KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

2011年11月アーカイブ

20111114_11.jpg
11。
-----
ほんとうに、ほんとーに、iPhoneの日本語変換がひどい。
なので、めーるはへんかんなしのひらがなめーるでおくりっぱなし。

----
定食屋でパラパラとジャンプを観察。
おっと、HUNTER×HUNTER復活。これが面白い。
流石、冨樫王子。天才。♤ヒソカ♡も復活。

---
PRADAのタータンチェックのバック。
まー、ダサかわいくてツボですな。
ジムバックにしたいな。いーなー。
Xmas present for me! はPRADAか、カメラか。。。。

--
最近、ローファー気分で色々物色中。
2012SSのnonnative/REGALのコラボローファーに期待。

TITLE  末端価格!?

20111126-01.jpg
20111114_02.jpg

まったんかかく1kg1500円はくだらないという、上質な粉が♤ヒソカ♡に届きました。これで年末にかけて、何十人は確実にハイになれます。毎年上質な、常陸産。最高です。




編集長のはらちゃんレコメン、大プーッシュ。坂本慎太郎。




我が家のむすめレコメン、大プッシュー。おれ、ねこ。

-----
どっちも、休日にいい〜。

-----
さて、休日。今から広小路GYAKUSOUしてきます。

TITLE  bookhunting49

20111119_01.jpg
20111119_02.jpg
20111119_03.jpg
20111119_04.jpg
20111119_05.jpg

I Love that You Love what I Love / Pip & Pop

数々のアートブックを出版するFOIL(フォイル)から、
少し前にリリースされた、カラフルで幸せな本を手に入れました。
とても人気のある本らしいです。
----
先日、京都のTomio Koyama Gallery内に
FOIL GALLERYがありました。
ギャラリーの人と話をすると、
東京から京都にギャラリーを移転ということで、、、

京都、またまた面白くなりそう。

----
週末、雨。
どこかいい遊び場ないかなぁ。。。



20111116_fuji.jpg

ついにFujifilmのミラーレスのリーク画像出ました。
X100,X10よりボディの質感上げて欲しいですね。


高速とばして週末、京都まで。
-----
20111116_01.jpg

「超京都」観てきました。名勝渉成園(しょうせいえん)/東本願寺に飾られたアートをみながら、お庭眺めながら、回遊庭園歩きながら、芝生でごろごろしながら、記念撮影しながら、週末満喫しました。
----
20111116_02.jpg
20111116_03.jpg
20111116_04.jpg

(※建物内、撮影不可だったので写真ありませんが)こういうアート展、いいです。景観や環境も取り込んでひとつの時間の流れを楽しむ。贅沢です。広い畳の空間で、アート。そして、ご自由にどうぞなお茶とシャンパン。贅沢です。パリにヴェルサイユ宮殿があるように、日本には寺院がある。名古屋で開催するなら興正寺でしょうか? 料亭でも面白そう。
---
さて、京都のもうひとつの楽しみは、お料理です。
京都特集だった家庭画報でアドレス探し。
鉄板料理のコースに舌鼓をうちながらも、
僕はドライバーなのでノンアルコール。
このお料理には、赤。こちらは白かな。。。と、大人の脳トレ。

20111112_01.jpg

先日、ギャラリーIDFさんにお伺いしたときに、とても気になるガラスの一輪挿しをみつけた。まるでムーミン谷に住むニョロニョロのようなその風体は、シャープで脱力感。という、なんとも気になる姿形で、僕は、展示してあった3姉妹のうち長女と末娘を自宅に持ち帰った。
-----
これを作った作家・金井さつきさんとしばしお話しをさせてもらった。ガラスのなるがまま、言うがまま、作るときもあるという言葉が印象的で、押さえつけるわけでなく、時には相手(ガラス)に身をまかせてコントロールしていくといったところだろうか。
----
なにかモノを作る場合でも、計画を進行させる場合でも、本当にこのことは重要で、自分を全面に押し出し、押さえつけると上手くいかなかったり、歪んだり、成果物も自分のレベル以上に進まない。力を借りないと、人間は何も出来ない。力を借りるときは、借りるものや人に、愛を送らないと上手く行かない。これ、頭でわかっている人は多いけれど、体現している人は以外に少ない。
---
さて、話は変わって僕はガラスのものさしの目盛りが乏しいんです。まだ、多くを観ていないんです。これからいろいろなガラス作家の作品や仕事を観察して、ガラスの目盛り(メモリー)も増やしていこうかなと思っています。〝ガラスな人〟がお知り合いにいたら、紹介してね。

20111112_02.jpg
この日、たまたまお出迎えをしてくれた、IDFオーナーのお猫様。
(娘カメラ)

--
先日、本屋で「死ぬまでに観たい映画1001本」の改訂版が出ていた。
その改訂版のカバーがブラック・スワンのナタリー・ポートマン。
なんだか、府に落ちない。では、誰が表紙?と聞かれても答えられないけれど。
なぜなら、というレベルだからです。

週末、時間がとれたら家族で、京都の超京都でも見に行こう。

20111109.jpg

東本願寺/名勝渉成園の書院や茶室に飾られた現代美術を眺めながら、庭園を眺めながら。。。と、京都ならではの環境に週末、溶け込みたいなぁ。
-----
超京都|ultra kyoto
2011/11/11----13
名勝渉成園〈東本願寺〉
----
週末、京都行かれる方は、ごゆるりと。




ナロー。



あぁ、ナロー。

ナローよ。

あぁナロー。

ナローに首ったけ

TITLE  アサシカ

20111102_01.jpg

今年の始め、親不知(おやしらず)を抜いたことがきっかけで、
毎月良いペースで歯科通いを続けている。
-----
予約も治療も仕事に支障がないように朝9時頃までには終わらせてもらっていて、歯科医嫌いだった僕は、あの悪魔のような「キィーーン」という音にはちっとも慣れないけれど、程よい通院ペースが生活のリフレッシュとリセットになっている。
----
歯医者がリフレッシュ?と思われるかもしれませんが、治療・検査・歯石取りが、歯とはぐきをシャキッとさせるように、気分もシャキッとさせてくれるのです。
---
僕も40代を迎え、歯とはぐきのフルメンテナンス中です。
毎日ちゃんと歯磨きをしていると思っていても、
ケッコーひどいことになってますよ。口の中。
驚くほど。

1  2

Now Loading...