MICHIKA MOCHIZUKI
Photographer
望月 みちか(もちづき みちか) 11/09 Type A
名古屋出身。2002年12月より渡米、NYブルックリン在住のフォトグラファー。女性誌のファッションページからビューティー、NY特集ほか、広告撮影まで幅広くこなす。趣味は旅。一年に一度行った事のない国、街を訪問する。
【雑誌】
ELLE/25ans/marieclare/Sweet/Spring/Smart/GRAZIA/VOCE/GRACE/Glamorous/Figaro/Oggi/Domani/Precious/Harper's BAZZAR/WWD その他多数。

www.michika.us

TITLE  E.Y.WADA

先日のことですが、飲み友達でもあるデザイナー和田修治さんとウニョンの二人が手掛けるブランドE.Y.WADAのルックブック撮影をしました。今シーズンのテーマは "Canadian Wood"だそう。暖かみがあってどこかノスタルジック、なのにNYらしくモダンで、モード感をもミックスしたコレクションに。どの作品も二人の人柄がとってもよく現れていて大好きでした。
暖かくて優しくて楽しくて、そしてクールなところ。これからのさらなる活躍が楽しみです!

撮影したemail用の軽バージョンはこちら
lookbook fw 2011 layout reduced1.jpglookbook fw 2011 layout reduced2.jpg


以下『装苑』2010年07月号より引用
E.Y.WADA
ローワーイースト発、アップタウン×ダウンタウンミックスのニューヨーク・スタイルをテーマにコレクションを展開する"E.Y. Wada"。DKNY、エレン・トレーシーなどでデザイナーとして修業を積んできた韓国人デザイナーのウニョン・ソンと、マーク ジェイコブス、ザック・ポーゼン、リチャード・チャイなどでパタンナーとして活動した和田修治によるこのブランドは、ソンの持つリアリティ感覚に和田のユ ニークな遊び心がうまく絡み合ったニューヨークの"今"を意識したスタイルが新鮮だ。このデザインデュオが初めて発表した2007年春夏のショーは、新人 デザイナーの登竜門として知られる「Gen Art Style Award」のベスト・ウーマンズ・レディ・トゥ・ウェア部門でグランプリを受賞、2009年には最初のランウェショーを行なった。「自分の才能を発揮で きる場所に、自分自身がいられることも才能」という言葉をかみしめて、大好きなニューヨークの街の鼓動を感じる服作りを目指す。「次回のショーはプレゼン テーション形式で、よりいっそう自分たちの世界観を拡大していきたい」と語る和田。タフなニューヨークのファッションビジネス界に、軽やかな自然体で挑む 二人の明るいまなざしが印象的だ。
http://fashionjp.net/wnext/newyork/ny00077.html





Comments