YOSHITAKA KURODA
shopkeeper / publisher
黒田 義隆(くろだ よしたか) 1982/01/14 Type A
東山公園の本屋『ON READING』の店主。
出版レーベル『ELVIS PRESS』代表。

www.onreading.jp

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

nenga.jpg





以前、こちらのブログでもちらっと触れましたが、フィリップ・ワイズベッカーの展示をついに開催できることになりました!

東京の展示観て来ましたが、本当に魅力的でグッとくる、素晴らしい作品でした。
名古屋では、もちろん初めての開催となりますので、是非ご来店くださいませ。
作品も販売します。

pwdm.jpg

2012/01/05 thu- 01/22 sun
"ACCESSOIRES"  PHILIPPE WEISBECKER EXHIBITION
フィリップ・ワイズベッカー展
http://www.onreading.jp/exhibition.htm

パリ、バルセロナ、ニューヨークを中心に活躍するフランス人アーティスト/イラストレーター、フィリップ・ワイズベッカーの展示を開催します。彼は日常生 活の中にある誰も気にとめない品々の簡素な美しさに注目し、鉛筆や定規を用い、独特のフォルムで描き、日本でも人気の作家です。本展では彼がライフワーク として制作している、デッドストックのノートに1冊1テーマで描いている「Dessin」シリーズの「ACCESSOIRES」の作品を中心に展示しま す。また「Dessin」シリーズを完全再現した3冊の作品集「ACCESSOIRES」「POBLENOU」「MARC'S CAMERA」(ハモニカブックス刊)も販売します。

≪フィリップ・ワイズベッカー≫
1942 年生まれ。1966 年国立装飾美術学校卒業。1968 年にニューヨークに移り、アーティスト、イラストレーターとして活動を始める。現在はパリ、ニューヨーク、バルセロナを拠点に活動。作品は「ザ・ニュー ヨーク・タイムズ」、「タイム」、「ニューズウィーク」、「カーサブルータス」、「ル・モンド」など、世界の主要な雑誌に紹介された。主なクライアント に、ハーマンミラー、コカ・コーラ、アップル、エルメスなど。主な受賞に、クリオ賞、ニューヨークADC 銀賞、2004 年度東京ADC 賞(サントリー)、2008 年度読売広告大賞および準朝日広告賞(三越)ほか。主にニューヨーク、パリ、バルセロナで40 回以上の個展、グループ展を開催。日本では、2000 年、2009 年にクリエイションギャラリーG8 で個展。デザイン、イラストレーションの業界関係者や専門誌を中心に高い評価を得る。2002 年フランス政府によるアーティスト・イン・レジデンス・プログラム「ヴィラ九条山」(京都)の招聘作家となり、4 ヶ月間制作滞在ののち、作品集『HANDTOOLS』を出版。

協力:貴田奈津子(Bureau Kida)、ハモニカブックス


biginers_01.jpg

マイク・ミルズ監督の映画『人生はビギナーズ』の試写会に行ってきました。

マイク・ミルズといえば、X-girlやSupreme、Marc Jacobsへのグラフィック提供やGAPやNIKEのCM、ソニック・ユース、チボ・マット、ビースティ・ボーイズ、エールらとのコラボレーションでも知られるデザイナーであり、ミュージシャン、監督、脚本家、プロデューサーとマルチに活躍するアーティスト。

今回の映画は、母親が亡くなった後、ゲイであるとカミングアウトした父親と自分との関わり合いを描いた彼自身のプライベートストーリー。

映画に限らず彼の作品に、一貫して流れている『悲しみ』への想い。
ドキュメンタリー映画『BEAUTIFUL LOSERS』のインタビューの中で印象的だったのは、マイクは、幼いころ、両親から『悲しみ』は表現してはいけないと言われていたそう。その反動もあってか、深く考察された様々な『悲しみ』が作品の中に哲学のように横たわっているのが感じられます。

悲しみと立ち向かうのではなくて、向き合い、受け入れる。
ときに悲しみは滑稽にもみてとれる。喜劇と悲劇は実は表裏一体なのかもしれません。

そんなふうに思えたとき、悲しみは魔法となって、私たちを優しく包んでくれるのかもしれない。

重いテーマを扱いながらも、ユーモアをちりばめ、全体的にカラっとした印象に仕上げているのも彼らしい。
こういうのを『センスの良い映画』というのだな~と思います。

おススメです。

名古屋では、2月中旬から伏見ミリオン座にて公開予定。
http://www.jinsei-beginners.com/

あ、そうそう、この映画のイメージドローイング集もおススメですよ。
DRAWINGS FROM THE FILM BIGINNERS BY MIKE MILLS
http://artlabo.ocnk.net/product/2887

『MATCH and Company PHOTO BOOK FAIR
2011/11/23 wed - 12/05 mon
http://www.onreading.jp/exhibition.htm

只今、当店ではマッチアンドカンパニーの写真集フェアを開催しています。

MATCH and Company は、アートディレクター・町口覚が主宰するデザイン事務所であり、これまで日本の先進的な写真家たちの写真集を数多く手がけてきました。町口は、2005年に写真集レーベル「M」を立ち上げ、同世代の写真家たちの作品を中心に、これまでに19冊の写真集を刊行してきました。2009年には、町口の弟である町口景(ひかり)が、レーベル「M/Light」を始動させ、自らの父親世代の写真家に実際に会い、何度も対話を重ね、対峙することによって、未だ出版物になっていない名作に、まさに光を当てる気持で写真集を刊行しています。

デザイン事務所の枠を超えて、発行・発売元となり、常に表現者たちと徹底的に向き合い、独自の姿勢で写真集づくりに取り組んでいます。部数は限定700部。M Label No.11からはエディションナンバーも付けています。写真集を全世界へきっちりと所属させるため、写真集販売ウェブサイト「bookshop M」を運営しており、PARIS PHOTOを始めとする世界各国のアートフェアに、毎年出展しています。

今回のフェアでは、一般書店では手に取ることができない貴重な写真集がずらりと並んでいます。作り手たちのすさまじい熱量が感じられる"作品"としての写真集を是非ご堪能ください。

展示販売写真集:
佐内正史 / ホンマタカシ / 大森克己 / 今井智己 / 蜷川実花 / 田村彰英 / 三好耕三/ 森山大道 / 野村浩 / 髙橋恭司 など


simasima.jpegsimasima2.jpeg


gaga.jpegLADY GAGA 写真集 / TERRY RICHARDSON 』
http://artlabo.ocnk.net/product/3223

圧倒的な存在感と他の追随を許さない独創性で、世界中で話題のレディー・ガガと、常に挑発的でアイロニカルなファッションフォトを撮り続け、世界中に熱狂的なファンを持つ写真家テリー・リチャードソンがコラボレートした写真集が世界同時発売となりました。当店にも入荷しております。

当店のお客さんたちだと、レディ・ガガよりもテリー・リチャードソンを追っかけている方が多いと思いますが、もちろんテリー・ファンにも十分満足していただける内容ですよ。たっぷり360Pにわたって、ガガの私生活に密着し、10万枚を超える写真の中から350〜500枚を厳選して1冊にまとめたという本作。テリーの相変わらずな茶目っ気たっぷりのシューティングが、レディ・ガガにとっても相当楽しかったようで、素晴らしい写真となっています。


まだ、テリー・リチャードソンのことを知らなかった人は、これをきっかけに是非彼にも注目してほしいです。
Purple FashionやSELF SERVICEなどなど数々のファッション誌での仕事や、Chloe、リーバイス、GUCCCI、ナイキ、A.P.C.、SUPREMEなどとのコラボレーション・ワークなど、目にしている機会も多いはず。

WEBSITEも是非チェックしてみてください。
www.terrysdiary.com/
www.gq.com/entertainment/celebrities/201010/terry-richardson-best-of-photos#slide=1


  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13