MASANOBU SATO
OoooO Editor
佐藤 匡将(さとう まさのぶ) 1987/08/17 Type O
参加型フリーマガジン[OoooO] 編集・発行人。

www.facebook.com/ooooo.zine
www.ooooo-camera.com

TITLE  反重力(豊田市美術館)/タルコフスキー「ストーカー」and「惑星ソラリス」

Stalker.jpg

店内の暖房がありがたく感じるこの季節。

暑い日差しのなかみてまわった愛知トリエンナーレが懐かしい。

納屋橋で展示をしていた名和晃平の作品を体験したとき、タルコフスキーの映画『ストーカー』にでてくるゾーンに足を踏み入れた気分になった。
願いの叶う部屋はどこだ?

光が遮断され薄暗い広いスペース。ひんやりと涼しく足下には砂利の気持ちよい感触。目の前にはうっすらと照らされた無数の大きな白い泡の固まりが山のように盛り上がり微かに聞こえる「しゅわしゅわ」という音。泡は絶えず生成され増え続けているのだろう。

未知の場所であるゾーンは立ち入り禁止区域であり軍が警備をしている。しかし、その中には足を踏み入れた者の願いを叶えてくれる部屋があるという。侵入できたとしてもゾーン全体が罠のようなもので部屋までたどり着くことは不可能だとされていた。ストーカー(密猟者)という部屋までの案内人を除けば。

アーティストが取り組む課題を目の当たりにしたときに生まれる発見や共感とは無関係に、このような個人的な体験が想起されるようなものがほめられるのだ。もしくは、作品がもつテーマは横に放置され投げかけられた疑問はスルリ体を通り抜け、口当たりが良かったりインパクトがあったりするものを受け入れてしまうのだ。

映画のなかではこんなエピソードが紹介される。部屋にたどり着いた1人のストーカーは死んだ弟が生き返ることを望んだ。だが帰った男を待っていたのは札束の山だった。本当に望んだものがそれだった事実に、その男は自殺した。

アーティストは一体なにを望み作品をつくるのか。

12月24日まで豊田市美術館で行われている「反重力」。11月30日にタルコフスキー監督作「惑星ソラリス」が関連企画として上映される。

展示をみに行くとき未知なるなにかであることを期待する。作品が私にとっての案内人であることを望む。アーティストの作品が社会とどのように繋がっているのか、社会をどのようにみているのか、教えて欲しいんだ。



<ストーカー / タルコフスキー>
 

<惑星ソラリス / タルコフスキー>

Comments

Now Loading...