TAKANORI ITO
Associate Professor
Design Director
伊藤 孝紀(いとう たかのり) 1974/10/17 Type AB
1974年三重県生まれ。94年TYPE A/B設立(有限会社タイプ・エービー)。名城大学建築学科卒業。名古屋市立大学芸術工学研究科博士後期課程満了。 2007年より名古屋工業大学大学院 准教授・博士(芸術工学)。家具からインテリア、建築、都市計画までを一つの環境と捉えデザインの研究と実践を行っている。行政・企業・市民を巻き込んで、社会・世界に向け活発に活動中。

www.type-ab.com

2010年10月アーカイブ

TITLE  Let's Party no.2

R0014048.JPG

女性軍は帰路へ・・・そして、

R0014081.JPG
R0014088.JPG
R0014123.JPG
R0014139.JPG
R0014147.JPG

朝方まで・・・歌えや踊れやはつづきました。二日酔いです。。。

TITLE  Let's Party no.1

R0014006.JPG
R0014012.JPG

諸々プロジェクトの小休止、研究室のお疲れさま会・・・なぜか36本のローソクとケーキが!? 学生達の粋な計らいに感動!? 学生以外にも、あんな方やこんな方も参加いただきました。

R0014029.JPG
大ナゴヤ大学 加藤学長!? そして大ナゴ関係者からもプレゼントいただき涙。。。

R0014036.JPG
なぜか・・・フランネルの和田社長と学生がお揃いボーダー・・・

R0014017.JPG
R0014020.JPG
デザイン都市ナゴヤの仕掛け人・名古屋市の武馬さん・・・そして、中川運河キャナルアート仕掛け人、かつPKN実行委員長 服部充代さんと田中さん。

R0014015.JPG

皆さん、お忙しいなか集まっていただき感謝いたします。めちゃめちゃ呑みました・・・

しかし、まだまだ終わらない眠らない・・・・つづく

R0014051.JPG


TITLE  nagoyakasa PARCO

昨日18日月曜からパルコ西館・入口にも「なごやかさ」の傘立てを置いていただいています。しかし、とても困ったことに、まったく雨が降りません・・・晴れるのは良いのですが、社会実験としては大問題・・・研究室一同で雨乞いしています。。。


R0014002.JPG
R0014001.JPG

パルコ 尾川さん、お忙しいなかご対応いただき感謝申し上げます。

Nagoya Design Week 2010まだまだ続いていますよ!
リアルスタイルホームでは、親子で苔玉をつくろう!ワークショップが開催されました。
そして、インテリアデザイナーの鈴木ゆかりさんによる、インテリアの壁面緑化と家具やグラスなどをコーディネートした空間演出の展示もありますよ。

R0013971.JPG
R0013969.JPG

D.I.G ARCHITECTの吉村夫妻によるガレージを改修したオフィス。ガレージにちょっと手を加えるとカッコイイ、オフィス空間に早変わり! 偶然一緒になった写真家・松原誠さんのモデルになってしまっている、うちの子ども・・・

R0013992.JPG
R0013988.JPG

名駅では、楽市楽座と称して、MIJP(メイドインジャパンプロジェクト)の顔ぶれが作品・商品を販売! 枕も布団も陶磁器も木工プロダクトもどれも欲しくなります・・・

R0013993.JPG

先週末で終わってしまった展示もありますが、24日日曜日まで50余りの展示が街の中に溢れています! 是非、マップ片手に廻ってみてください。スタンプラリーで素敵なプレゼントも当たりますよ!

TITLE  Parking Running

R0013954.JPG

COP10関連事業「地球いきものEXPO」がモリコロパークでありました。そのなかのメインコンテンツは、原田さとみさんの「フェアトレード ファッションショー」。

R0013922.JPG
R0013926.JPG

演奏は、LAURA Bloggerでもある高橋誠さん。演奏がもの凄くカッコ良く!ファッションのシーン毎に全く違うイメージを演出・・・

IMG_5689-300x200.jpg
IMG_0015_1-300x200.jpg

子ども用のファッションもありますよ。モデルによって使われているバック(鞄)は、MODECOによるエコプロダクト!

R0013943.JPG

ファッションショーの後は、全国のフェアトレードに関する活動家が集まってのトークショー。南は熊本、北は北海道まで・・・

R0013946.JPG

16日土曜日の午前中は、名古屋市立大学准教授・香坂先生のコーディネートのもと、学生達が当研究室の活動を発表させていただきました。


ちなみに、
12月25日土曜日は、名古屋テレビ塔の下で、原田さとみさんのフェアトレードファッションショーをおこないます! 詳細はのちほど、お楽しみに。

TITLE  Lighting Seminor

皆さん、有機EL照明って知ってますか?
蛍光灯からLEDにつづく次世代の光源として期待されている新開発商品です。照明デザインの権威・落合 勉先生が、10月19日火曜に名古屋で、有機EL照明について講演されます!さらに、有機EL照明デザインコンペティションの説明もあります。是非、参加を!

有機EL照明デザインコンペ2010案内チラシ.jpg


有機ELライティングセミナー/有機EL照明デザインコンペ説明会」のご案内

 この度、中部デザイン団体協議会は、有機EL照明デザインコンペに協賛しまして、標題のセミナー、コンペ説明会を開催します。 「有機EL照明」は蛍光ランプやLEDに続く次世代の光源として期待されている新照明技術です。
 

「有機EL照明」や「照明」に興味をお持ちの方、普及の鍵となる「標準化」とこれまでの光源にない自由な「デザイン」の可能性について、さらに詳しく知りたい方必見です! デザインコンペで有機ELにしかできないライティングを提案してください。 また、有機ELについて情報や実物を知る機会がないですが、今回のセミナーでその全容を知ることができます。ぜひしたいご参加下さい。

講演:

1 演題 「有機EL照明のこれから」

講師  山形大学大学院 教授 城戸淳二DVDで紹介)


2 演題 「有機EL照明のデザイン、グローバルとローカル2010有機EL照明デザインコンペの説明」 

講師  落合勉  Light Bridge Association JAPAN NPO(あかりの架け橋) 理事長

日時: 20101019日(火) 18002000 

場所: 学校法人専門学校名古屋デザイナー学院 

   名古屋市中区栄5丁目1-3   電話052-262-0683 

聴講料:無料 定員:先着50名 

主催:中部デザイン団体協議会 

申し込み:info@lba-japan.org へメールにて、聴講される方の氏名と連絡先を明記し申し込みください。

 付記:コンペ詳細はこちらから http://www.lba-japan.org の有機EL照明デザインコンペ2010を参照。

 

R0013998.JPG

Nagoya Design Week中部経済産業局が共催してデザイン・コンペ「CHUBU PRODUCT DESIGN COMPETITION 2010」の第二次公開審査。審査委員長の日経デザイン 下川編集長をお招きして、40余りの作品から第一次審査を勝ち抜いた5作品を拝見。5作品は、実際のモデルとして完成した姿へ。

R0013890.JPG

5名のプレゼンテーションを聞いた後、控え室で審査。グランプリは予想とは裏腹に、万場一致で早々に決定。議論は、準グランプリを誰にするかに・・・審査員全員が、真剣に互いの意見を交わし激論!

R0013891.JPG

審査発表の前に、下川編集長神谷利徳さん、安藤竜二さん交えてのトークラウンド!
地場産業と地域(街)、デザインの関係が、ここ10年で大きな変化があることを、それぞれの体験や実際に取り組んでいるプロジェクトを通して紹介。

R0013896.JPG

その後、表彰式ですが・・・グランプリは、坂井大介(名古屋工業大学大学院 修士1年)、さらに議論を白熱させた準グランプリは、高橋純平(名古屋工業大学 4年)。そして、準グランプリを争った作品へ、下川審査委員長の提案により奨励賞が与えられることに・・内木智草(名古屋工業大学大学院 修士2年)が受賞しました。

R0013901.JPG
R0013906.JPG

結果、受賞者がうちの学生ばかりでした・・・正直、教育者として嬉しいですが・・独占的であまり良い見え方ではないか・・とも思ったり・・・しかし客観的に見ても、確かに突出してレベルが高かったのは事実です・・ということで、他学生の方々申し訳ないですが、学生ともども常にコンペで勝ち、社会で役に立つデザインを磨くべく直向きに頑張っていきますので、また来年勝負しましょう!


TITLE  MIJP salon 10.15

Made In Japan Project(MIJP)の愛知サロンがおこなわれました。今回の講師は、丹羽ふとん店代表でもあり、全国わた寝具工業組合理事長の丹羽正行氏。

R0013870.JPG
R0013877.JPG

伝統産業の職人育成について・・・親子ともに職人として生きる「生き様」を、力強いメッセージで伝えていただきました。言葉で伝わることは確かにありますが、職人の背中を見せて伝えることを実直に継続することは難しいと思います。それを続ける父親と、直向きに受け取ろうとする息子とのキャッチボールに感動しました。自分も親として、子どもと接するスタンスを考えさせられました。

丹羽正行 PROFILE>
第5回(昭和61年)技能グランプリで優勝し、業界初となる内閣総理大臣賞を受賞。平成6年に県優秀技能者表彰を受賞している。後進の実技指導に努めており、組合から技能グランプリ金賞3名、銀賞3名を輩出。小・中・高校生や一般向けに「もめん技術」の公開と技術の伝承のための講習会を実施している。
平成21年春に藍綬褒章受章。
HP http://www.h4.dion.ne.jp/~niwa/

1  2  3  4  5