ヴァンクリーフ&アーペル
名古屋ミッドランドスクエア店ウォッチサロンオープン

img01_pr.jpgのサムネール画像
リ・ヴァンドーム広場に本店を構える1906年創業の伝統あるハイジュエラー、「ヴァン クリーフ&アーペル」10月21日、名古屋ミッドランド スクエア1Fに構える名古屋店に、装いも新たにウォッチサロンが登場した。ブランドのアイコニックデザイン「アルハンブラ」のリュクスなアイテムはもちろん、芸術作品のように美しいジュエリーウォッチまでが一堂に揃う。ラグジュアリーでありながら親密さを感じるブティックで、ハイエンドなコレクションラインをご堪能あれ。



最新作「ポン デ ザムルー」、日本ブティックに初登場
ハイジュエラーとしての印象が際立つヴァン クリーフ&アーペルだが、ブランドから時計が誕生したのは1910年のこと。100年もの長い歴史のなかで、ジュエリーウォッチはデザインをより叙情的に、ムーブメントをより複雑に進化。ハイジュエリーブランドの真髄と言えるクラフツマンシップを、見事なまでに時計製作に発展させた。中でも、「Poetry of Time(=詩情がつむぎだす時)」をテーマにしたウォッチコレクション「ポエティック コンプリケーション」は、CEOのアラン・ベルナール氏曰く、「ブランドの世界観をすべて具現化したもの」。ときには妖精の羽根やステッキが時刻を指すなど、針さえもアートにしながら、時計自体が物語を語り始める。

img02_pr.jpg
(左)チャームミニ¥1,123,500(PG、ダイヤモンド、25mm/ブラックサテンとホワイトクロコのストラップ付き)(右)ヴァンクリーフ&アーペルCEO アラン・ペルナール氏

img06_pr.jpg
ことに日本ブティックに初登場した最新作「ポン デ ザムルー(=恋人たちの橋)」は、実にロマンティック。女性が時針を、男性が分針となり、橋の上で行ったり来たりしながら、一日に1回、零時に1分間、寄り添ってキスをする仕掛けが。アラン氏は「時計史上、最も長いキス。そしてそこには最高の技術が凝縮されている」と、語る。その他、新しいウォッチサロンには、「アルハンブラウォッチ」や「PA49」、繊細なデザインの「チャーム ミニ」など、ジュエリー制作のノウハウを凝縮したハイジュエリーウォッチが展示され、運命の出会いを待っている。



長谷川理恵さんをスペシャルゲストに迎えて、
ウォッチサロンオープニングセレプション
10月21日、名古屋ミッドランド スクエア店で行われたオープニングレセプションパーティーには、地元のVIPやパワーブロガーなど約120名のセレブレティが集合。シンプルでありながらも気品ある魅力を放つ最新ジュエリーコレクション「ペルレ」や、「ポエティック コンプリケーション」の様々なコレクションラインは、早くもゲストたちの話題の的に。腕時計専門のジャーナリスト・篠田哲生氏とスペシャルゲストの長谷川理恵さんによるトークショーもあり、リュクスな一夜が繰り広げられた。

img03_pr.jpg


img10_pr.jpg
ヴァンクリーフ&アーペル
名古屋ミッドランドスクエア店
住所:
名古屋市中村区名駅4-7-1
TEL:052-587-1960
営業時間:11:00~20:00


URL:http://www.vancleef-arpels.com

Comments