TAKANORI ITO
Associate Professor
Design Director
伊藤 孝紀(いとう たかのり) 1974/10/17 Type AB
1974年三重県生まれ。94年TYPE A/B設立(有限会社タイプ・エービー)。名城大学建築学科卒業。名古屋市立大学芸術工学研究科博士後期課程満了。 2007年より名古屋工業大学大学院 准教授・博士(芸術工学)。家具からインテリア、建築、都市計画までを一つの環境と捉えデザインの研究と実践を行っている。行政・企業・市民を巻き込んで、社会・世界に向け活発に活動中。

www.type-ab.com

bookの最近のブログ記事

発売から半年が経ち、出版社から嬉しい報告がありました。
まちを演出する(鹿島出版会)」の重版が決まりました!

まちを演出する.jpg

TITLE  OTONA NO NAGOYA

私が監修した本が発売されました。建築を通してレストランやカフェなどお店が分かり、街を楽しめる仕掛けにしてあります。名古屋建築の歴史から若手建築家まで紹介。写真のアングルや構成のデザインにも力を入れています!

大人の名古屋は、こちら

026_027_kenchiku_0813.jpg

otona_H1-4_H_3_.jpg

内容紹介

再発見! 建築で歩く名古屋。

名古屋工業大学大学院准教授の伊藤孝紀氏を監修に迎え、名古屋市役所本庁舎などの歴史ある建物から、ミッドランドスクエアといった現代建築まで、名古屋圏を代表する建築物を、街との関係性や専門的な観点から徹底解剖。
普段、見過ごしていた美しさや特徴をクローズアップし、建築都市・名古屋の魅力を再発見したい。

Landscape Music Designと取り組んでいる街の音をメディア化するプロジェクトが、カタチになってきました。第一弾は、名古屋テレビ塔。
その名も「テレビトウノオト」!音と写真と活字・・・五感で体感できる不思議なメディアです。発売を楽しみにしてください。
IMG_2372.JPG

遅ればせながら、2月8日の出版記念「名古屋の街づくりを考える会」には、多くの方々にお越しいただきました。
350名を超える参加者。ご挨拶できずじまいで失礼した多くの皆さんに申し訳なく思っております。
この会を機会として、街づくりの活動が一つにつながり、名古屋、しいては中部圏の発展へと向かうことを心から望んでおります。ご出席いただいた皆様、ありがとうございました。
当日の様子はこちら→WEB

604031_490402097683880_1750397631_n.jpg

TITLE  2 BOOKS

2冊の著書発売中!

伊藤孝紀著、『名古屋魂 21世紀の街づくり提言書』(中部経済新聞社)と

『まちを演出する 仕掛けとしてのデザイン』(鹿島出版会)が発売されています。

 

どちらの書籍も「街づくり」をテーマにした内容であり、相互補完する内容と、

装丁デザインも対になっています。

 

『まちを演出する』では、デザインの可能性を追求すると共に、

新たな13キーワードと26プロジェクトを紹介しています。
一方、『名古屋魂』では、名古屋駅地区と栄地区を対象に、歴史的背景を踏まえながら、

現在実践されている活動を紹介しています。

 

2冊ともに、大型書店やオンラインショッピングサイト、アマゾンなどで発売されております。

アマゾン⇒http://goo.gl/axT7r

273ead6f102497ea2b7b64d1c4b4e4c3-315x196.jpg

来年1月の出版に向け、まちづくりのキーパーソン8人へのインタビューは着々と進んでいます。今回で5人目!書籍概要はこちら
5人目は、中部圏社会経済研究所 小林代表理事  へのインタビューです。

R0022383.JPG

中部圏全体を見据え、産業や観光と連携しながら育成していくこと。また「アカリナイト」含め、地域を触発する刺激剤となる活動を継続しなくてはいけないことなど語っていただきました。

高井一の「中部に活!」確認用-1.jpg

中部圏社会経済研究所が発刊する季刊誌(9月4日発行)の巻頭インタビューでは、逆に私のインタビューが掲載されます。お相手は、東海テレビの「高井一」アナ。
10頁にわたるロングインタビューなので、かなり詳細な想いと活動内容が記されています。



来年1月の出版に向け、まちづくりのキーパーソン8人へのインタビューは着々と進んでいます。今回で3人目!書籍概要はこちら
3人目は、名古屋コンベンションビューロー理事長、久屋大通発展会会長でもある、名古屋テレビ塔 大澤社長へのインタビュー。

R0022376.JPG

名古屋テレビ塔の生い立ちは、まさに日本の先駆的な試み。そのスキームは、今だからこそ必要な要素も多々あります。久屋大通の歴史変遷から栄の街並みの変化。大澤社長の現状を踏まえながら、未来へテレビ塔の再生のお話を伺うことで、栄のあり方も見えてきました。

R0022381.jpg

TITLE  Nagoya'n Souls

ここ数ヶ月、Blogの更新がされなかった理由の一つは、来年1月に向けての書籍発刊の準備のため。それも2冊同時に刊行予定です。

その全貌は、徐々に明らかにしていきますが(焦らすなよ・・・)、私のこれまで取り組んできた研究と実践活動のデザイン理論をまとめた書籍を「鹿島出版会」。

名古屋都心部で実践しているまちづくり活動を中心にした書籍を「中部経済新聞社」。先ずは、後者の紹介。


タイトル:名古屋魂 Nagoya'n Souls ~まちづくりの提言書~

名古屋都心部を中心にしたまちづくりの紹介本(プロジェクトブック)。コトづくりからヒトづくり、場づくりなどの活動を収録。特に名古屋駅地区栄地区をピックアップ。さらに、まちづくりの主要な方々、8人のインタビューを収録(対象は役職者と若手をミックス)とまちづくりに関わる88人の想いを掲載


8人のインタビューの先発は、原田さとみさん。これが素晴らしい21世紀型のまちづくりを示唆する話の展開へ(中部経済新聞の誌面で一部、先行掲載する予定)。

R0022217.JPG

カメラマンは、スタジオワークス 川嶋なぎささん。私のポートレートも川嶋さんの撮影。そして、

R0022227.JPG

20数年(80年代を謳歌した・・・怒られるかな)ぶりに、モデル・原田さとみさんのマネージャー、スタイリスト、カメラマンの再会となりました!皆さん、素敵です!!


TITLE  NG & Menage

NG(Nagoya Gentleman)に、お薦めの映画、書籍、CDが紹介されました。

ng.jpg
NGPRESS02校正.jpg


menage kellyには、設計した住宅「niwaTerrace」とクライアントが紹介されています。




menage.jpg
メナージュケリー丹羽邸.jpg



TITLE  CHUBUKEIZAI


こっそりとひっそりと、3月から中部経済新聞で連載をしています。毎週火曜日に掲載。今年1年、連載して来年は書籍(作品集兼ねた)を発行予定です。

中部経済新聞1.jpg
フィンランド滞在中に震災があり、震災後、デザインで何ができるか悩みBlogが書けませんでした。
4月から再出発と思いきや、急遽、手術となりしばらく入院するはめに・・・
その間も病床で、連載だけは続けました。
今までの体験や考えてきたこと、研究や活動を実践してきたことを通して、デザインの作法を伝えられればと思っています。

1