MICHIKA MOCHIZUKI
Photographer
望月 みちか(もちづき みちか) 11/09 Type A
名古屋出身。2002年12月より渡米、NYブルックリン在住のフォトグラファー。女性誌のファッションページからビューティー、NY特集ほか、広告撮影まで幅広くこなす。趣味は旅。一年に一度行った事のない国、街を訪問する。
【雑誌】
ELLE/25ans/marieclare/Sweet/Spring/Smart/GRAZIA/VOCE/GRACE/Glamorous/Figaro/Oggi/Domani/Precious/Harper's BAZZAR/WWD その他多数。

www.michika.us

TITLE  BJのこと

ここ数年ムック本の撮影がかなり増えたような。。
いろんな出版社から出してるよね、ムックブック。
付録が豪華で、デザイナーズ本が主流なので、ショッピング感覚で本を買う感じ。

私がNYページにて撮影したことのあるムックだけでも、
アナスイ、イリーキシモト、ジルスチュアート、マークJ、ユニクロ、レスポザック、レベッカテイラー(以上、すべて宝島社)、最近やったものでは、ベティ―ジョンソン(宝島社)、レッドウィング(エイ出版社)などなど。

ベティージョンソンのムック本は20ページちょっと撮影があったので、3日間、BJ本人からめてのシューティングをしました。NYFWやヴィンテージショップで見かけることはあったけれど、これほどパワー溢れる人だとは知らなかったので、3日目にはすっかり私もBJのファンになってしまった。何せ撮影するにもいろんなアイデアを提案してくれたり、バック転やら開脚ポーズをしてくれたり、ハイヒールでジャンブしたり!とにかくいつもテンション高く、サービス精神旺盛。お茶目でカラフルなBJ、いくつになっても真っ赤な口紅とハイヒールが似合う、キュートな女性でした。
BJムックは宝島社より、9月中旬発売予定。BAGつき!!!

写真はバスルームにて。

ny0085.jpg




July4thホリデーということで、プチ旅行してきました。

しかも、かなりミーハーな計画を実現してしまった。

インデペンデスデーの花火をどこから見ようかと、ハドソンリバー沿いのレストランやホテルを調べていたら、いいプランを発見!!

そう、NYに暮らし始めてからは一度も泊まったことないシティホテルだが、
たまにはよいかもと、ハドソンホテルを予約。そして、宿泊者のみ入れるスカイテラスで花火を観賞!このプランはかなりお得でした。だって、サービス料税込み$189で、モエシャンペンロゼ$25
が2杯、ハドソンホールでの食事代$50分がついてのspecial offersだったので。
部屋はかなり狭くてびっくりだけど、トータル$100分のサービスにプライベートテラスからの花火観賞つきだったので文句なし。次々できる新しいデザイナーズホテルに負けまいと、頑張ってるのかもー。
http://www.hudsonhotel.com/#/home/

そして、翌日はホテルからすぐのポートオーソリティからバスで2時間ちょっとのアトランティックシティへいざ。泊まったのは、ハラーズリゾート。
http://www.harrahsresort.com/casinos/harrahs-atlantic-city/hotel-casino/property-home.shtmlプールが魅力なのでここにしたのだけれど、ホリデーともあってなのか、ものすごい人、人だらけ!!。まずチェックインするのに長蛇の列。。。約1時間並んでようやく部屋に辿りつく。早速着替えてウォーラーフロントにあるプールへ行ったら、、、、まさしく芋!芋!イモ洗い状態。プールサイドに並ぶガゼボで読書するつもりだったけれど、あまりの人だかりで気が失せ、2階のサンデッキで1時間日光浴後、部屋でシエスタ。夕飯後はお決まりカジノで、タダ酒飲みながら、チビチビ勝負。かわいく負けました。

NYの夏は短いから、休みとなると、ついついプチバケ。

にしても、暑すぎる。今日の最高気温、39度だって。

写真は、またしてもI-phoneから(花火とアトランティックシティにて)

photo65.JPG













photo68.JPG


photo67.JPG







photo68.JPG

TITLE  Greenwood lake

ここ毎週、Greenwood lakeに釣りにいってました。
家から車で2時間くらいのNJ州にある湖です。
NYへ来て、フライフィッシングの経験はあったけれど、バス釣りするのは人生はじめて!

Jのボートに乗せてもらって、ビュンビュン風を切って走るのが、きもちいい〜。
湖岸にあるボートで行くバーも、かなり気に入った。なんたって、バーの前にボート専用のパーキングがあるんだもの。気分はちょっとセレブ(バス釣り用ボート だけどね、笑)!!
そして、いつも日が暮れるまで釣りをするんだが、結局、私は未だに1匹も釣れず。もう、3度もチャレンジしてるのに〜悔しい。でも、夕暮れ時から刻々と変わりゆく空と 湖との美しいグラデーションがすばらしいから、また釣りに行きたいと思わせるんだよね。次回はコパでいいから、釣りたいわ。

ボートで行く湖岸のバーと、夕暮れときの湖と空、I-phoneにて
photoa.JPG
photob.JPG

photoe.JPG

TITLE  海の中

夢の中で潜ってた。
NYに来てから、潜る機会がまったくなくなってしまったせいか、急に恋しくなったのかも。
去年はメヒコで、おととしはコルシカ島でシュノーケリングしたくらい。もうずっとダイビングはしていない。

かつて潜った海の中で、とくに印象的だったのは、パラオ諸国。
珊瑚礁がとにかくキレイで、ナポレオンを撮ろうと追いかけていたら、深い海に吸い込まれそうになっていたっけ。あとは、タヒチのボラボラ島。数メートルはあるだろう大きなマンタと、その家族がやってきた時は一瞬にして光が閉ざされ、美しい濃紺の闇になった。シャッターチャンスを逃すまいと夢中になってたから、私の腰にくくっていたエサ袋を食いちぎっているサメにはまったく気づきもせず。たしか、モルディブでは、シュノーケリングでも亀が見れたよな。

ああ、スイスイスーイっと、どこまでも。
また、澄きとおった海の中で泳いだり潜ったりしたい。初夏、懐かしい記憶が花咲くよう。

photo10.jpg




TITLE  hipstamatic

に、はまってます。
そう、I-phoneのアプリ。ポラロイド風に撮れるshakeitphotoも楽しめたけれど、
このhipstamaticは、フィルムの種類もレンズも選べるし、フラッシュも好みをチョイスできるから、かなり遊べるのだ。普段は重たい機材持って撮影してるから、オフは手軽なI-phone撮り、まるでおもちゃいじってるみたい!

photo2.jpg



photo3.jpg
photo9.jpg

photo1.jpg

  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12