TAKANORI ITO
Associate Professor
Design Director
伊藤 孝紀(いとう たかのり) 1974/10/17 Type AB
1974年三重県生まれ。94年TYPE A/B設立(有限会社タイプ・エービー)。名城大学建築学科卒業。名古屋市立大学芸術工学研究科博士後期課程満了。 2007年より名古屋工業大学大学院 准教授・博士(芸術工学)。家具からインテリア、建築、都市計画までを一つの環境と捉えデザインの研究と実践を行っている。行政・企業・市民を巻き込んで、社会・世界に向け活発に活動中。

www.type-ab.com

2011年1月アーカイブ

TITLE  TADO shrine

IMG_0266.JPG
IMG_0264.JPG

実家は、三重県桑名市多度町(昔は郡でした)にある「多度大社」のすぐ隣・・・白馬伝説っとCMしている神社です。。。
家の庭の延長が神社なわけで・・・実家に世話になっている息子は祖母に弁当を作ってもらいお散歩。
私の子供の頃も母のお弁当をもってお散歩・・・親子二代、多度大社に世話になっています(正確にいうと伊藤家7代かな・・・)。

天照大御神の弟、伊勢神宮に次ぐ大きな神社です。今日みたいな天気の日に是非。


産学連携オープンゼミのご案内をさせていただきます。今回は、中部電力主催で星ヶ丘にある「デザインの間」でおこないます。知人・友人もお誘い合わせの上、お越しいただけると幸いです。

なんと、事前申込者・先着40名には、ケーキ付きカフェサービスが無料!おおっ


design_ma_feb.jpg
design_ma_feb2.jpg

-----------------------------------------------------

産学連携オープンゼミ 

一歩先行くエコライフデザインセミナー


2011年2月13日(日)13:00〜15:00 入場無料


-----------------------------------------------------


【会場】

中部電力・デザインの間

(名古屋市千種区星が丘元町15-74:地下鉄東山線星ヶ丘駅6番出口すぐ )



【内容】

「住宅」「環境」「緑化」の3つのテーマについて、「デザイン」という観点で実践的活動を行っている研究室の取り組みを発表いたします。また当日は、緑化駐車場を体感していただく時間も設けています。



【タイムスケジュール】

13:00 「住宅×デザイン」講師:伊藤孝紀

     自然を取り込んだ住宅事例や家具を用いたリフォーム事例などを紹介


13:35 「環境×デザイン」発表:研究室学生

     大学のゼミ形式で様々な取り組みを学生が紹介


14:20 「緑化×デザイン」

     駐車場と庭を融合させ、四季を感じる緑のある素敵な暮らし方を提案


     協力:ヤハギ緑化株式会社


【参加費】

入場無料

*事前にお申し込みいただいた方先着40名にカフェサービスが付きます。

出入り自由となっておりますので、お気軽にご参加ください。


【事前申込み】

https://www.chuden.jp/a/e/top.html?sn=G8lr3MyqHpu&li=



名古屋テレビ塔 大澤和宏社長に講義をしていただきました。名古屋の戦前の歴史から、先進的な都市計画の基、日本初の集約電波塔として名古屋テレビ塔が完成し、現在にいたるまでを体系的にお話しいただきました。

1942年4月18日 本土への最初の襲撃は名古屋でした。そして1945年5月14日には、B29(480機)による名古屋大空襲。480機のB29が空を埋め尽くすさまは想像を絶します。そして、名古屋は焼け野原に・・・

テレビ塔03.jpg

1945年12月6日、戦後間もないにも関わらず名古屋市は「大中京再建構想」を発表。当時の名古屋市助役・田淵寿郎氏の功績により全国に先駆け戦後2ヶ月で計画を展開していきます。そして、久屋大通公園、名古屋テレビ塔の建設へ。

テレビ塔02.jpg
テレビ塔04.jpg

現在の久屋大通公園の様相になるまでは、市民のお祭りが常時おこなわれていました。市民参加、市民が自らが企画し運営するイベントは、決して新しい試みでなく、当時は当たり前のように実施され、街の活気を産みだしていました。

R0015305.JPG

来年7月には、電波塔としての役割を終える名古屋テレビ塔。次なる姿は、どうあるべきか?
未来を担う学生ふくめ、市民自らが考える時期にきています。



TITLE  gre-co・new

R0015296.JPG

星ヶ丘にある中部電力・デザインの間に芝生が誕生!(写真は工事中ですが)
決してゴルフの練習場所ではありません(もちろんゴルフもできますが)。。。

緑化駐車場なので、自動車が載っても大丈夫!
2月13日(日)がお披露目になります。当日は、プラグインハイブリッド・プリウスが登場(それも箱根駅伝を中継した「箱根駅伝ラッピングモデル」だそうです・・・すごいでしょう!)。


TITLE  sister

IMG_0249.JPG

先週は島根県松江市に、中国経済産業局主催の地域ブランド研究会にて講演に行ってきました。
名古屋から岡山まで新幹線で1時間40分、その後、岡山から松江まで特急で2時間40分・・乗り継ぎなどを入れると片道5時間の旅です・・映画が2本観れる・・

R0015011.JPG
R0015019.JPG

岡山からは雪景色の山中をひたすら走っていきます。さすが大山を行くだけあり、電車は終始起伏を走り、小刻みに揺れます。今年は正月から大雪が続いているよう・・・雪景色の中には松江城が・・松江城下にある県民会館が会場でした。

R0015121.JPG
R0015047.JPG

松江には、たくさんの酒蔵があり、知る人ぞ知る銘酒の産地!
せっかくある日本酒の魅力を引き出し、街の活性化へとつなげるべく勉強会が発足。酒蔵だけでなく、日本酒を愛する愛好家や地場産業の店舗主、デザイナー、行政マンが集います。

R0015052.JPG

ブランディングの構築の仕方や事例をレクチャしたあと、「ブランドが目指すゴールは?!」と「ゴールを目指すための継続手法とは?!」を皆で意見を出し合いディスカッション。

R0015056.JPG
R0015060.JPG

皆さんの想いを、一つ一つが繫がり、カタチとして継続できるようまとめていきます。良いところを伸ばし、まだ未確定のところを抽出し、議論ができるよう誘導していきます。
こちらから善し悪しを提示するのではなく、「どうしたいのか!」「どうしていくべきか!?」を自発的に考えてもらえるようにするのが、私の役目だと思っています。そして、デザインするのは、形態や空間がわかる商品や販促ツールだけではなく、地元の名産(ここでは日本酒)を用いてまちづくりへと繫がる戦略そのものなのです。

R0015072.JPG

ワークショップ形式の講演会後は、囲炉裏を囲んで懇親会! 松江の銘酒を堪能しすぎて二日酔いになりました。これから松江=(イコール)日本酒の街となるべく展開が楽しみです。

昨年から継続して研究領域を横断した共同研究に取り組んでいます。緑化路面駐車場の市民普及のための合意形成システムがついに完成!実際に市民の皆さんに使っていただき実験を実施しましたよ。
昨年の基礎調査の模様はこちら

まず最初は、8月の基礎調査のデータからシステム開発を担当した院生の高橋君による説明。開発担当者だからこそ説明に力が入ります・・が、初めての体験する人達にとっては少々難しいか・・・
R0014934.JPG

被験者の属性から3チームに分けて、大学キャンパスにおける緑化プランを描いていきます。学生達が補助しながらそれぞれの体験や想像力をシステムに入力!?
 
R0014944.JPG
R0014954.JPG

途中、予期せぬことも多々・・・シュミレーション時の想定と実際に市民の方々が使うのでは誤差や予想外のことが起こります。臨機応援に、かつ実験データとなるよう共同研究者の土木計画分野・秀島栄三先生と情報工学分野・伊藤孝行先生と打合せながら進めていきます。

R0014951.JPG

まだまだ、課題が多い実験となりましたが、多くの発見がありました。
例えば、大学内に緑化の領域を選択し、選択した領域にパッチワークの模様を描いたり、通路のような格子模様をつくったりと創造力溢れるデザインが産まれました。
正直、領域を全面緑化するだけかなと消極的な予想をしていたので・・・皆さんを侮っていたなと・・反省。

緑化をすべきだという意見の度合いやコスト、面積などが瞬時に集約し、市民の意見を反映した緑化計画を実現するためのシステムが、単なる合意形成のツールではなく、市民のクリエイティビリティーを触発する仕掛けとなる可能性が見えたことは大きな実験成果です。

具体的な緑化の配置や機能に即した形態だけでなく、市民の想いをカタチにするプロセスやシステムも「デザイン」だといえるのです。

近いうちに、皆さんの住む街を緑化するための計画を、住民の方々が主体的にデザインできるシステムが産まれるのを楽しみにしていてください。


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
新年早々に、第二子が産まれました。バタバタでBlog更新も遅くなりました。。

R0014914.JPG

女の子です!
といっても今はサルにしか見えませんが・・・

出産には二歳半の息子と一緒に立ち合いました。息子と共に「ママ、がんばれ!」と応援。
産まれてくる過程、産まれたその瞬間・・・感動・・・涙がこぼれます。

息子に「兄ちゃんになったね!」と話し掛けると、複雑な表情と笑顔が介在。
彼なりにいろいろ考えていたようです。


昨年は、後半戦に力尽き・・・Blog更新も間々なりませんでしたが、
今年は心機一転、自らのデザイン活動を通して、その想いと姿勢を示していきたいと思っています。

建築家・デザイナー、研究者、教育者としての姿、そして父親としての生き様を伝えられるよう頑張りたいと考えていますので、皆さん、応援の程、よろしくお願い申し上げます。

1