MINORI KIMURA
Socio-Estheticienne
木村 佳央(きむら みのり) 10/21 Type B
2005年渡仏。C.A.P.(職業適性証書)取得後、温泉治療施設併設のスパで就業。その後、ソシオエステティシャン養成機関CODESへ入学し、2009年ソシオエステティシャンとなる。現在、予防医学(東洋医学)の観点も取り入れながら、個人の持つ自然美を引き出し、心身のバランスを整える心地良いボディメイキング&メンタルケアを提案するセラピストとして活動中。

TITLE  現実?


こんな光景を実際に目にしたらどうなってしまうんでしょう
圧倒されます 地球の姿

camel-thorn-trees-namibia_35259_600x450.jpg

詳しい説明はこちらから





Comments

はじめまして。
私は現在、仙台市にあるエステティックスクールに通っております。守屋と申します。
元看護師の私は、ソシオエステティシャンの活動に強く心惹かれて今年入学しました。

エステ協会の会報紙で木村さんのことを知り、日本のソシオエステティックのパイオニアであると、心から尊敬しております。

ちょうど先月、末期癌であった私の母を見取り、緩和ケア・家族ケアの一環として、エステティックがあったなら…と、自分自身がニーズを実感しました。

今ちょうど私は就職選択の岐路にいるところです。

看護師として働きながらエステを取り入れていくか、まずは経験を積むために、一般的なエステティックサロンに就職するか・・・。
エステ協の講習会も、現在開かれているのか、残念ながらネットでは確認できません。

フランスでは、エステの科学的なデータも多く立証されているのでしょうか。
スクールで実際学んでみて、科学的な根拠を積み重ねていかなければ、日本のエステティシャンの地位向上は進まないままだと痛感します。

またブログにおじゃまさせていただきます。ぜひ色々と活動のご様子を拝見させてください。失礼いたしました。

はじめまして。
私も2008年にフランスでCAPを取得しました。
終末期医療の現場でソシオエステティックの必要性を感じ、現在はホスピスで看護師として勤務をしています。
フランスと日本ではたらく場所を模索していますが、今は日本でもう一度エステを学びなおそうとはたらきながら学校に通っています。

私はToursで研修をしていました。CODESはわたしにとっても今でも憧れです。
木村さんのことは雑誌で存じ上げており、私も少しでも近づけたらなあと思います。
これからのご活躍をお祈りしています。
またブログを拝見させていただきます