YASUKO
Yogini & Aromatherapist
YASUKO(やすこ) 04/21 Type A
龍村ヨガ研究所認定ヨガインストラクター。JKAA認定漢方アロマセラピーアドバイザー。大叔父に求道ヨガの世界的権威で『日本ヨガの父』とも称される沖正弘導師のDNAを持つ。日本最大級のスタジオにてインストラクター兼育成トレーナーを経て、産後、沖ヨガ普及の傍らH21年2月ヨガ教室を開講。現在も様々なヨガ(プライベート、子連れ、出張)の指導にあたり、企業や保育園のゲスト講師としても幅広く活躍中。龍村修氏・佐藤松義氏に師事。 お問い合わせ・お仕事依頼、ご予約(日程)は下記ご案内ぺージから…

TITLE  ●岩手県訪問(ご報告2)大船渡市

到着した日には、どうしても行きたかった場所、

陸前高田市の " 奇跡の一本松 " を訪れました。

ここの場所に立って景色を見渡した時に感じた気持ちは、忘れないと思います。

この時のことは、改めて写真と一緒にお伝えしたいと思います。

 

 

その後打ち合わせの為に、大船渡市へ移動しました。

当日開催させていただいたのは、公民館の『カメリアホール』で、

震災後には避難所となっていた場所です。

CIMG3518.JPG

平成21年1月に、大切な一つの思いを胸に、私が教室を開講させてもらった初めての場所も

江東区の公民館で、現在は都心での活動や企業さんとのヨガのお仕事も増えましたが、

頑張っているママたちをヨガを通じて応援したい!という初心を忘れないために、

地域支援の一環として継続させてもらっています。

有り難いことに、ここでの活動も来年1月で4年を迎えます。

 

 

カメリアホールの和室は、避難所の役割を果たした後に新しく張り替えられたようで、

風にふかれて、清々しいイ草の気持ちのよい香りが運ばれてきました。

CIMG3523.JPG

 

チャリティ支援先として、フォトジャーナリストの佐藤慧さんから紹介していただいた、

子育て支援ボランティア『のびのび子育てサポーター』さんの活動場所であり、

今回のチャリティヨガの開催場所が公民館というのにも、

場所は違えど会場の雰囲気もとても似ていて、なんだか親しみが湧き不思議な繋がりも感じました。

佐藤慧さん安田菜津紀さんとの出会い:写真展の記事)

 

CIMG3524.JPG

 

会場内のいたるところに飾ってあったのは、

全国から届いた沢山の方々の温かい想いが詰まったものばかりでした。

CIMG3525.JPG

震災から一年五ヶ月が過ぎて、メディアでもあまり取り上げなくなってきましたし、

震災直後に比べると、なんとなく意識が薄れているような人たちを目にすることも増え、

なんだか悲しいような情けないような気持ちになることもあったのですが、

こうやって心を寄せてくれている人たちは、日本中・世界中に沢山いるということを

改めて認識できて、日本人としてもとても嬉しかったです。

 

CIMG3521.JPG

森昌子さんも、震災後すぐにお忍びでいらしていたそうです。

沢山の人たちの想いが詰まった空間にいるだけで、温かい気持ちになりました。

 

CIMG3526.JPG

大船渡市の盛(さかり)駅は幸い残ってくれた駅でしたが、

線路は錆びつき機能していません。

電車も止まったままで、その姿は寂しそうに感じました。

 

 

次に私がこの場所に立つときは、どういう景色にかわっているのだろうか。。。

一日でも早く、元気に動き出すことを願うばかりです。

 

 

 

◇お問い合わせ・ヨガクラス(子連れ可)ご案内◇

レッスンの予約を希望される方は、下記の各クラスをクリックして

ご予約方法・持ち物等をご確認下さい。

※初回のご予約(ご予約方法を確認後)とその他のお問い合わせは、

yakokoro4gi21@yahoo.co.jp までお願いいたします。

【9月日程】

 

 


 
アロマリフレッシュ・沖ヨガ

 ・江東区教室(東大島・西大島)

 ・チャリティ青空ヨガ(東大島)

プライベート・出張ヨガ(詳細)

 

 


『 チャリティ青空ヨガ 』 インドのファミリーへの寄付先

 

 

『東日本大震災支援』寄付先/東日本大震災活動報告

 


Comments

ブログ いつも拝見させていただいています。
最近、特にハードスケジュールの中
岩手県に行かれたのですね。
子供さんもいられる中よく行って来られましたね。
気持はあってもなかなか実行できないものです。

もうすぐ1年半になろうとしています。
被災された方々のことを思うと
これからも色々と大変なことも多いと思います。
少しでもたくさんの方々に笑顔が戻る日が
来ることを願うばかりです。

畳の部屋・・東大島のに似ていますね。

>ひまわりさまへ

いつもありがとうございます。
現地へ足を運ぶことは、震災後からずっと思ってきたことなので、
まずは、やっと実現できた。。。という気持ちです。

そして、一度きりでなくこれからも長く続けていきたいので、
日々自分にできることを考え、大きな行動ができない時でも、
“忘れない”ということも大切に生活したいと思います。

人はみんな、支えられながら生きています。
こうしてメッセージを下さることで、
私自身も元気をもらっています☆

畳の部屋、広さも雰囲気もよく似ていました(^^)