TAKANORI ITO
Associate Professor
Design Director
伊藤 孝紀(いとう たかのり) 1974/10/17 Type AB
1974年三重県生まれ。94年TYPE A/B設立(有限会社タイプ・エービー)。名城大学建築学科卒業。名古屋市立大学芸術工学研究科博士後期課程満了。 2007年より名古屋工業大学大学院 准教授・博士(芸術工学)。家具からインテリア、建築、都市計画までを一つの環境と捉えデザインの研究と実践を行っている。行政・企業・市民を巻き込んで、社会・世界に向け活発に活動中。

www.type-ab.com

2012年1月アーカイブ

フンデルトワッサーはオーストリアの芸術家、画家、建築家。有機的な造形と色鮮やかな色彩を用いた建築でよく知られています。

大阪にある「キッズプラザ大阪」は、フンデルトワッサーによるデザイン。子どもだけでなく、大人でも楽しい気持ちになり、遊びたくなってしまいます。

R0019613.JPG

R0019603.JPG
R0019607.JPG

エントランスからトンネルをくぐり、エレベーターを昇ると、ワッサーの世界へ

R0019618.JPG
R0019620.jpg
R0019622.jpg
R0019623.JPG
R0019641.jpg

うちの子はというと、最後の一段が昇れず・・・泣き出しました・・・息子よ!なにごとも力強く登ってくれ。



TITLE  daily happenings

インフルエンザで倒れていく周囲の方々を見守りながら、こちらは何とか元気にやってます。
名古屋市職員と愛知県職員による合同勉強会。私と大ナゴヤ大学の加藤学長はじめメンバーがゲスト参加しました。総勢80名が集合し、愛知・名古屋の観光資源を活かした旅行ツアーを考えるワークショップ。自主的に部局・県市を越えた交流は、具体的なまちづくりを考える際に、とても重要です。観光・交通・イベント・緑化・エネルギー・経済などバラバラに考えていても、快適なまちづくりには繫がりません。横断的な試みへとつながっていく、きっかけになる良い企画!

R0019946.JPG
R0019949.JPG

大学では、一足先に3年生の設計製図の講評会。3つのスタジオ(永山祐子先生、五十嵐淳先生、井坂幸恵先生)が個別に講評会。
永山先生の課題は「100年後の建築について」。100年という時間軸を学生なりに読み解きます。

IMG_1030.JPG

五十嵐先生は「建築とテクノロジーについて」。人類の科学の発見と力を建築へと還元する課題。学生の提案に、厳しく的確な指摘が飛びます!

IMG_1032.jpg

井坂先生は「被災地を対象にした65人村」の課題。実際に被災地を見学する学生も多く、リアリティある提案がされました。

IMG_1036.JPG

最後は、前半課題の鈴木幸治先生、篠原寛之先生、近藤哲雄先生も加わって、全員で総講評会。
毎年、長時間に及ぶ白熱した討論形式の講評会です。それぞれの先生方の考え方、建築の捉え方が見え隠れして楽しい時間です。そのぶん、司会する私は大変でもありますが・笑い。

IMG_1038.JPG

昨年から依頼を受けていたモンキーフリップ・岸社長とのプロジェクト開始!秋にはメガネの新作を出します。新しいコンセプトとデザインは年末年始に考え済み。あとはカタチにしながら検討していきます。今年はメガネデザインでも勝負です

R0019968.JPG

名古屋のデザイン関係者が集まって、今後の方向性を議論!デザイン都市・名古屋は、どこに向かおうとしているのか?!真剣に向き合う分、その答えは難しく、遠いようで・・・メニューにない特製鍋を食べながら、美味しい料理を忌憚ない話をしながら食べられる、そんな気軽さが都市にも必要かな!?これこそ、デザイン・・・

IMG_1039.jpg

MIAP(メイドイン愛知プロジェクト)と大ナゴヤ大学の合同ワークショップ。愛知のものづくりを、さらに魅力アップするための授業を企画。モノづくり、コトづくり、ヒトづくりと、子ども教育がとても重要だと強く思う昨今。個人的には、子どもの教育へとつながる企画を提案。短期成果と長期投資の両側面を、NPOだからこそ可能にするのが醍醐味です。ご期待ください!

IMG_1041.JPG
IMG_1042.jpg

というかんじで、今週も全力投球でいきます。といっても、本日朝から頭痛と吐き気に悩まされていますが・苦笑い。。。


TITLE  chonju

ソウルから南に230kmあまり、全州(チョンジュ)には、約700軒の韓国式の伝統家屋が保存されています。街が丸ごと保全され、カフェやギャラリー、宿泊施設へと用途変更されています。ドラマや映画の舞台でも有名。国の施策として地権者から買い取るなど、積極的な街並み保全と観光振興は素晴らしい。ビビンバ発祥の地でもあります。

IMG_3504.JPG

IMG_3410.JPGIMG_3407.JPGIMG_3406.JPGIMG_3413.jpgIMG_3412.JPGIMG_3423.JPG

こういった建物に宿泊できるのです。下の写真はカフェやギャラリー。

IMG_3426.JPGIMG_3435.JPGIMG_3434.JPG

IMG_3455.JPGIMG_3472.JPG

伝統舞踊や楽器演奏も広場ではおこなわれ、骨董品のオークションも。

IMG_3473.JPGIMG_3478.jpg

小川が流れ、出店が並び、伝統の門塀と民家を活かしながら賑わいが演出されていました。




韓国のソウルにあるドミニク・ペロー設計の「梨花女子大学キャンパス・センター」。建築を地下に埋没させ景観との調和とダイナミックな空間構成。これが大学キャンパスというから素晴らしい。

R0019319.JPG
R0019297.JPG
R0019299.jpg


R0019274.JPG
R0019314.JPG

R0019286.jpg
R0019328.JPG
R0019323.JPG




TITLE  Leeum

韓国ソウルにあるサムソン美術館。入口のスロープを下った地下1階が3建物を結ぶメインホール。チケットを購入し、マリオ・ボッタ設計のMuseum1(古美術)メインホールからは、ジャン・ヌーヴェル設計のMuseum2(現代美術)へと続いています。さらにスロープのメインエントランスを左にみて、スロープでつながれたレム・コールハース設計のサムスン児童教育センター。これが過去・現在・未来へと誘うLeeumです。

R0019344.JPG
R0019397.JPG
R0019350.JPG
R0019359.jpg

R0019369.JPG
R0019372.JPG
R0019373.JPG
R0019377.jpg

R0019378.JPG
R0019379.JPG
R0019382.JPG
R0019384.JPG

R0019391.JPG
R0019389.jpg

R0019383.jpg
R0019418.JPG
R0019408.JPG
R0019419.JPG
R0019423.JPG




明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
と、かなり間の抜けたタイミングですが・・・年末年始の動きから少しづつBlogを更新したいと思います。今年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

今年最初のお仕事は、星ヶ丘 デザインの間「スマートライフセミナー」。新年早々、河辺よしろうさんに来ていただきました。

DSCN4923.JPG
DSCN4906.JPG

さらに昨日、ばったり新幹線で遭遇しました。。。お互いに驚き!?

金山、都市センターでは、恒例となった名古屋圏の建築系8大学、合同展覧会と講評会がありました。
講評会後は、各大学の学生が集まり大懇親会。私の席が真ん中辺りで両サイドに同じくらいのつながりが・・・これだけ集まると圧巻です。

IMG_1008.JPG

春日井市では、まちづくりセミナーが開催され、原田さとみさんの基調講演がありました。わたし、春日井市民なのでもちろん拝聴しにいきましたよ。あまりの人の多さに、これまた圧巻!

IMG_1016.jpg

鶴舞では、大ナゴヤ大学の新年会がありました。ボラスタ企画で、盛り上がる盛り上がる。
加藤学長の顔を新年早々、グループ毎に作成し競いました!
トップ賞は、学長自ら選定。お気に召しましたかな・・・

IMG_1024.jpg
IMG_1026.JPG

今年も、名古屋圏を盛り上げるべく、いろいろな研究と実践活動に勤しみます!



1