YU KAWAI
作灯
河合 悠(かわい ゆう)
蝋燭を作っています。

TITLE  . . .

14089150_1650303268617051_6541433317138974064_n.jpg

今年もセミたちは精一杯生きて、めぐりの中に身を沈めていきます。

いまあることを当たり前と思わず生きることの難しさは、相変わらず。

八月の終わりは少し切なくなるもの。
次に向かい続けることで、セミのように生きられるでしょうか。




TITLE  . . .

14045962_10153596222830927_8494269793626092865_n.jpg

秋分の日9月22日に、森ゆにさんを岐阜にお招きして祝福の音楽会を開催します。場所は岐阜市内の林陽寺という道元様のお寺です。
秋の山々と長良川に囲まれた長閑な土地で、秋の稔りをお祝いしながら、その日を彩ってくれる星月夜さん、珈琲十分さん、ディレディレカレーさんのお食事や飲み物を楽しんで下さい。
夏の火照りを冷まし、秋に向う日に、森ゆにさんの透き通る唄声を沢山の方に聴いて頂けたら幸いです。

- - -

春に生を受けた僕は 夏の太陽とたわむれ この秋にようやく長い道のりから帰って来ました 秋分の日 僕たち地球に生きる者たちを祝す日に 共に唄おう 共に祝おう 

- - -

"ハレの日の祝い唄 / 森ゆに音楽会"

出演 / 森ゆに ピアノと唄
音響 / 田辺玄
作灯 / 河合悠

日時 / 2016 / 9月22日
開場 / 17時30分 
開演 / 19時30分
場所 林陽寺 
住所 岐阜市岩田西3-402 駐車場有り 

前売り 3000円 / 当日3500円 定員35名 
ご予約 yoga 凪の木 / y.iwamizu@gmail.com 090-6580-1380 
(イワミズ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

森ゆに / ピアノと唄
山梨県在住。シンガーソングライター、ピアニスト。クラシックや賛美歌をルーツにした弾き語りによる「夏は来る」「夜をくぐる」に続き、新作「祝いのうた」を2015年6月に発表。

田辺玄 / 音響
ギタリストやレコーディングエンジニアとしての活動や、映像や空間のサウンドデザイン等、音を媒体にさまざまな人や場とのコラボレーションを展開している。

河合悠 / 作灯
2003年より制作を始める。
暮らしと火のつながりをもとめて活動を続ける。

- - -

"ハレの日を彩ってくれる人々"

星月夜 / オーガニックカフェ
オーガニックにこだわり、植物性の食材を中心に作られた焼き菓子や季節の酵素ジュースを届けてくださいます。

珈琲十分 / プレス珈琲
手煎り、手挽きにこだわったプレス珈琲。
長野の人里離れた部奈という集落からこだわりの珈琲を持って来てくれます。

ディレディレカレー / カレー
インドのローカルを旅した男の作るスリランカカレーとインドカレー。

- - -

会場となる本堂内はご飲食が禁止となっています。
飲食の出店は17時30ごろから始まりますので、早めに来られてくつろいで頂けたらと思います。

夏から秋に移り変わる秋分の日のお祝いをみなさまとご一緒できたら幸いです。

TITLE  . . .

P1090881.JPG

P1090882.JPG

P1090884.JPG

P1090888.JPG

P1090890.JPG

P1090891.JPG

南山城村の二日目の朝は、小さな市場を開きました。
二日目も穏やかな天気に恵まれ、旧南山城村小学校を舞台に
民芸品の蔵出し出展や、無農薬野菜の農家さんの野菜販売や
山のテーブルの特製カレーとジュースの販売などで程よい賑やかな時間が生まれていました。来てくださった方々ものんびりと過ごしてくれていたように思います。僕の市も、大切にしていた本や古道具などで、興味をもってくれた方々と蝋燭だけではできない交流ができました。灯を扱って開く場作りと、こうやって開く場作りと、どちらもとても得難いものです。小さい女の子が、僕の父親の世代が遊んでいた古い玩具をうれしそうにもって帰ったのが印象的でした。こうやって伝えられるものも沢山あるんですね。
これもまた一つの場作りですね。




TITLE  . . .

P1090854.JPG

P1090864.JPG

P1090866.JPG

P1090857.JPG

P1090867.JPG

P1090874.JPG

P1090877.JPG

P1090876.JPG

P1090862.JPG

南山城村、ARABONにて。
山のテーブル對中シェフと柳本奈都子さん、ARABON清水善行さん、のばらさんご夫妻との真夏の夜のピクニックを無事に終えることができました。
当日は雷雨の予報でしたが、雨に降られること無く、清水ご夫妻が新たに開かれた"ゆがふ"にて16名の方に對中シェフによる南山城の幸を堪能していただき、裏手にある茶畑にて、村の方に古くから大切にされてきたのであろう、大きなケヤキの木の側で南山城村童仙房産のウーロン茶と、蝋燭の灯を思って作って下さった和菓子"火の穂"を月の光の中、みんなで頂くことができました。集まってくださった人たちや、南山城村に20年以上暮らしておられる清水さん御家族が大切にされている時間や場所が、火がつくる時間そのものの様に感じました。丹精こめて作られた對中さんのお食事と、大げさな仕掛けが無いからこそ、南山城村に流れている緩やかで、豊かな時間を味わって頂くことの本当の贅沢をお届けできたんではないかと思います。
こんな会をまた開くことができたらと思っています。
素敵な時間をご一緒できたことに心から感謝したいです。
清水善行さん、のばらさん、對中さん、奈都子さん、ゆきゑちゃんありがとうございました。



TITLE  . . .

P1060980.JPG

アラボンの蔵出し市と山のテーブルのちょこっと市にてロウソクの他に

古本や古いもの、拾い集めた何てことないもの並べます。

冷やかし歓迎、遊びに来て下さい。
 
日時8月16日 11:00から15:00
会場 南山城村アラボン

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11