TAKANORI ITO
Associate Professor
Design Director
伊藤 孝紀(いとう たかのり) 1974/10/17 Type AB
1974年三重県生まれ。94年TYPE A/B設立(有限会社タイプ・エービー)。名城大学建築学科卒業。名古屋市立大学芸術工学研究科博士後期課程満了。 2007年より名古屋工業大学大学院 准教授・博士(芸術工学)。家具からインテリア、建築、都市計画までを一つの環境と捉えデザインの研究と実践を行っている。行政・企業・市民を巻き込んで、社会・世界に向け活発に活動中。

www.type-ab.com

2010年8月アーカイブ

なんだ?! この集団は・・・・何をしているのかな??!

R0013010.JPG
R0013012.JPG

Nagoya Design Week 2010  今年もやります! 

プレパーティ9月17日金曜19時から行います。(会場など詳細はおって連絡します)

プレパーティでは、今年の出展者や公式イベントなどが掲載されたBOOKを配布します!

もちろん出展者でなくても、誰でも自由に参加可能ですよ。

10月開催に向け、盛り上がっていきましょう。

錦二丁目・長者町からのご案内です。9月5日はあいちトリエンナーレとNPO法人まちの縁側育くみ隊が協働で行う、「アートホコテン2010〜長者町の祝祭」が行われます。長者町通りの一部を通行止めにし、あいちトリエンナーレアーティストによる屋外パフォーマンスや、子どもたちを募ってまちタンケン・布絵ワークショップなど、楽しい企画が目白押しです。是非おこしください。


100905sアートホコテンまちタンケン-1.jpg
アートホコテンまちタンケン-2.jpg

『アートホコテン2010〜長者町の祝祭〜』の一環として、子どもまちタンケン・布絵ワークショップを行います。

長者町で集めたハギレで、まちタンケンから触発されたオモイを、布で描くワークショップです。是非ご参加下さい。


まちの探険では、普段なかなか聞けない「長者町の歴史」「昔のくらしや仕事」「アート」と楽しく出会える仕掛けをしています。

是非、親子連れで、ご近所のお友達同士で、布を切ったり貼ったりの楽しい作業から未来を描きませんか?ワークショップが終ったころにはアーティストによるパフォーマンスもあり、一日ご家族で、お友達同士で過ごしていただけます。(アーティストによるパフォーマンスは17:30頃まで開催されています。詳しくはチラシを裏面をご覧ください。)



■子どもまちタンケン・布絵ワークショップ

'長者町の布でまちの未来を描こう'


日時:9月5日(日)10:00−14:00


プログラム:

 1)みんなでまちタンケン(錦二丁目・長者町)

 2)グループに分かれて布絵づくり

 3)グループごとの作品発表


集合場所:錦二丁目まちの会所 (名古屋市中区錦2−6−13、長者町ゑびすビルPart3,2F)

参加費 :0円

持ち物 :やる気・帽子・お弁当(近くには飲食店も、コンビニもございますのでご案内できます。)

対象年齢:小学生を中心に、どなたでも。(小学校低学年以下のお子さんは必ず大人の方同伴でお願いします。)


■お申込みは下記内容を9月4日(土)までに、FAXかメールでお知らせ下さい。

(FAX: 052-201-9878/メール:nishiki2_kaisho@engawa.ne.jp)

===========================

<メール返信欄>

お名前(       )

大 人(      )人、小人(   )年生/(    )人

ご住所(                )

ご連絡先(日中つながる電話番号)(            )

※小学校低学年以下のお子さんは必ず大人の方同伴でお願いします。

===========================

大ナゴヤ大学1周年を迎えます! 実験室として調査してきたデータなどを加藤学長高橋事務長と打合せ。今までの授業全ての企画段階から実施までの経緯や受講生のアンケートなど、多角的にデータ化しているのですよ!どんな調査をしているか、その結果はどうなのか、近日公式webでも開示予定。

R0012866.JPG

地下鉄を使った「名城線リアルすごろく」開催-大ナゴヤ大学1周年企画
名駅経済新聞にも掲載されています! 受講生募集期間ですよ。

R0012872.JPG

【1周年記念授業】

大ナゴヤ大学開校1周年記念授業
 1周年だから街をぐるっと1周!
  みんなで挑戦!「名城線リアルすごろく」

2010年09月11日(土) 10時00分 ~ 17時00分    教室:地下鉄名城線 停車駅沿線

TITLE  Open House

建築家・横河 健(日本大学教授)先生のオープンハウスに行ってきました。
ひるがの高原にある別荘。ダイナミックかつ秀逸な建築に圧巻です。

R0013007.JPG

景色を取り込み、風と光を取り入れ、ピアノを弾く音響を考慮した設計。窓から取手、家具やエレベーターなどインテリアまで、細やかに配慮されたデザインに感服。
さらに、横河先生の人格、人間力も素晴らしい・・・将来はこういう建築家になりたいと純粋に思いました。横河先生、ご教授いただきありがとうございました。

R0012979.JPG

Pecha Kucha Night NAGOYA vol.6がテレビ塔で開催されましたよ。今回の司会は、PKN実行委員の朝日さんとRADIO-i ij 桑原麻美さんです。350名を超える方が集まり、暑い夜に暑いプレゼンを体感しました!

R0012898.JPG

トップバッターは、6月までRADIO-iで私と番組をしていた野口美穂さん!
プレゼン後は、新旧ij に挟まれて私も壇上へ、9月で終わってしまう番組を力強くPR。
まさか、3人で舞台に上がる日が来るとは思いませんでした・・・短いトークでしたが記念すべき感動のステージとなりました。

R0012889.JPG
R0012877.JPG

その後も、アーチストの平野あかねさん、ファッションデザイナーの志賀 亮太さんなどクリエーターの発表や、ZIP FMナビゲーターの磯谷祐介さんは多くの才能や個性を結びつける活動を紹介。磯谷さんはメディアでの活躍だけでなく、社会に新しいコミュニティを形成する潤滑油的な役割を地道に行っているのです。

R0012905.JPG
R0012918.JPG

コーディネーターの稀温さんは、新しい名古屋のお持て成しスタイルを披露!テレビ塔の下の風景に負けていないコスチュームデザイン・・・名古屋スタイルを体現!

R0012913.JPG

グレーターナゴヤの提唱者・中部大学教授の細川昌彦先生は、名古屋、日本の閉鎖した状況に苦言を呈し、世界へ羽ばたくような技術やデザインの連携や観光客の拡充など、世界を視野に入れたグレーターな提案を力強く発表! 人を魅了する計画力と実行力を有したプレゼンテーションは、何度聞いても感服させられます。

R0012928.JPG

最後は、名古屋テレビ塔  大澤 和宏 社長の登場!
戦災を免れたテレビ塔が焼け野原の中、ポツンと佇む写真からは、戦争を思い返すための記念碑でもあり、平和のシンボルとも解釈できること。
日本で最初のテレビ塔であり、産業遺産の価値があること。テレビ塔を中心に発展してきた名古屋の街には、いつの時代の写真を見てもテレビ塔が映っていること・・・街の発展を写す鏡。栄に行けば久屋大通があり、そこにはテレビ塔が建っているのが当たり前になっている名古屋人にとって、風景という宝の存在ではないか。
大澤社長のプレゼンからは、テレビ塔の歴史と意義だけでなく、大澤社長個人の熱い想いが伝わってきました。そして、戦後日本を築いてきた祖父の姿、父の姿が思い出され目頭が熱くなりました。

R0012937.JPG


今回は、テレビ塔という誰もが知っている開かれた場所でPKNを実施できたことの意義を痛切に感じました。今まで電波を発信してきたテレビ塔が役目を終え、これからは市民の声や活動といった支援のために情報を発信していく、テレビ塔の新しい姿を垣間見ることができたのではないでしょうか。

R0012938.JPG

もちろん言うまでもありませんが、素晴らしい発表をしていただいたプレゼンテーターの皆さんと、暑いなか集まった多くの参加者の皆さんによる相乗効果の賜物です。

今年もNagoya Design Week中部経済産業局が共催してデザイン・コンペを実施「CHUBU PRODUCT DESIGN COMPETITION 2010」オリエンテーション!

締切が8月31日火曜日と迫ってきましたよ・・・応募してくださいね。


R0012730.JPG

主催者である中部経済産業局浅井敬介さんからご挨拶のあと、井藤隆志プロデューサー(大同大学准教授)から概要説明。

簡潔に言うと、学生・若手デザイナーのデザイン案が、審査を勝ち抜くとメーカーさんによって商品化され、かつ商品化されたあとはリアルスタイルなど、中部圏のインテリアショップで販売されます!

R0012745.JPG

デザイン案を商品化だけのコンペはあっても、流通まで保証してくれるコンペは類がないでしょう!

また、公開審査もあるだけでなく、日経デザイン 下川編集長も審査員だからメディアにも掲載されてしまう!

一石三鳥のコンペですよ。


chukei-1.jpg

-----【CHUBU PRODUCT DESIGN COMPETITION 2010 概要】-----


■募集テーマ

「料理をおいしくする陶磁器デザイン」



■作品応募締切

8月31日(火) ※消印有効


■審査員

一次審査(9月初旬)


安藤竜二((株)DDR代表取締役)

伊藤孝紀(名古屋工業大学大学院 准教授)

神谷利徳((株)神谷デザイン事務所代表)

鶴田浩((株)リアルスタイル代表)

稲波伸行(NDW実行委員長)



公開プレゼンテーション(10月16日@栄ガスビル)


伊藤克紀((株)カネコ小兵製陶所 代表)

下川一哉(日経BP社 編集長

鶴田浩((株)リアルスタイル代表)

伊藤孝紀(名古屋工業大学大学院 准教授)

神谷利徳((株)神谷デザイン事務所代表)


第4回メイド・イン・ジャパン・プロジェクト モノづくりセミナーが行われました。
今回のゲストは日本の陸上界の英雄・為末 大 選手。ビジネスやデザインにためになるキーワードがいっぱい詰まった充実した時間となりました。

R0012710.JPG

身体能力は完成されるけど、環境適応力は成長する!
トラックを走るときの風向き・強さ、気象状況を察知し、どのように環境に適応できるかが重要・・・

必勝パターンの繰り返しではなく、変化をしていかないと危険である・・・自分の軸をもち、日々の変化をしていかないと後退するばかり・・・

カメラの視点を変える・・・トレーニング時は自分を外から見る・・・本番時は自分に入り込む(内から見る)・・・

R0012713.JPG

問題点を自ら改善するためには刺激を持つこと・・・外との世界(活動領域以外)を結びつける・・・コミュニケーションが競技力を高める・・・客観性が価値の発見へ・・・

僅かな抜粋ですが、自分自身の活動にも置き換えられる話ばかり。
それを分かりやすく、誠意を持って話す姿は、ほんとうにカッコイイ!

為末大選手の想いは、アスリートソサエティという団体に集結されています。

本日の中日新聞朝刊(県内版)にも掲載されていますPecha Kucha Night NAGOYA vol.6がテレビ塔で19時から開催されますよ!


2010.08.27_中日新聞.jpg


■プレゼンター:
 

大澤 和宏(名古屋テレビ塔株式会社 代表取締役社長)

細川 昌彦(中部大学 教授)

磯谷 祐介(ZIP FMナビゲーター)

野口 美穂(バイリンガルMC、元RADIO-i morning live ij

稀温(キオンステューディオ コーディネーター)

平野あかね(インスタレーション作家)

志賀 亮太(ファッションデザイナー)

服部 充代・藤澤 徹(中川運河キャナルアート実行委員会)

エストループ/杉田 崇・杉田 麻美(キャラクターデザイナー)

田中正巳(株式会社おしゃ楽)

杉浦裕志(株式会社 鳥)

河田正(NTT都市開発株式会社 東海支店長)

 and more ...


TITLE  RADIO 33*9

今週木曜朝も、ラジオ(RADIO-i 79.5FM morning live) 桑原麻美さんとの生放送!
はじめて二日酔いでスタジオ入り、前日にビアガーデンで飲み過ぎました・・・

今日は先週紹介したPKN(ぺちゃくちゃないと)テレビ塔で開催されます!

そして、桑原麻美さんと6月までIJをしていた野口美穂さんが舞台で共演するシーンも見られますよ!RADIO-iファン必見の瞬間ですね!


R0012860.JPG

新しい紅葉マークや3Dデジタルカメラ、観光産業、お持て成し武将隊弁当、中国の巨大バス計画などにコメント。中国の巨大バス計画には脱帽!

R0012862.JPG

本日の私のテーマは、「研究室の取り組み」。

Transmission 2010 Autumn vol.2 2 産学官連携オープンゼミを行います。


当研究室では、今春4月に産学官が連携した調査研究や実践的活動を発表する一般公開ゼミを行いました。リスナーの方々含め、多くの方々に参加いただきました。

2回となる今回は、名古屋商工会議所に主催していただき、「環境」をテーマに行います。

先回同様、学生だけでなく、企業・行政の方々もプレゼンテーションを行ないます。大学のゼミをオープン(誰でも参加可能)にする試みです。

 

司会:磯谷祐介(ZIP FM ナビゲーター)

 

プレゼンテーター

MODECO:水野浩行

ロボベース/ROBOBASE:後藤大介

日本ベルックス株式会社:天川賀博

名古屋開府400年祭 NAGOYAアカリナイト実行委員会:小林宏之

大ナゴヤ大学 実験室:金子慶太

NAGOYA DESIGN WEEK 2010 学生実行委員会:杉山浩太

なごやかさ実行委員会:内木智草

greecoプロジェクト:春日和俊

NPO法人 メイド・イン・ジャパン・プロジェクト:坂井大介

 

主催:名古屋商工会議所




TITLE  a farewell party

来月からM2の富田が、ヘルシンキ工科大学へ留学するための壮行試合!
恒例の名工大 計測系の小野晋吾研究室とフットサルのガチンコ勝負。
35歳・・・炎天下のスポーツは辛い・・・何本シュートを外したことか・・・

R0012840.JPG
R0012843.JPG

若者に負けじと、小野先生(同い歳)と励まし合い・・・なんとかエースストライカーとしてハットトリックを達成! 

その後は、名鉄グランドホテルのビアガーデンに会場を移し送別会!うちの子も参加。

R0012851.JPG
R0012856.JPG

バドガールのお姉さん達にのせられ学生達は、イケイケモード全開!
モミモミサラダやムキムキ玉子などを注文し、盛り上がる盛り上がる!

R0012846.JPG

送別会の主賓は、ゆで卵をバドガールのお姉さんに頭で割ってもらい・・・その後、バンドエードを貼ってもらいご満悦!

これで心置きなくヘルシンキで学べるはずだ。健闘を祈る!

1  2  3  4