TAKANORI ITO
Associate Professor
Design Director
伊藤 孝紀(いとう たかのり) 1974/10/17 Type AB
1974年三重県生まれ。94年TYPE A/B設立(有限会社タイプ・エービー)。名城大学建築学科卒業。名古屋市立大学芸術工学研究科博士後期課程満了。 2007年より名古屋工業大学大学院 准教授・博士(芸術工学)。家具からインテリア、建築、都市計画までを一つの環境と捉えデザインの研究と実践を行っている。行政・企業・市民を巻き込んで、社会・世界に向け活発に活動中。

www.type-ab.com

2010年5月アーカイブ

TITLE  RADIO barbeque

RADIO-i(FM79.5)のMORNING LIVEチームでバーベキュー。
ijのASUKAさんのお宅に招待されました。 素敵なお家に感激です!

R0010899.JPG

他曜日のコメンテーターに会うのも初めて! 前列、左→南山大学  山岸先生(水曜担当)、中央→ランチェスターマネジメント 河辺さん(月曜担当)。
当たり前だけど、話し方がラジオと同じだ・・・

R0010895.JPG

家主であるASUKAさんのご家族。素晴らしい環境に、美味しい食事、仲良い素敵なご家族!皆さんの人柄が、人が集い、つながれる場(雰囲気)をつくっていました。

R0010909.JPG
R0010906.JPG
R0010904.JPG

お庭だけでなく、お家の中も素晴らしい空間が拡がっています・・・ASUKAさんのお母さんが自ら手掛けていると言うからハイセンス!・・・建築家・デザイナー要らずです。。。

楽しい時間を過ごさせていただきました。
ASUKAさん、ご家族の皆様、ありがとうございました。

今朝、さっそく番組内でこの話をしてましたね!

愛・地球博記念公園にある愛知県児童総合センターは、建築家・仙田満先生の設計。
建築と遊具環境の融合を目指した子どものための空間は、97年 日本建築学会作品賞も受賞しています。

R0010507.JPG
R0010510.JPG
R0010523.JPG

大人も子どもと一緒に遊びながら、建築(遊具)を昇ったり降りたりと楽しめます。
屋上からは、海上の森を望むことができますよ。

R0010521.JPG

先週末のように天気の良い日は、ご家族で遊びに行ってはどうでしょうか。


産学連携プロジェクト、5W×1H×3P(カケアワセ)による新作ソファの打合せがフランネルソファでありました。
ついに、名前が決まりましたよ!

PIVO(ピヴォ)

今秋の発売発表に向けて快走中です。

R0010882.JPG
100520_2.jpg

TITLE  RADIO 20

先週木曜朝も、ラジオ(RADIO-i 79.5FM morning live) 野口美穂さんと生放送。
そして、記念すべき20回目です! かつ皆勤賞のコメンテーターは私だけらしい・・自慢しよう。イントロ・アウトロでも野口さんと絡むなど、他曜日にない創造性を発揮!うまくいっているのか・・・評判は大丈夫か・・・そして番組途中もがんばってTwitterでもつぶやきましたよ。
R0010868.JPG

上写真は番組終了後、一息つく野口さんを激写・・・

今秋の私のテーマは、「大ナゴヤ大学」の6月12日土曜日の授業内容を紹介!

■「〇(マル)長さんとカンパーイ!」

第1回ゲスト:MERRY PROJECTを手がけるアートディレクター水谷孝次さん



■beeco!マルハチ・プロジェクト

 ナゴヤ・サカエ産のはちみつってどんな味?

〜ミツバチと一緒に環境と自然を考えよう〜



■大好きなモノたちが奏でる"たったひとつの音楽会"

〜みんなでつくろう「ランドスケープ」ミュージック〜


の3つの授業があります!



TITLE  Signs of Life

タジオワークさん(NDW2009で用いられた写真はスタジオワークさん撮影です)による写真展では、2名以上の家族のポートレイトを取ってもらえるワークショップがあります。私も撮ってもらいたい!
完全予約制とのこと。日時は、6月5日と6日10:00〜18:00です。

sign.jpg

 

Signs of Life


一枚の写真の記憶。
その一瞬の記憶が、あのときに繋がる。

いつも写真は想いを内包しています。
なぜ、写真を撮りたいと想うのか。
私たちにできること、、

それは写真の魅力を伝えること。

今回は参加者を家族限定として、お互いの肖像写真を撮っていただきます。
撮影アシスタントは私たちスタジオワークのフォトグラファー。
あなたの家族の大切な一瞬を写真で残すお手伝いをします。

内容

 
2名以上のご家族でのご参加となります。
スタジオに用意した撮影セットを使い、
参加者ご自身でお互いのポートレイトを撮影していただきます。
カメラも用意してありますので、撮影機材をご持参いただく必要はありません。
撮影の仕方については弊社フォトグラファーがアドバイス・アシストいたします。

参加方法

 
完全予約制 mail にて
info@studiowork-ex.com
お名前、希望日、時間、参加人数、参加者構成、連絡先
をお知らせ下さい。
日時
 2010年6月5・6日(土・日曜日)
10:00 - 18:00
会場

making movie

 

ZAG (studiowork)  .map
名古屋市東区東桜2-9-6 レジデンス高岳
052-933-9710
地下鉄桜通線 高岳駅 3番出口すぐ


名古屋大学で下記、建築家の展覧会(Archi-clas 03)が開催されます。

私も展示作品の出展と講演会に出演しています。

お忙しいなか恐縮でありますが、お越しいただけると幸いです。



2010archiclas03.jpg



Archi-clasでは例年、東海地域在住の建築家によるプロジェクトを模型やパネルで紹介しています。

本年の housing selection 2010 では、住宅の実作より4作品を展示します。いずれも建築誌などでとりあげられた個性豊かな話題作です。作品の写真やパネル、模型、映像などが展示される予定です。是非、足をお運びください。


<展覧会>入場無料


6/1〜6/9 13:00-18:00

@名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」


展示作品:

● 服部信康建築設計事務所: Gold Beetle

● tele-design+名古屋市立大久野研究室: Periscope House

● TYPE A/B.inc+名古屋工業大学伊藤研究室: Lots Fiction

● 大建met: すごろくハウス



<講演会>参加無料


6/9 18:00開場 18:15 - 20:40 @名古屋大学 IB館 014号室


講師:鈴木えいじ、服部信康、久野紀光、伊藤孝紀


講演会に参加される方は事前に下記まで御名前・連絡先e-mailを御連絡ください。

email:archiclas@gmail.com


主催: Archi-clas運営委員会

協賛: 総合資格学院



TITLE  gre-eco NIT

gre-coプロジェクト(緑化路面駐車場)ですが、実に名古屋工業大学(NIT)内にも実現してます! 報告遅れましたが、5月連休明けに完成してました。
といっても5台分ですが・・・既存アスファルトの上に設置。今日みたいに天気の良い日は、気持ちいいですよ。ピクニックはさすがに無理かな・・・

R0010873.JPG

名古屋市内に、めきめきとにょきにょきと、少しづつですが拡張中です。
さあ、6月中旬になると何カ所に増えるでしょうか?


TITLE  MIJP salon 05

5月21日(金)にMIJP(メイド・イン・プロジェクト)サロンが、リアルスタイルでありました。和紙造形作家の永田哲也さんをお迎えしたトークイベント。
リアルスタイルには、永田さんの作品が展示されています。展示会は、2010年5月21日(金)~6月6日(日)まで開催! 行かないと損なくらい素晴らしい作品の数々ですよ。

IMG_9848.JPG
IMG_9890.JPG
IMG_9882.JPG

今回のMIJPサロンは、リアルスタイルの特別企画と連携開催!
永田さんの繊細な技巧と躍動感溢れる作品の数々を体験しに、多くの方々が集いました。

IMG_9855.JPG
IMG_9853.JPG

「和菓紙」とは?

精巧な木型から生まれる美しい和菓子は、縁起物としても用いられ、江戸時代から受け継がれる日本の祝いのかたちのひとつです。永田氏は骨董市で偶然目にした菓子型の美しさに惹かれ、受け継がれてきた日本の伝統美に新しいアートとしての息を吹きかけました。「和菓紙」とは菓子木型で和紙を型取り造形する現代アートです。

今回の展覧会では、永田氏の手掛ける吊り飾りや団扇、熨斗袋などの和菓紙作品のほか、REAL Styleと和菓紙作品のコラボレーションによる新しいインテリアコーディネートもご覧頂けます。


永田哲也氏プロフィール

1985年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。主に和紙という素材を駆使して「時間」「空間」をテーマに、ものごとの現実的な表皮の採集から視覚的・触覚的な記憶イメージへの関係性を表現した作品を制作。最近は「日本の記憶」をテーマに活動の場をインテリアやギフトアイテム、ファッションなど日常の生活空間へと広げている。展覧会開催は虎屋ギャラリー、spiralmarket、リビングデザインセンターOZONE、伊勢丹新宿店など多数。ホテルオークラ東京や箱根・強羅花壇のお正月インスタレーションなど空間ディスプレイの仕事も手掛け、日経デザインや婦人画報、家庭画報など各誌で紹介され、現在幅広い注目を集めている。





TITLE  recollection

次の日(土曜)は、高崎正治先生と私の家族とで昼食。個人的に相談したかったことを、専門的な仕事の面からプライベートの側面まで会談。有意義な時間でした。

子どもには、どんな世界感が伝わったのか? どんな人間と触れたと感じたのだろうか?

あおい・高崎先生.JPG

名古屋駅に高崎正治先生(京都造形芸術大学教授・高崎正治都市建築設計事務所 代表)をお迎えに上がり、研究室へ。
久しぶりの再会に、勝手ながらいろいろ報告!かつ質問したいことばかり・・・

R0010825.JPG

データのトラブルと、プロジェクターの不具合に少し開演が遅れましたが、会場は超満員でした! 前日のRADIO-i を聞いて来てくれた方も多く、高崎事務所にも何件か問い合わせがあったと聞きました・・・嬉しいかぎりです。ありがとうございました。

R0010832.JPG

14歳の時から建築を始め、現在の建築思想と独自の形態が織りなすスタイルを既に見ることができました・・・どんな子どもだったのか?!
「彫刻をつくって穴を空けていったら空間が産まれることに気づいた」「像のお尻は観ててあきない・・・創造性が喚起される」など独自の感性と、「既成概念に囚われることなく、地球・・・宇宙との交信をはかる」などスケールの大きな観点を教えていただきました。

正直、私は十数年前にタイムスリップして、学生に戻った気持ちでした・・・初心へ。。。

R0010848.JPG

レクチャと学生司会による質問タイムが終わった後は、会場移して懇親会。
この日は、高崎先生と大学の同級生でもある建築家・加藤和雄(大同大学教授・MESH会長)にも来ていただき二人で学生の声に、応えていただきました。

R0010858.JPG

更に、研究室に場所を移動して談義は深夜まで続きました。同級生の二人が揃うとかなり熱く、激しく、厳しく、力強いです。お二人のパワーに学生ともども圧倒されながら、気づけば深夜3時過ぎ・・・

月日を経て、当時の恩師と向き合うことは、自分自身を振り返ることでもあり、また、現在の自分を問い直すきっかけにもなりました。

1  2  3  4