KENICHIRO HIROSE
Art Director
広瀬 憲一郎(ひろせ けんいちろう) 1971/04/06 Type O
クリエイティブオフィス visknow代表。

www.visknow.com

2012年8月アーカイブ

20120831.jpg

エリイのバイブルである『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著、集英社)には「覚悟」という言葉が頻繁に出てきます。覚悟については僕らも常々思うところがあります。人間は覚悟の分だけしか手に入れられないし、また提供できない。いい作品を作りたいなら、やっぱり覚悟を決めるしかないわけです。

芸術実行犯/Chim↑Pom/朝日出版社

-----
ファッション誌やその周りが、紅一点のエリイをにぎやかにしていて、
Chim↑Pomって、なんだか得体のしれない集団だった。
なんのために、その活動をしているかも不明だった。

----
この「芸術実行犯」を読むと、なんとなくChim↑Pomわかった気がする。
そして、世界の予定調和を超えたところにある
アートシーンにも気づかせてくれた。

社会に〝インパクト〟を。

---
引用にもあるように、「覚悟」をきめた人間は強い。
強い人間が送り出す「創造」も強い。

それに〝インパクト〟はあるか?
これは、どこの世界にも通ずる。

-
my book mark 17/100

20120830_01.jpg
大人の嗜み。プールサイドでは誰もが読書。ビールとともに。

20120830_02.jpg
その、大人の嗜みVIP席は、だれの視線からも美しい場所に。が、達人。

20120830_03.jpg
ロケーションハンティング。four seasons hotel

20120830_06.jpg
全員エキストラ。5秒止まってもらいました。

20120830_04.jpg
見るだけでお金を取られる、ただの田んぼ。

20120830_05.jpg
数えきれないほどの紙幣を数え、タクシーの運転手をビビらす人。

20120830_07.jpg
20120830_08.jpg
カメラを向けられたら、カメラをむける。
カメラ好きのあいさつのしかた。基本。

20120830_09.jpg

20120830_10.jpg
この美しい景色に、ふるえるほど感動し、
からだ全身全霊で喜びを表現していたはずが、
ラジオ体操になっているme.com

20120829_01.jpg
まるで、京都の長屋のような、入り口。

20120829_02.jpg
いぶ岡
こぶたの丸焼き
ウブド バリ
(直訳:誤訳)

20120829_03.jpg
景色よし。ナイス・ビュー。

20120829_04.jpg
花びらのように、散りゆく中で、
夢みたいにきみに出会えた奇跡。
愛し合ってケンカして
いろんな壁ふたりで乗り越えて
うまれかわっても あなたに逢いたいくらい
すげーうまい。

☆3つ。

いぶおか。

スーパー レコメンド オブ バリ。

TITLE  white wedding

20120828_01.jpg

20120828_02.jpg

20120828_03.jpg

20120828_04.jpg

20120828_05.jpg

20120828_06.jpg

20120828_07.jpg

20120828_08.jpg

20120828_09.5.jpg

20120828_09.jpg

20120828_10.jpg

素晴らしいウエディング!!

おめでとう。

TITLE  fujifilm/X-E1

20120824_02.jpg
デジカメの中で、二番目に好きです。

20120824_01.jpg

安江君のウエディングパーティーに、行ってきます。

きっと素晴らしい1日になります。

-----

でも、その前に、
むこうに着いた夜、天体写真撮りに行く予定。

20120818_01.jpg
CalpisNightonight/カルピスナイトゥナイ@peacenik

日本全国のカルピス愛飲家のみなさん、こんばんは。
カルピニストのヒロセです。

さて先日〈生活と食と文化を結ぶ〉peacenikで
カルピニストの集いが開催されました。
カルピニストの作ったカルピスを飲もうと、
会場は熱気に満ちあふれ、入場制限。

-----
初恋の内容の濃さをカルピスの濃さで表現する〈ショットカルピス〉から、
水をついでも、ついでもなくならない〈わんこカルピス〉。
そして、カルピスの味のグラデーションを楽しむ〈追いカルピス〉など
みなさんの奥義も飛び出し、カルピスの奥深さから初恋の想い出、
蒼井優と長澤まさみはどちらが乳酸菌かという論争まで、話はつきません。

----

20120818.jpg

そんな中で、ヒロユキのスペシャリテ
マスカルポーネのムースにカルピスオレンジ。

〈ぶっかけカルピス〉

う〜ん。美味しい! 間違いありません。

----

イベント終了後。自宅で、ほっ。とカルピス。

20120818_03.jpg


20120817_03.jpg

2012081704.jpg
Rolling Reality 2
2012 Oil painting.Inkjet print,gesso
210mm×297mm

-----
本当は、こんな現実だったなんて、驚愕!

20120817_01.jpg

20120817_02.jpg
Rolling Reality 1
2012 Oil painting.Inkjet print,gesso
210mm×297mm

----

荒井理行さんの作品が届きました。

彼の作品は、断片の写真から、
そのフレームの外を描く作風です。

解釈のしかたで、その写真の本当の現実が曖昧になっていく様と
新しい世界を荒井さんが、定着させていく2面性を持っています。

まさにモデル依存実在論。

昨年も、荒井さんの作品は気になっていましたが、
今年はさらにブラッシュアップされました。

来年3月の彼の個展が楽しみです。

-----

ジョギング日記

こんなに暑い昼間だけれど、驚くぐらい夜の街は走りやすい。
いつもより、発汗の量も気持ちいいくらい多くて、
なりふりかまわずジョグ。そんなジョギング中の僕に、
広告の入った、うちわを渡してこようとするパチンコ屋の店員。
おもわず受け取ろうかどうか一瞬躊躇するも
(まぁ、見た目ドロドロで、うちわ使って欲しかったんだろが、、、)
ジョギング中にうちわはないわ〜。お兄ちゃん。。。

-----

カルピス日記

ここ最近、原液を水で割る正統派カルピスのおいしさに夢中。
いちばん自分好みのカルピス味を、原液をうすめる水の、白色の濃さで
おいしさぴったりジャストに加水できると、娘に自慢すると、
「カルピス作って」と甘え毎度オーダーされるが、
「自分で作れ」とスパルタカルピス。

----

40mm日記

フォーカスや造りは、少々もっさりしているけれど、
うすい、軽い、画角良好。で、最近つけっぱの40mmレンズ。
ほぼ人の目の画角に近いといわれている50mmよりも、
少し(つつましやかに/冷静に)引いた画角に惹かれ。


20120809_01.jpg

----

AW日記

20年ぶりにCOMME des GARÇONSで黒のセットアップ。
シルエットが細身できれいで、生き方を着るっーか、
ほら、お仕事で使うからねー。ねぇ。と自分を納得させて即決。
もうAW散財は打ち止め(仮)

20120809_02.jpg

1  2  3

Now Loading...