個人、各企業が、こころざし同じくして募った金額だ。
すごい金額だ。1284億円。。。

-----
しかし、今回の震災で亡くなった人・行方不明者に対して1人35万円。
福島原発の半径30キロ圏内の世帯に世帯あたり35万円。
半壊した世帯に18万円を第1次義援金として配分することに決定した。

僕は、この記事を読んで虚しさを覚えたけれど、
さらに厚生労働省によると、お亡くなりになった方々、
そして建物被害の把握ができていないが、
最大で二千百億(2100億円)が、第1次義援金として必要だという。。。
そしてこれからの東電の責任と補償。日本国としての対応。

-----
僕は、大前研一氏の提案に賛成派(★0:59:00~)。
現状の消費税5%を1年間だけ6%にあげて、
その1%が年間およそ2兆円になる。
そのお金を使って復興支援にする。

もちろん、その1%が景気停滞と生活負担を
招くという意見はもちろんあると思うけれど、
お金が圧倒的にまだ足りていない。

-----
しかし、どうも僕は義援金という漢字と音感が好きになれない。

1  2

Now Loading...