RYOTA NAGASAKI
長崎 良太(ながさき りょうた) 1978/1/21 Type AB
国内外の様々なアーティストさんやミュージシャンの方々とお仕事させてもらってます。Liveの企画から運営etc… Liveにまつわるあらゆる業務をひたすらこなす毎日。JAZZ/SOUL/HIPHOP/R&B/FUNKなど無類のBlack Music好き。Rugby愛ハンパなし。



特別クルマが好きというワケではないし、「エンジンがどうこう」とか「空冷・水冷」とかよくわかんない。
当然、スペックで選んだことは一度もないし、諸元表とか見たこともない。

世のクルマ好きとは全く話が合わないし、そもそもついていけない。


けど、自分にとってクルマは欠かせない。
何が無くともクルマは必要。

「若者のクルマ離れ」と言われて久しいけど、当然だわな。金かかるもん。

税金だけで所有してない人の何倍も払ってるし、更に駐車場代・保険代・ガソリン代...と
とにかく金・金・金。

割だけを考えると「高いからヤメよ」となるワケ。
だけど、「クルマを所有する」ってことを「クルマのある生活を買う」って考えると
割よりも豊かな人生にペイする感覚になる。
そうすると少しは金のことを考えずクルマを買う人も増えるんじゃないかと思う。


これまで自分が乗るクルマはSUVと決めてSUVばかり何台も乗り継いできたけど、
最近、この2台が物欲を刺激しまくってくる...。


20101120_689760.jpg
Range Rover Evoque

2008-infiniti-fx45_100032796_m.jpg
Infiniti FX45



メーカーも本気で普及させたいなら税金のことは考えないとね。

TITLE  PC case

IMG_1668.JPG

愛用してるPCケース。

ショッキングピンクにレオパードのエンボス加工が超COOL

いままでハダカンボでごめんね...



Special Thanks to My Sweetieee

コンサートやライブなどのいわゆる"興行"と呼ばれるものには
もちろん主催者(お金を出す人)が存在する。

その多くは"興行"を生業とする事業会社。
要するに、コンサートやライブを企画(投資)してチケットを売る(リクープ)ビジネスだ。
投資を上回るほどチケットが売れれば黒字だし、ショートすると赤字。
一見大博打に映るが、それぞれの事業会社も様々なノウハウの蓄積により
必勝のスキーム、リスクヘッジの方法論をわきまえている。


がしかし。


なんとその"リスク"とは無縁(と言い切るのは御幣がある!?)の世界も中には存在する。

"会館自主"と呼ばれる、市町村などの自治体が企画するコンサートやライブがある。

"文化事業"という大義名分のもと、市町村の予算を割いて"興行"をやるわけだ。
内情にはそれほど詳しくないが、余った予算の消化ということもしばしばあるそうだ。

つまり、遡れば市民の血税を投入してるわけ。

一般事業会社が大きなリスクを背負ってやってる音楽ビジネスに
ノンリスクな役所が手を出すってどうなんだろう...


過激なポストは本ブログにはミスマッチだから、ゆるく問う。




「それ、ヤメテモラッテイイデスカ?」





年末年始はラグビーシーズン。この時期は毎年テレビの前にクギ付け。
1日2試合は当たり前、多い時は4試合ぐらい連続で観ることもある。


【国内トップリーグ】(旧社会人リーグ)
【大学選手権】
【高校ラグビー】

と、連日熱戦が繰り広げられる...。
レベルとしては、迫力・スキルともに【国内トップリーグ】が断トツなのだが、
ラグビーの醍醐味、試合そのものの面白さは【高校ラグビー】には敵わない。


聖地・花園を舞台に高校生が躍動する様は、
「感動」というひと言では表せないほど
色んな感情が入り乱れ、人生において大切な本質を思い起こさせてくれる。



大人になり、なりふり構わずカラダを張って懸命に挑むことが少なくなり、
それを「アタマを使ったソリューション」に置き換えることが多くなりがち。
小手先のテクニックや経験に基づいた省エネ策など...
そういった問題解決策を「大人」と定義したところで、
花園での高校生の懸命なプレイを目にすると
ひたむきさに勝る推進力はないんじゃないかな...
とスマートであるはずの「大人」が随分霞んで映る。



心機一転初心を誓う正月気分も相まり、花園の高校生から学ぶものは多い。



ビジネスマンとして。
ひとりの男として。




c.jpg
松任谷由実
『ノーサイド』




TITLE  大人の遠足


先日、四国へいってきた。

目指すは最後の清流=四万十川



31016_364398560319170_873597261_n.jpg



目的はただひとつ...




「四万十川の源流でコーヒーを飲むこと」



讃岐うどんも高知のカツオも淡々と胃袋に流し込み、ひたすら源流を目指した。

IMG_1257.jpg
IMG_1256.jpg
IMG_1258.JPG


ずいぶん登ったところにデーーーンと現れた「四万十川源流之碑」


IMG_1260.jpg


さらに獣道を奥へ進むと...


IMG_1264.jpg


つ... ついに...


IMG_1265.jpg


最後の清流の源泉!!

透明度がハンパない!!!


IMG_1261.jpg

さっそく汲んで湯沸かし...

ほんとはもっとネイチャーに「たき火でいっとこ」と思ったけど

ここは省エネ。

てか、「たき火厳禁」の文字がいたるところに。


豆は当然ブルマン。

ここは贅沢。


IMG_1293.JPG


最後の清流で淹れたコーヒーは格別に旨かった...


この悪ノリこそが大人の遠足の醍醐味。



さぁ 次はどこへ行こう...
1  2  3  4  5  6  7